DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

2018年8月6日 、中国、深セン。民間用ドローンの世界的リーダーのDJIは、LINE FRIENDSとのブランド提携を発表した。


LINE FRIENDS(BROWN)がプリントされたDJI Sparkは$399

LINE FRIENDS(BROWN)がプリントされたDJI Sparkは$399

 LINE FRIENDS (BROWN) | Spark RC Comboは、北米、中国、香港、韓国のDJI Flagship Storesから、$399(約44,000円)で販売を開始する。製品の構成は、ドローンにバッテリーとプロペラにリモコン、そして2本のRCケーブルと1つの充電器に1つのマイクロUSBケーブル。DJI Sparkの本体はBROWNカラーに塗られ、キャラクターの顔がプリントされている。
 DJIのシニアコミュニケーションマネージャーのモニカ・サック(Monica Suk)氏は「DJIは、LINE FRIENDSとのキャラクターパートナーシップを発表することに興奮しています。DJI Sparkは、最小で強力な飛行カメラとしての名声を獲得し、非常に簡単で、楽しく、パーソナライズされたドローンの飛行を実現しました。私たちがバッグに入れている他のものと同様に、ドローンもライフスタイルのアクセサリーになりつつあります。このラインナップは、このコンセプトをさらに進化させ、ストーリーテリングと共有をエキサイティングにします」と話す。
 LINE FRIENDSは、急速に成長するグローバルキャラクターブランドの1つ。LINE事業は、2011年にモバイルアプリの提供を開始し、仮想ステッカーや顔文字の作成から日本で広く普及した。LINE FRIENDSのキャラクターは、海外でも人気を得て、そのマーチャンダイジング事業は現在、世界中で108店舗に拡大している。
 LINE FRIENDS(BROWN)l Sparkドローンは、バッグに収まるフル装備のミニドローンで、2軸ジンバルで安定した12メガピクセルの写真と1080pのビデオを撮影できる。また障害物感知システムと自動飛行モードをコンパクトなボディに装備している。そして、ユーザーが手のジェスチャーだけで制御できる初めてのコンシューマ向けドローンとして、空撮自撮りを楽しめる。DJI Sparkには、QuickShotモードなどインテリジェントなフライトオプションもある。

https://store.dji.com/product/spark-line-friends-brown?vid=45481

LINE FRIENDS (BROWN) | Spark RC Comboの構成

この記事のライター

関連する投稿


岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

岩手県ドローン協会などがDJI社製「QS8」による孤立病院への救援物資輸送実験実施

災害により孤立した病院を想定、ドローンによる救援物資の輸送実験を実施。物資搬送用ドローンとして、DJI JAPAN、スカイシーカー、東京都あきる野市が共同開発した「QS8」を採用した。


DJI、小型の3軸ジンバルを搭載したOSMO POCKET販売開始、価格は44,900円(税込)

DJI、小型の3軸ジンバルを搭載したOSMO POCKET販売開始、価格は44,900円(税込)

DJIストアは、3軸スタビライザーを搭載する高性能でコンパクトサイズなOsmo Pocketの販売を11月29日、開始した。価格は、税込み44,900円。記録用のSDカードは別売。


DJIの新製品はOSMO POCKETという手持ちカメラか!?

DJIの新製品はOSMO POCKETという手持ちカメラか!?

DJIが11月28日にニューヨークで発表会を予定していた新製品は、海外サイトのニュースによれば、Phantom 5ではなくOSMO POCKETというポケットカメラだという。


静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市(中野 弘道市長)とDJI JAPAN 株式会社(東京都港区 代表取締役:呉 韜)および株式会社アルマダス(代表取締役 吉田 泰行)は、「ド ローンの運用連携に関する協定」を11月22日に締結する。


DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJIは、Air Works 2018で高機能産業用ドローン「Mavic 2 Enterprise」を発表、日本国内でもすでに販売が開始された。DJI JAPANでは、11月15日、実機を使った製品説明会を開催した。防災科学技術研究所の内山庄一郎氏と日本ドローン無線協会の酒井淳一郎氏がドローン活用と導入について講演。


最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。