コマツ・アメリカが米国プロペラ社と提携し、エンタープライズ向けの解析ソリューションを提供

コマツ・アメリカが米国プロペラ社と提携し、エンタープライズ向けの解析ソリューションを提供

8月2日、米国デンバー。コマツ・アメリカ・コーポレーション(米国)とプロペラ・エアロ・インク(米国)は、ドローンによる地図作成と分析ソフトウェアを使用して建設現場の効率を向上させるために提携した。


ドローンによるマッピングと解析ソフトウェアを使用して建設現場の効率を向上

ドローンデータの視覚化と解析ソフトウェアを使用して作業現場を管理するプロペラプラットフォーム

 コマツ・アメリカ・コーポレーションは、北アメリカで様々な商業用ドローンによるマッピングおよび解析製品のテストを数年間行ってきた。その中で、今回の提携を発表したプロペラ社のソリューションは、現代建設事業のニーズを満たすために非常に適し、非常に堅牢な製品だとコマツ・アメリカは評価した。プロペラ社のマッピングと解析システムは、使いやすさとサーベイ精度と信頼性のバランスを実現している。
 プロペラ社による処理は、ドローンによる数千に及ぶ画像の解析結果をクラウドベースの3Dモデルとしてユーザーのデスクトップやタブレットに配信する。そして、強力なコラボレーションと分析ツールを使用して、高さ、体積と勾配の計算を実行し、時間の経過とともに変化を測定して、プロジェクトの進行を確認できる。
 プロペラ社の事業開発担当副社長のジョン・フロスト(John Frost)氏は「事業者は正確で最新のドローンによるデータの実際のビジネス価値を見出し始めています」と切り出し「私たちは、誰がどのようなものをどこに移したのかを誰もが理解できるようにするワークフローを通して、その価値を推進します。コストを削減し、品質を保証し、リソースを効率的に使用するためのデータ駆動型の意思決定に必要な情報現場のステークホルダーや本社のマイル離れたステークホルダーは、地上で起こっていることを正確に把握することができます」と説明する。
 プロペラ社のテクノロジープラットフォームは、ローカルサイトキャリブレーションを含む複数の座標システムをサポートしている。これにより、職場で既に使用している特定の地理空間座標で表現された最新の測量データを取得できる。ローカルグリッドのサポートは、ドローンでキャプチャした地図やモデルを計画や以前の調査と一致させるために重要になる。
 ソルトレークシティに本社を置くコマツのディストリビューターであるKomatsu Equipment Company(KEC)は、このパートナーシップの結果、コマツの顧客にプロペラ社のソリューションを初めて提供した。これまでの肯定的な回答に基づき、KECは建設業界がこの技術を迅速に採用すると確信している。
 コマツ機器カンパニーのスマートコンストラクションビジネスマネージャであるクリス・フォールハーバー(Chris Faulhaber)氏は「我々のソリューションは、使い勝手が良く、健全なコラボレーションを促進し、重要な情報を素早く提供するため、誰もが予想以上に早く共同作業を行うことができます」と話す。
 プロペラ社のドローン解析ソリューションは、人々がサイト自体を測定し管理するのに役立つ。重い土木建設および資源事業は、誰もが使用できる3Dビジュアルツールを使用して、安全かつ正確にサイトの変更を追跡できるようにする。
 コマツ・アメリカ・コーポレーションは、建設、鉱業、小型建設機械で構成された世界で2番目に大きな土壌移動装置メーカーおよび供給業者であるコマツの米国子会社。コマツはディストリビューターネットワークを通じて、機器をサポートする最先端の部品とサービスプログラムを提供している。
 日本国内では、コマツはオプティムやドコモなどと協力して、ランドログなどのプラットフォームを展開しているが、今回の米国での発表は日本とは別に、現地で最適なソリューションをドローンに適応させていく事業方針を反映したものとなる。

数年間に及ぶ調査の結果コマツ・アメリカはプロペラ社を選んだ

この記事のライター

最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。