テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発

テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン用いた交通量計測ソフトウェアを開発致し、 汎用ドローンによる空中でビデオ撮影することで、交通量計測を低コストかつ自動的に実現した。


広域での交通量計測をAIで自動化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン用いた交通量計測ソフトウェアを開発致した。このソフトはは、 汎用ドローンによる空中でビデオ撮影することで、交通量計測を低コストかつ自動的に実現した。
 
 これまでの人による交通量計測では、コストがかかるだけでなく情報量は少なく、 定点カメラによる計測では設置コストがかかり、広域での計測ができないといった課題があった。 

 ドローンを活用することで、 人手をかけず無人かつ広域での計測が可能となり、 AIを用いた自動認識ソフトウェアによって、 車や人の速度、 走行軌道、 車種ごとの交通量算出などの幅広いデータを取得することができるようになる。

 これにより、 交通量調査にかかっていた人件費は大幅な削減が可能となり、 これまでにない広域での交通量計測が実現した。 今後は、 人口流動のデータ取得とマーケティングへの利活用も視野に入れたこのシステムの開発を行う。
 現在は問い合わせのあった企業に、 国内建設コンサルタント各社と高速道路の整備や交通量調査などへの応用を行なっている。
 この交通量計測ソフトウェアは年内リリースを目途に、 今後クラウドベースでの運用を目指して開発を進め、 国内の建設コンサルタントや調査会社と協力して広く普及を目指すとしている。

システムの導入を検討している企業は、 下記問い合わせ窓口へ。

■■本システムに関する問い合わせ
・テラドローン株式会社
・電話 : 03-6419-7193
・メール: info.jp@terra-drone.co.jp
・HP :  http://www.terra-drone.net

・テラドローンでは、 本システムでの計測を想定したドローン本体の販売も行っている。 機体に関する問い合わせは下記より。
ー産業機体の購入・相談するならテラストアー
https://store.terra-drone.net/

この記事のライター

関連するキーワード


テラドローン 交通量計測

関連する投稿


テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン、豪のC4D Intelを買収、新会社Terra Drone Australia設立 海外拠点10社に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 欧州・アフリカ支社に続き、 C4D Intel(豪) に大型出資契約の締結を完了、 鉱業分野、 オイル&ガス等エネルギー分野のドローン活用拡大を目指す新会社Terra Drone Australiaを設立したと発表した。


テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローン、レーザー測量を身近にする「Terra Lidar」1月販売開始

テラドローンは「Terra Lidar」製品説明会を12月5日行った。早稲田大学との共同開発によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の製品概要から販売モデルなどを紹介。


テラドローン、屋根積算ソフト最大手の ヤナイ・ソフトウエアーと業務提携 屋根画像から自動での屋根積算が可能に

テラドローン、屋根積算ソフト最大手の ヤナイ・ソフトウエアーと業務提携 屋根画像から自動での屋根積算が可能に

ドローンで撮影した屋根画像から自動での屋根積算が可能に


テラドローン、「空飛ぶクルマ」事業参入。2020年デモフライトを目指すCARTIVATORへの支援開始

テラドローン、「空飛ぶクルマ」事業参入。2020年デモフライトを目指すCARTIVATORへの支援開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役/徳重 徹)は、日本発の空飛ぶクルマの開発を行う有志の活動「CARTIVATOR」の資金資材の管理及び団体の運営を担う一般社団法人CARTIVATOR Resource Management(以下:CARTIVATOR)とスポンサー契約を締結したと発表した。


テラドローンが欧州のドローンサービス企業Skeyeを買収

テラドローンが欧州のドローンサービス企業Skeyeを買収

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 / 徳重 徹、以下テラドローン)は、ヨーロッパのドローン業界を牽引するSkeye BV(オランダ、代表取締役社長/ Pieter Franken、以下Skeye)の過半数株式を取得し、Terra Drone Europe を設立すると発表した。


最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。