テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発

テラドローン、ドローンを用いた交通量計測システムを開発

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン用いた交通量計測ソフトウェアを開発致し、 汎用ドローンによる空中でビデオ撮影することで、交通量計測を低コストかつ自動的に実現した。


広域での交通量計測をAIで自動化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン用いた交通量計測ソフトウェアを開発致した。このソフトはは、 汎用ドローンによる空中でビデオ撮影することで、交通量計測を低コストかつ自動的に実現した。
 
 これまでの人による交通量計測では、コストがかかるだけでなく情報量は少なく、 定点カメラによる計測では設置コストがかかり、広域での計測ができないといった課題があった。 

 ドローンを活用することで、 人手をかけず無人かつ広域での計測が可能となり、 AIを用いた自動認識ソフトウェアによって、 車や人の速度、 走行軌道、 車種ごとの交通量算出などの幅広いデータを取得することができるようになる。

 これにより、 交通量調査にかかっていた人件費は大幅な削減が可能となり、 これまでにない広域での交通量計測が実現した。 今後は、 人口流動のデータ取得とマーケティングへの利活用も視野に入れたこのシステムの開発を行う。
 現在は問い合わせのあった企業に、 国内建設コンサルタント各社と高速道路の整備や交通量調査などへの応用を行なっている。
 この交通量計測ソフトウェアは年内リリースを目途に、 今後クラウドベースでの運用を目指して開発を進め、 国内の建設コンサルタントや調査会社と協力して広く普及を目指すとしている。

システムの導入を検討している企業は、 下記問い合わせ窓口へ。

■■本システムに関する問い合わせ
・テラドローン株式会社
・電話 : 03-6419-7193
・メール: info.jp@terra-drone.co.jp
・HP :  http://www.terra-drone.net

・テラドローンでは、 本システムでの計測を想定したドローン本体の販売も行っている。 機体に関する問い合わせは下記より。
ー産業機体の購入・相談するならテラストアー
https://store.terra-drone.net/

この記事のライター

関連するキーワード


テラドローン 交通量計測

関連する投稿


東急不動産とテラドローンがドローンでAEDを一般住宅の庭先に搬送

東急不動産とテラドローンがドローンでAEDを一般住宅の庭先に搬送

東急不動産ホールディングス株式会社(東京都港区)は、東急不動産R&Dセンターとテラドローン、日本AED財団などが協力し、ゴルフ場に面した一般住宅の庭にドローンによるAED搬送実験を実施した。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

テラドローン株式会社が、開発・販売するドローン測量画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper デスクトップ版」が、i-Construction型 出来形管理対応ソフトウェアとして写真測量ソフトウェアだけでなく、点群処理ソフトウェアとしても認定された。


Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

Terra Mapper導入で最大22万5千円補助  テラドローンが IT導入支援事業者に認定

テラドローン株式会社は、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」(通称「IT導入補助金」)において、「IT導入支援事業者」に認定された。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。