オプティム、ドローンパイロットシェアリングサービス「DRONE CONNECT」β版を開始

オプティム、ドローンパイロットシェアリングサービス「DRONE CONNECT」β版を開始

株式会社オプティムは、ドローンパイロットシェアリングのサービスプラットフォームとして「DRONE CONNECT」β版を開始した。


 株式会社オプティムは、ドローンパイロットシェアリングのサービスプラットフォームとして「DRONE CONNECT」β版を開始した。
 「DRONE CONNECT」は、各種産業でドローンを活用したい方々と飛行経験豊富なプロフェッショナルドローンパイロットを結びつける、サービスプラットフォーム。とりわけ農業分野でのドローン活用に大きな期待が集まっている中、産業用のドローンは高価かつ飛行難易度が高いため、現状気軽に取り組むのが困難となっており、この問題の解決策となり得る。

 「DRONE CONNECT」は各種パイロット育成企業とアライアンスを組み、飛行経験豊富なプロフェッショナルドローンパイロットを数多く有しているため、依頼する作業内容に応じて最適なパイロットがマッチングされるプラットフォームになっている。
 まず「DRONE CONNECT」では、β版として、農業分野において、ドローンを活用した農薬散布等、未来志向の農業従事者とプロフェッショナルドローンパイロットのマッチングから開始されることになる。
 農業従事者は圃場調査や作物の生育状況把握、農薬散布などの日々の悩みを、「DRONE CONNECT」を通じてプロフェッショナルドローンパイロットに気軽に依頼することができ、農業活動を効率的に行えるようになる。
 今後は、建設現場や、インフラ・プラントでの測量・検査など、さまざまな産業でのあらゆるドローンニーズを満たすことができるようするしている。

■「DRONE CONNECT」の特長

■サービスラインナップ

「DRONE CONNECT」β版では、農作業時間の大半を占める田んぼ回り・畑回りの仕事をプロフェッショナルドローンパイロットに依頼することができる。

■「DRONE CONNECT」β版の利用方法

「DRONE CONNECT」β版のWebサイトで会員登録をすることで、サービスを利用、提供することができる。

「DRONE CONNECT」β版は以下のWebサイトを参照。
https://www.optim.co.jp/drone-connect/

オプティムの農業についての取り組みは以下のWebサイトを参照。 https://www.optim.co.jp/agriculture/

この記事のライター

関連する投稿


オプティム、ランドログ、コマツが「平成30年7月豪雨」の災害支援  被災状況の把握にドローン測量を無償で実施

オプティム、ランドログ、コマツが「平成30年7月豪雨」の災害支援  被災状況の把握にドローン測量を無償で実施

株式会社オプティム(東京都港区)ならびに株式会社ランドログ(東京都港区)、コマツ(東京都港区)の3社は、「平成30年7月豪雨」の災害支援として、自治体へ向けて、被災状況の把握を目的としたドローン測量を8月3日より無償で実施。


日本初、オプティムと佐賀県白石町がドローンによる作付確認を実施

日本初、オプティムと佐賀県白石町がドローンによる作付確認を実施

株式会社オプティム(以下 オプティム)と、佐賀県杵島郡白石町(以下 白石町)は、固定翼ドローン「OPTiM Hawk」と圃場管理サービス「Agri Field Manager」を用いて山地を除く町内全域、約8,500ヘクタールをスキャンし麦の作付確認の実証実験を実施した。


パイロット不足を解消するためにOPTIMがドローン版Uberとなるdrone connectを発表

パイロット不足を解消するためにOPTIMがドローン版Uberとなるdrone connectを発表

都内でオプティム・スマート農業アライアンスの成果発表会を開催した株式会社オプティム(東京都)は、需要が拡大しパイロットが不足している状況を改善するために、drone connectというマッチングサイトの立ち上げを発表した。


オプティムとみやき町が「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結しドローン、AIを使ったスマート米栽培を実施

オプティムとみやき町が「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結しドローン、AIを使ったスマート米栽培を実施

株式会社オプティムは、佐賀県三養基郡みやき町と、AI・IoTの活用を推進し、住民の健康福祉拡充、町の経済発展を目指すことを目的として、「AI・IoTの推進に係る包括連携協定」を締結した。


オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

オプティムの「スマート農業アライアンス」へ、株式会社みちのく銀行と青森県内の農業者3社が新たに参画

株式会社オプティムは、株式会社みちのく銀行と、金融分野ならびに農業分野において、AI・IoTの活用を推進するため「AI・IoT戦略的包括提携」を1月11日に締結し、最初の取り組みとしてオプティムが新たに設立した「スマート農業アライアンス」へみちのく銀行をはじめとした青森県内の農業者3社が参画し、実証実験を開始する。


最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。