i-Construction推進展④ ドローンの用途を広げるアクセサリーやセンサーの登場

i-Construction推進展④ ドローンの用途を広げるアクセサリーやセンサーの登場

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」。会場には、測量関係のドローンだけではなく、精密農業や物流などを意識したセンサーやアクセサリーの展示も見られた。


すでに国内で一ヶ月待ちのPhantom 4用のNDVIセンサー

 IT商社の株式会社サイバネテック(東京都)は、Phantom 4 ProあるいはMAVIC Proに搭載して光学カメラ付きシングルNDVIセンサドローンになるSentera(センテラ)NDVIセンサーを展示していた。Phantom 4 Proは、機体の各所に障害物検知やビジョンセンサーが搭載されているので、オプションを取り付けるのが困難だ。しかし、Sentera(センテラ)NDVIセンサーは小型な設計になっていて、取り付ける器具もコンパクトでPhantom 4 Proのセンサーを妨害しない構造になっている。サイバネテックでは、顧客からPhantom 4 Proを預かり、取り付け器具とセンサーをセットして送り返すサービスを提供している。すでに、国内でも数多くの注文があり、展示会に取材した時点では、一ヶ月待ちの状態だという。ただし、センサーの種類によっては、NDVI及びRGBデータの両方を一つのカメラで取得できるDouble 4K センサーなど、在庫があるセンサーもある。ちなみに、Double 4K センサはInspireに取り付けるジンバルも用意されている。

Phantom 4 Proに取り付けられるDouble 4K センサー。

釣具メーカーが開発したドローン用ウインチ

 岡谷鋼機株式会社(名古屋)は、DAIWAフィッシングリール技術を活用した小型のドローン用ウインチを展示していた。約500gの軽量ウインチは、最大で8kgの負荷に耐える設計で、約0.9m/sの巻き上げ速度が出る。ワイヤーの長さは80mで、破断荷重は約70kgの強度。また、張力センサーによる巻き込み防止機能も備えている。ワイヤーの先端には、専用荷降ろし用カラビナが取り付けられていて、荷物を地面に設置すると自動的にリリースされる構造になっている。モニター販売は2018年の秋を予定しているが、すでに遭難救助コンテストなどで使われた実績もある。

ドローン用ウインチでバッグを巻き上げる。

この記事のライター

関連する投稿


i-Construction推進展③ キヤノンがインフラ点検にひび割れ検知 AI 開発

i-Construction推進展③ キヤノンがインフラ点検にひび割れ検知 AI 開発

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催された。キヤノンがひび割れ検知 AI を開発し、インフラ点検用のドローンに搭載する。


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

テラドローン株式会社が、開発・販売するドローン測量画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper デスクトップ版」が、i-Construction型 出来形管理対応ソフトウェアとして写真測量ソフトウェアだけでなく、点群処理ソフトウェアとしても認定された。


【国際ドローン展】マルチスペクトル撮影に対応する4眼高速カメラ

【国際ドローン展】マルチスペクトル撮影に対応する4眼高速カメラ

株式会社ザクティ(本社:大阪府、代表者:西山隆男)は、国際ドローン展の日本ドローンコンソーシアムの展示コーナーで、マルチスペクトル撮影に対応する4眼高速カメラを紹介していた。(田中亘)


最新の投稿


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。


DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

2018年10月11日、米国サンフランシスコ。ドローンによる空撮画像のマッピングプラットフォームを提供するDroneDeploy(米国)は、プライベートのDroneDeploy Conferenceを開催し、2日間にわたってAIや開発環境にコラボレーション機能などを紹介した。


DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

PHANTOM 4 RTKはDJI史上最もコンパクトで正確な低高度マッピングソリューションを実現。


国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

SUSCの説明会及び産業用ドローン無料セミナーを10月26日に開催。ドローンを安全に運用するためのノウハウを学ぶには、豊富な実績と確かな技術講習に定評のあるSUSCをご活用ください。


空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

2018年10月16日、ニュージーランド。ニュージーランド航空は、有人ドローンのcoraを開発しているゼファー・エアーワークスと提携し、ニュージーランドで航空タクシーを提供するために共同で作業すると発表した。