i-Construction推進展④ ドローンの用途を広げるアクセサリーやセンサーの登場

i-Construction推進展④ ドローンの用途を広げるアクセサリーやセンサーの登場

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」。会場には、測量関係のドローンだけではなく、精密農業や物流などを意識したセンサーやアクセサリーの展示も見られた。


すでに国内で一ヶ月待ちのPhantom 4用のNDVIセンサー

 IT商社の株式会社サイバネテック(東京都)は、Phantom 4 ProあるいはMAVIC Proに搭載して光学カメラ付きシングルNDVIセンサドローンになるSentera(センテラ)NDVIセンサーを展示していた。Phantom 4 Proは、機体の各所に障害物検知やビジョンセンサーが搭載されているので、オプションを取り付けるのが困難だ。しかし、Sentera(センテラ)NDVIセンサーは小型な設計になっていて、取り付ける器具もコンパクトでPhantom 4 Proのセンサーを妨害しない構造になっている。サイバネテックでは、顧客からPhantom 4 Proを預かり、取り付け器具とセンサーをセットして送り返すサービスを提供している。すでに、国内でも数多くの注文があり、展示会に取材した時点では、一ヶ月待ちの状態だという。ただし、センサーの種類によっては、NDVI及びRGBデータの両方を一つのカメラで取得できるDouble 4K センサーなど、在庫があるセンサーもある。ちなみに、Double 4K センサはInspireに取り付けるジンバルも用意されている。

Phantom 4 Proに取り付けられるDouble 4K センサー。

釣具メーカーが開発したドローン用ウインチ

 岡谷鋼機株式会社(名古屋)は、DAIWAフィッシングリール技術を活用した小型のドローン用ウインチを展示していた。約500gの軽量ウインチは、最大で8kgの負荷に耐える設計で、約0.9m/sの巻き上げ速度が出る。ワイヤーの長さは80mで、破断荷重は約70kgの強度。また、張力センサーによる巻き込み防止機能も備えている。ワイヤーの先端には、専用荷降ろし用カラビナが取り付けられていて、荷物を地面に設置すると自動的にリリースされる構造になっている。モニター販売は2018年の秋を予定しているが、すでに遭難救助コンテストなどで使われた実績もある。

ドローン用ウインチでバッグを巻き上げる。

この記事のライター

関連する投稿


i-Construction推進展③ キヤノンがインフラ点検にひび割れ検知 AI 開発

i-Construction推進展③ キヤノンがインフラ点検にひび割れ検知 AI 開発

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催された。キヤノンがひび割れ検知 AI を開発し、インフラ点検用のドローンに搭載する。


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

Terra Mapper デスクトップ版、 i-Construction における点群処理ソフトウェアに認定

テラドローン株式会社が、開発・販売するドローン測量画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper デスクトップ版」が、i-Construction型 出来形管理対応ソフトウェアとして写真測量ソフトウェアだけでなく、点群処理ソフトウェアとしても認定された。


【国際ドローン展】マルチスペクトル撮影に対応する4眼高速カメラ

【国際ドローン展】マルチスペクトル撮影に対応する4眼高速カメラ

株式会社ザクティ(本社:大阪府、代表者:西山隆男)は、国際ドローン展の日本ドローンコンソーシアムの展示コーナーで、マルチスペクトル撮影に対応する4眼高速カメラを紹介していた。(田中亘)


最新の投稿


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。


ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

 ITサービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、iOS向けスマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」で、音楽に合わせてドローンを操縦したり、プレイ中に録画、保存した動画を投稿できたりする「スマホコントローラー」の無料配信を始めたと発表した。割安になるキャンペーンも同時にスタートした。


DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arenaを運営する株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、一周年を記念して関係者を集めたパーティーを開催した。ドローンタイムズからは、村山副編集長が出席して、ライトニングトークを披露した。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww