ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(1)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(1)

7月21日。ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を運営するドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢の「ペンションにいみ」と「馬越ゴルフ倶楽部」などで、オープンソースのフライトコントローラーArduPilotの成果発表会を開催した。


開塾から5期が経過し150名以上の修了生を輩出

発表会場となった軽井沢の「ペンションにいみ」で、左端がRandy Mackay 塾⻑、右端がドローンジャパンの勝俣喜一朗​代表取締役社長

 オープンソースのフライトコントローラーArduPilotによるイノベーションで、様々な社会課題の解決に貢献するドローン技術の創出を目的とするドローンソフトウェアエンジニア養成塾。同塾は、この夏で5期を経過し、150名(延べ200名)以上の修了生を輩出した。塾長を務めるランディ・マッケイ(Randy Machay)氏は、世界でも有名な ArduPilotの主導的な技術者。マッケイ氏が軽井沢を中心に活動していることから、今回の成果発表会も軽井沢の「ペンションにいみ」と「馬越ゴルフ倶楽部」などが会場になった。
 発表会は、「ペンションにいみ」でのプレゼンテーションと、「馬越ゴルフ倶楽部」の池を利用した水上デモに、農地を整備したフライト会場での飛行デモが行われた。まずプレゼンテーションでは、マッケイ氏を含めて9名の成果が発表された。

・ABポイント方式による半自動飛行・・・岩井理樹氏
・1枚のプロペラ、4つのフラップで飛ぶコプター・・・川村剛氏
・VTOL専用設計機の飛行・・・小宮光裕氏
・SLAM+Fake GPSによるドローン制御・・・中島幸一氏
・ArduPlaneによる固定翼機・・・松本威氏
・輸送用無人機の仕様検討について・・・三根清氏
・気象観測ドローン・・・矢野裕幸氏(欠席)
・オムニコプターのフレームを追加・・・山口達也氏
・Mapping Boat & Autonomous Powerboat・・・Randy Mackay氏

ABポイント方式による半自動飛行

 岩井理樹氏の開発した「ABポイント方式による半自動飛行」は、農薬散布用ドローンなどを想定し、手動飛行で設定したA地点とB地点の間をジグザグに横移動する半自動飛行制御。ドローンに位置情報を記憶する装置を取り付け、プロポからのスイッチ操作によりA地点とB地点を登録する。その後、自動飛行モードに切り替えると、設定した横移動幅に従って、ドローンがAB地点間を飛行する。農薬散布を想定して、デモ機にはレーザレンジファインダも搭載され、一定の高度を保つ機能も付加されている。

ABポイント方式による半自動飛行をプレゼンテーションする岩井理樹氏

 フライトデモでは、プロポのスイッチに反応して位置情報を記録する様子が、機体に取り付けられたLEDの色と点滅で確認された。また、自動飛行中にもプロポを操作すると、左右の方向を切り替えられる機能も紹介された。

プロポのスイッチでAB地点をセットする岩井氏

1枚のプロペラ、4つのフラップで飛ぶコプター

 川村剛氏による「1枚のプロペラ、4つのフラップで飛ぶコプター」は、ドラえもんのタケコプターを模したドローン。プロペラ1枚だけで離着陸と飛行を目指すもの。これまでに、お菓子の箱を使うなど何機かの試作機を制作してきた。今回は、半球の発泡スチロールに3Dプリンタで制作したフレームを組み合わせた試作機でフライトデモに挑んだ。

 前日のリハーサルで機体の一部が損傷した試作機は、川村氏が予測した通り、1枚のプロペラがフル回転を開始すると、少しだけ浮き上がった直後に大破した。この失敗を貴重な経験として、川村氏は次なる試作機の制作に挑むという。

デモフライト前に機体の説明をする川村氏

離陸直後に大破した機体

(つづく)

この記事のライター

関連する投稿


ドローンジャパンが2018年度の収穫祭を開催

ドローンジャパンが2018年度の収穫祭を開催

2018年12月14日。ドローンを活用した次世代型の自然農法プロジェクトを推進するドローンジャパン(東京都)が、設立3周年の記念と2018年度の収穫祭を開催した。会場では5軒の篤農家が育てたドローン米によるおにぎりが振る舞われた。


クリーク・アンド・リバーがドローン自動制御プログラム「ArduPilot」を学ぶ「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」開催

クリーク・アンド・リバーがドローン自動制御プログラム「ArduPilot」を学ぶ「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」開催

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、 無人機開発エンジニアの育成を目的として、 水・陸・空のドローン自動制御プログラム「ArduPilot」を用いた「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」を、 12月8日(土)開催。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(3)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(3)

7月21日。ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を運営するドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でオープンソースのフライトコントローラーArduPilotの成果発表会を開催した。プレゼンテーションの最後では、塾長のランディ・マッケイ(Randy Machay)氏が、最新の取り組みを紹介した。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

7月21日。ドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催した。デモフライトの会場は、軽井沢の「ペンションにいみ」を中心とした地元の方たちが、休耕地の雑草を刈り込んで離着陸のスペースを確保した。


米国AUVSI SUAS 2018はArdupilotが席巻 上位入賞10チームのうち9チームが採用

米国AUVSI SUAS 2018はArdupilotが席巻 上位入賞10チームのうち9チームが採用

2018年6月13日から16日まで、米国のメリーランド州で開催されたAUVSI SUAS 2018競技で、シャーブルック大学(Sherbrooke)が優勝し、入賞した10チームのうち9チームが、オープンソースのArdupilotにより自律飛行ミッションをクリアした。


最新の投稿


Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

2019年1月22日。DJIは、Phantom 4 RTKファームウェアv01.07.0116をリリースした。細かいバグの修正に加えて、マッピング操作に関する機能が強化されている。


ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

2019年1月23日 - 米国バージニア州。航空大手ボーイングの関連企業のボーイングネクスト(米国)は、ボーイングの子会社のAurora Flight Sciencesと開発した電気式垂直離着陸(eVTOL)航空機による自律飛行と地上制御システムを検証したと発表した。


ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

 ドローンレースチーム「JAPRADAR(ジャップレーダー)」が、レース用ドローンを使って高速で疾走するクルマを横滑りさせながら姿勢を制御する自動車競技ドリフトを撮影した映像を公開した。レースで磨いた操縦技術とレース専用機が圧倒的な臨場感を生み出しているうえ芸術的で、ドローンによる撮影領域の拡大を展望させる。


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。