【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


不慣れな「モード1」に悪戦苦闘 「思うように動かない。そこも楽しい」

熊谷さんは、国内でドローンレース普及に取り組んできた経緯を説明しながら自己紹介し、レースに使う機体にカメラを搭載することができること、レースに使う機体の中に、マイクロドローンと呼ばれる手のひらサイズのドローンがあること、マイクロドローンの操作は「モード1」が主流であり、船引高校生が慣れ親しんできた「モード2」とは異なることなどを、映像を投影したり、実機を見せたりしながら解説した。
「それでも、農薬散布、測量などでは「モード1」が使われることが多く、両方できるといろんな仕事の依頼が来ることになりますよ。またレーサーはドローンのありとあらゆる動きを訓練するため、いろんな場面で頼られることが多いです」と、マイクロドローンやドローンレース、モード1に親しむ意義を説明した。
生徒たちは、レース機が搭載したカメラが撮影した映像がスクリーンにうつしだされると、まるで操縦席にいるかのようにめまぐるしく動く風景を食い入るように見入っていた。
熊谷さんは説明のあと、操作を疑似体験できるシミュレーターを用意。手元の操作で、スクリーンの中に映し出されるドローンが映し出される仕組みで、操作がまずいと、ドローンの動きも不安定になる。「一番上手な人、ぜひやってみて」と参加を促されて、1人も生徒が、果敢に挑戦するが、やはり「モード2」とは勝手が違い、地面にふらふらと落下。熊谷さんが「はい。この機体はひとつ20万円です」というと、会場となった体育館がどっと沸いた。
シミュレーターを何人かが使ったあとは、生徒たち3班に分かれて、マイクロドローンの操縦体験に挑戦。かなり慣れてきた生徒も増えてきたが、「あれ、言うこと聞かない」「風の影響受けやすい」と悪戦苦闘をしながらも、楽しそうに挑戦を繰り返していた。
その後、タブレットを使い、Ryze Tech社の小型機「TELLO」を、プログラミングしてフライトをさせる実験にも挑戦。Scratchの日本語入力を組み合わせて、ドローンに伝えてみると、「これで戻ってくるはずなんだけど」と、期待通りの動きをみせないTelloに、「単純にいかない分、おもしろい」と夢中になった。
 その後、マイクロドローンにハイビジョンカメラを搭載して撮影したことが話題となった女性アイドルのプロモーション動画を鑑賞。「これを撮影するためには、4アマ(第四級アマチュア無線技士)だけではなく三陸(第産休陸上特殊無線技士)をとる必要があります。で取っておくと仕事がいっぱい依頼されるようになります」などと説明した。このほか、日本で結成されたプロフェッショナルチーム、RADEN RACINGにも言及。「パリでは市街地の真ん中でドローンレースをやっている。日本でも都心できるようになれば楽しいですね」などと話して、この日の講義をしめくくった。
 船引高校でのドローン特別講座は、慶大と田村市の包括連携協定をきっかけにはじまった高校生向けのドローン講座で、現在第三期が開講中だ。

シミュレーターに挑戦。1期落下するごとに「修理代20万円」「40万円」と跳ね上がり、そのたびに盛り上がった

熊谷さんがマイクロドローンのセッティングを手ほどき

タッブレットをかこんでプログラミングにも調整

夢中になってプログラミング

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。


【東日本ドローンサミット】慶大・南政樹氏による「ドローン×災害対応・復興支援」 復興の重要拠点だったJ-ヴィレッジで開催

【東日本ドローンサミット】慶大・南政樹氏による「ドローン×災害対応・復興支援」 復興の重要拠点だったJ-ヴィレッジで開催

 東日本ドローンサミットでは、災害対応、復興支援にドローンがどう使えるのかを検証するセッション「ドローン×災害対応。復興支援」も行われる。東日本大震災の復興拠点となったJ-ヴィレッジで、震災時のドローン活用を、慶大ドローン社会共創コンソーシアム副代表、南政樹氏とともに考える貴重な時間となる。


【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

 ドローン研究に力を入れている慶應義塾大学で、プロドローンレースチーム「DMM RAIDEN RACING」の選手らが教壇に立った。大学院生向けのKPMGコンサルティングによる寄附講座「eSports論」の一環で、最年少の中学生、鈴木匠選手ら3人が、世界を転戦した感想や、世界と日本のレース環境の差について説明した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


鹿児島県大崎町、マイクロドローンカメラを使った自治体PRムービー完成

鹿児島県大崎町、マイクロドローンカメラを使った自治体PRムービー完成

鹿児島県大崎町(鹿児島県曽於郡大崎町、町長:東 靖弘)は、 東京で最も予約が取りにくいと言われる恵比寿の日本料理店「賛否両論」とのコラボレーションで、フルHD画質のカメラを搭載した縦横11cm程度のマイクロドローンを使った大崎町のPRムービー『僕は、 カブトムシ』を10月31日から公開した。


最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。