【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


不慣れな「モード1」に悪戦苦闘 「思うように動かない。そこも楽しい」

熊谷さんは、国内でドローンレース普及に取り組んできた経緯を説明しながら自己紹介し、レースに使う機体にカメラを搭載することができること、レースに使う機体の中に、マイクロドローンと呼ばれる手のひらサイズのドローンがあること、マイクロドローンの操作は「モード1」が主流であり、船引高校生が慣れ親しんできた「モード2」とは異なることなどを、映像を投影したり、実機を見せたりしながら解説した。
「それでも、農薬散布、測量などでは「モード1」が使われることが多く、両方できるといろんな仕事の依頼が来ることになりますよ。またレーサーはドローンのありとあらゆる動きを訓練するため、いろんな場面で頼られることが多いです」と、マイクロドローンやドローンレース、モード1に親しむ意義を説明した。
生徒たちは、レース機が搭載したカメラが撮影した映像がスクリーンにうつしだされると、まるで操縦席にいるかのようにめまぐるしく動く風景を食い入るように見入っていた。
熊谷さんは説明のあと、操作を疑似体験できるシミュレーターを用意。手元の操作で、スクリーンの中に映し出されるドローンが映し出される仕組みで、操作がまずいと、ドローンの動きも不安定になる。「一番上手な人、ぜひやってみて」と参加を促されて、1人も生徒が、果敢に挑戦するが、やはり「モード2」とは勝手が違い、地面にふらふらと落下。熊谷さんが「はい。この機体はひとつ20万円です」というと、会場となった体育館がどっと沸いた。
シミュレーターを何人かが使ったあとは、生徒たち3班に分かれて、マイクロドローンの操縦体験に挑戦。かなり慣れてきた生徒も増えてきたが、「あれ、言うこと聞かない」「風の影響受けやすい」と悪戦苦闘をしながらも、楽しそうに挑戦を繰り返していた。
その後、タブレットを使い、Ryze Tech社の小型機「TELLO」を、プログラミングしてフライトをさせる実験にも挑戦。Scratchの日本語入力を組み合わせて、ドローンに伝えてみると、「これで戻ってくるはずなんだけど」と、期待通りの動きをみせないTelloに、「単純にいかない分、おもしろい」と夢中になった。
 その後、マイクロドローンにハイビジョンカメラを搭載して撮影したことが話題となった女性アイドルのプロモーション動画を鑑賞。「これを撮影するためには、4アマ(第四級アマチュア無線技士)だけではなく三陸(第産休陸上特殊無線技士)をとる必要があります。で取っておくと仕事がいっぱい依頼されるようになります」などと説明した。このほか、日本で結成されたプロフェッショナルチーム、RADEN RACINGにも言及。「パリでは市街地の真ん中でドローンレースをやっている。日本でも都心できるようになれば楽しいですね」などと話して、この日の講義をしめくくった。
 船引高校でのドローン特別講座は、慶大と田村市の包括連携協定をきっかけにはじまった高校生向けのドローン講座で、現在第三期が開講中だ。

シミュレーターに挑戦。1期落下するごとに「修理代20万円」「40万円」と跳ね上がり、そのたびに盛り上がった

熊谷さんがマイクロドローンのセッティングを手ほどき

タッブレットをかこんでプログラミングにも調整

夢中になってプログラミング

この記事のライター

関連する投稿


「未来をつくる教育フォーラム2018」 ワークショップに物流ドローンプログラミングも

「未来をつくる教育フォーラム2018」 ワークショップに物流ドローンプログラミングも

株式会社日本コスモトピア(大阪市淀川区)は、学校の教職員、学習塾運営者・講師、子育て中の親など教育に関わる方を対象に『未来をつくる教育フォーラム2018』を、10月14日、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催する。ワークショップに物流ドローンプログラミングも。


イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

株式会社DroneFutureAviationは、独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」のデモンストレーションを慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで9月5日に行った。


ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表  Tello 専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」の配信開始

ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表  Tello 専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」の配信開始

ORSOは「ドローン学びの教材シリーズ」を発表し、Tello専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」をDRONE STARプログラミングアプリ内で配信開始する。


【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

 ドローンによる地域活性化に取り組む福島県田村市で9月10日、業種横断的な有志のドローン活動体、「ドローンコンソーシアムたむら」の第2回定例会が開かれた。「ドローン×防災」をテーマに、「災害ドローン救援隊DRONBIRD」を率いる青山学院大学の古橋大地教授が講演し、約30人がドローンで作るマップの可能性に理解を深た。


SkyLink Japan、好評の「はじめてのドローン・プログラミング教室」を追加開催

SkyLink Japan、好評の「はじめてのドローン・プログラミング教室」を追加開催

2020年度の新学習指導要領にもとづく小学校プログラミング教育必修化に向け、SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company /京都市北区)は、児童向けのドローンのプログラミング教室を実施する。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。