「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


安全・安心な空の道を目指すドローンハイウェイ構想に楽天が加わる

 東京電力ベンチャーズ株式会社と株式会社ゼンリンは、2017年3月29日に、ドローンの安全飛行をインフラ側から支援する「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けた業務提携を発表した。「ドローンハイウェイ構想」は本年6月に改訂された政府の「空の産業革命に向けたロードマップ」において取り上げられるなど、その役割に対する期待が高まっている。両社は、東京電力グループが保有する「送電鉄塔、送電線、変電所、電柱など」のインフラデータと、ゼンリンが開発を進める「空の三次元地図」を組み合わせ、「安全・安心な空の道」の早期実現に向けて取り組み、2018年から関東に複数のテストコース開設を予定している。
 今回、「楽天ドローン」としてドローン配送サービスに取り組む楽天が、新たに「ドローンハイウェイ構想」に加わることにより、安全な空の道「ドローンハイウェイ」の実用化に向けた検討を三社で協力して行うと発表した。すでに、2018年6月27日に、埼玉県秩父市において、第一回目となる共同実証実験を行い、世界初の送電設備を使ったドローン配送に成功した。
 今後も、東電ベンチャーズ、ゼンリン、楽天の三社は、共同で実証実験を行い、「ドローンハイウェイ」を活用したドローン物流の実用化を目指す。

取り組み概要
(1)送電鉄塔の三次元化、ジオフェンス及びモニタリングアプリの開発(ゼンリン)
   ・送電鉄塔を三次元データ化。
   ・送電鉄塔や送電線に接近すると自動的に接近を検知する機能(ジオフェンス)を
    開発し実装。
   ・飛行中の機体の状態やジオフェンスの形状がリアルタイムで表示可能な
    モニタリングアプリを開発。

(2)気象観測機器の設置(東電ベンチャーズ)
   ・リアルタイムに気象状況を把握するための観測機器を「ドローンハイウェイ」に
    設置。
   ・観測機器から取得した気象状況に応じたドローンの飛行制御を実施。
   ・今後、観測機器から得られたビッグデータを解析することで、安全飛行の
    高度化を目指す。

(3)「ドローンハイウェイ」上の飛行(東電ベンチャーズ、ゼンリン、楽天)
   ・ 埼玉県秩父市にて、ドローン配送サービス「楽天ドローン」と、
    「ドローンハイウェイ」を利用した片道約3kmの自律飛行に成功。
    (実施日:2018年6月27日)
   ・送電設備から安全な距離を保ち、各種技術要素を活用しながら、地元住民へ
    ドローンによるお弁当の配送を実施。

物流用ドローンの前で
左から
東京電力ベンチャーズ株式会社 代表取締役社長 赤塚新司氏
株式会社ゼンリン 執行役員 事業統括本部 IoT事業本部長 竹川道郎氏
楽天株式会社 常務執行役員 安藤公二氏

この記事のライター

関連する投稿


ドローンと送電線との距離は「30m」で検証 楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズの「ハイウェイ構想」、実用化にまた一歩

ドローンと送電線との距離は「30m」で検証 楽天、ゼンリン、東京電力ベンチャーズの「ハイウェイ構想」、実用化にまた一歩

 楽天、東京電力ベンチャーズ、ゼンリンなどが1月25日に、埼玉県秩父市で実施したドローンによる荷物配送の実用化に向けた実験では、すべてのシナリオが想定通りに進み、ドローンの飛ばせるルートとなる「ドローンハイウェイ」の実用化に道筋を示した。送電線とハイウェイとの距離は「30m」で、今後この距離を軸に検証が進みそうだ。


PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCが「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」というテーマで、ドローンビジネスの展望、目視外飛行等の法規制緩和や留意点について行政と民間の専門家によって解説するセミナーを11月22日、開催した。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。