「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


安全・安心な空の道を目指すドローンハイウェイ構想に楽天が加わる

 東京電力ベンチャーズ株式会社と株式会社ゼンリンは、2017年3月29日に、ドローンの安全飛行をインフラ側から支援する「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けた業務提携を発表した。「ドローンハイウェイ構想」は本年6月に改訂された政府の「空の産業革命に向けたロードマップ」において取り上げられるなど、その役割に対する期待が高まっている。両社は、東京電力グループが保有する「送電鉄塔、送電線、変電所、電柱など」のインフラデータと、ゼンリンが開発を進める「空の三次元地図」を組み合わせ、「安全・安心な空の道」の早期実現に向けて取り組み、2018年から関東に複数のテストコース開設を予定している。
 今回、「楽天ドローン」としてドローン配送サービスに取り組む楽天が、新たに「ドローンハイウェイ構想」に加わることにより、安全な空の道「ドローンハイウェイ」の実用化に向けた検討を三社で協力して行うと発表した。すでに、2018年6月27日に、埼玉県秩父市において、第一回目となる共同実証実験を行い、世界初の送電設備を使ったドローン配送に成功した。
 今後も、東電ベンチャーズ、ゼンリン、楽天の三社は、共同で実証実験を行い、「ドローンハイウェイ」を活用したドローン物流の実用化を目指す。

取り組み概要
(1)送電鉄塔の三次元化、ジオフェンス及びモニタリングアプリの開発(ゼンリン)
   ・送電鉄塔を三次元データ化。
   ・送電鉄塔や送電線に接近すると自動的に接近を検知する機能(ジオフェンス)を
    開発し実装。
   ・飛行中の機体の状態やジオフェンスの形状がリアルタイムで表示可能な
    モニタリングアプリを開発。

(2)気象観測機器の設置(東電ベンチャーズ)
   ・リアルタイムに気象状況を把握するための観測機器を「ドローンハイウェイ」に
    設置。
   ・観測機器から取得した気象状況に応じたドローンの飛行制御を実施。
   ・今後、観測機器から得られたビッグデータを解析することで、安全飛行の
    高度化を目指す。

(3)「ドローンハイウェイ」上の飛行(東電ベンチャーズ、ゼンリン、楽天)
   ・ 埼玉県秩父市にて、ドローン配送サービス「楽天ドローン」と、
    「ドローンハイウェイ」を利用した片道約3kmの自律飛行に成功。
    (実施日:2018年6月27日)
   ・送電設備から安全な距離を保ち、各種技術要素を活用しながら、地元住民へ
    ドローンによるお弁当の配送を実施。

物流用ドローンの前で
左から
東京電力ベンチャーズ株式会社 代表取締役社長 赤塚新司氏
株式会社ゼンリン 執行役員 事業統括本部 IoT事業本部長 竹川道郎氏
楽天株式会社 常務執行役員 安藤公二氏

この記事のライター

関連する投稿


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。