「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


安全・安心な空の道を目指すドローンハイウェイ構想に楽天が加わる

 東京電力ベンチャーズ株式会社と株式会社ゼンリンは、2017年3月29日に、ドローンの安全飛行をインフラ側から支援する「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けた業務提携を発表した。「ドローンハイウェイ構想」は本年6月に改訂された政府の「空の産業革命に向けたロードマップ」において取り上げられるなど、その役割に対する期待が高まっている。両社は、東京電力グループが保有する「送電鉄塔、送電線、変電所、電柱など」のインフラデータと、ゼンリンが開発を進める「空の三次元地図」を組み合わせ、「安全・安心な空の道」の早期実現に向けて取り組み、2018年から関東に複数のテストコース開設を予定している。
 今回、「楽天ドローン」としてドローン配送サービスに取り組む楽天が、新たに「ドローンハイウェイ構想」に加わることにより、安全な空の道「ドローンハイウェイ」の実用化に向けた検討を三社で協力して行うと発表した。すでに、2018年6月27日に、埼玉県秩父市において、第一回目となる共同実証実験を行い、世界初の送電設備を使ったドローン配送に成功した。
 今後も、東電ベンチャーズ、ゼンリン、楽天の三社は、共同で実証実験を行い、「ドローンハイウェイ」を活用したドローン物流の実用化を目指す。

取り組み概要
(1)送電鉄塔の三次元化、ジオフェンス及びモニタリングアプリの開発(ゼンリン)
   ・送電鉄塔を三次元データ化。
   ・送電鉄塔や送電線に接近すると自動的に接近を検知する機能(ジオフェンス)を
    開発し実装。
   ・飛行中の機体の状態やジオフェンスの形状がリアルタイムで表示可能な
    モニタリングアプリを開発。

(2)気象観測機器の設置(東電ベンチャーズ)
   ・リアルタイムに気象状況を把握するための観測機器を「ドローンハイウェイ」に
    設置。
   ・観測機器から取得した気象状況に応じたドローンの飛行制御を実施。
   ・今後、観測機器から得られたビッグデータを解析することで、安全飛行の
    高度化を目指す。

(3)「ドローンハイウェイ」上の飛行(東電ベンチャーズ、ゼンリン、楽天)
   ・ 埼玉県秩父市にて、ドローン配送サービス「楽天ドローン」と、
    「ドローンハイウェイ」を利用した片道約3kmの自律飛行に成功。
    (実施日:2018年6月27日)
   ・送電設備から安全な距離を保ち、各種技術要素を活用しながら、地元住民へ
    ドローンによるお弁当の配送を実施。

物流用ドローンの前で
左から
東京電力ベンチャーズ株式会社 代表取締役社長 赤塚新司氏
株式会社ゼンリン 執行役員 事業統括本部 IoT事業本部長 竹川道郎氏
楽天株式会社 常務執行役員 安藤公二氏

この記事のライター

関連する投稿


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。