インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルは都内でエネルギー関係者に向けて今年で三回目となるインテルエネルギーフォーラム2018を開催した。基調講演や展示コーナーに、最新のドローンに対する取り組みと日本で販売を開始するFalcon 8+が展示された。


東京電力のドローンハイウェイ構想が誕生した背景

 インテルエネルギーフォーラム2018の基調講演では、「DISRUPTING OR BE DISRUPTED ~リーダーシップとテクノロジーが牽引するエネルギー業界の未来~」と題するテーマで、インテル コーポレーション グローバル・マーケット & パートナー本部副社長 兼 ジェネラルマネージャー
シャノン・ポーリン氏が登壇した。インテルでは、エネルギー業界でも増大するデータへの適切な対応が、次世代のビジネスを牽引すると捉えている。そこで、エネルギー事業者が所有するデータが多様な価値を見出す取り組みが求められていると指摘し、関西電力で行われた実証実験などを紹介した。
 ポーリン氏に続いて、特別講演として東京電力ホールディングス株式会社の見學 信一郎常務執行役が登壇し、「明治時代の息吹を再び」と題して、東京電力の新たな事業の取り組みについて紹介した。その中で、ゼンリンと共同で推進している「ドローンハイウェイ構想」について触れた。東京電力では、エネルギー産業を取り巻く厳しい環境や、日本が抱える少子高齢化などの社会課題を解決するために、東京電力ベンチャーズ株式会社という新規事業を立ち上げる事業を推進している。その前進となった事業部では、以前からドローンが高圧線の付近を飛行する危険性を危惧していたという。そこで、ゼンリンと協力して送電線の詳細な地図を作成しようと検討したところ、社内の若手社員から「逆転の発想で」送電線の上をドローンが飛行できる専用ルートを提供しよう、という意見が出て「ドローンハイウェイ構想」に至った。そして「近く、物流企業と協業する計画がある」とも見學氏は話した。
 一方、基調講演の前に開催されたランチセッションでは、「九州電力におけるドローン利活用の取組みについて」九州電力株式会社のテクニカルソリューション統括本部 情報通信本部 通信ソリューショングループの執行 英樹 氏が講演した。こちらは、後日詳細をレポートする。

「ドローンハイウェイ構想」について触れた東京電力ホールディングス株式会社の見學 信一郎常務執行役

Falcon 8+の国内販売に本格始動するドローン大学校

展示コーナーでFalcon 8+を紹介していたインテル

 展示コーナーでは、インテルのブースにFalcon 8+が置かれ、ドローン大学校の名倉 真悟代表理事が、日本における展開について来場者に説明していた。ドローン大学校では、Falcon 8+のパイロットを養成するための体制を整えている。先日も、数名のスタッフがインテルのアリゾナにある教育施設に渡米し、Falcon 8+のインストラクターとしてのトレーニングを受けてきたという。今後は、そのスタッフが中心となり、導入を検討している企業に教育を行うと共に、国内での保守や保険などを整備していく。名倉氏によれば「これだけコンパクトな機体で、ソニーのα7を飛ばせるドローンはありません。実際に、2つのプロペラを停止して飛行できるかテストしてみたところ、安定した操作が可能でした」とFalcon 8+を高く評価する。
 さらに、展示コーナーではインテルの事業開発マネージャーの永井寿氏が、最新のミッション・コントロール・ソフトウェアを紹介していた。同ソフトは、対象となる施設を指定するだけで、詳細な自律飛行の計画が作成される。永井氏によれば、ソフトウェアでは撮影する範囲とバッテリーの残量を詳細に計算している。そのため、一回の飛行で撮影しきれない場合には、自動的にホームまでFalcon 8+が帰還する。そして、バッテリーをホットスワップで交換し、ソフトウェアの「再開」ボタンをタップするだけで、継続して撮影を行うという。飛行の安定性と高性能なカメラに、操作性の優れたミッション・コントロール・ソフトウェアの組み合わせにより、エネルギー施設の点検や測量に威力を発揮する。

Falcon 8+の自律飛行と写真撮影を制御する最新のミッション・コントロール・ソフトウェアを紹介

この記事のライター

関連する投稿


韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

米国の半導体大手メーカーのインテルは、韓国や中国の文化遺産を守るために、Intel Falcon 8+ドローンを使い、3Dモデルの作成に取り組んでいる。


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

半導体大手のインテルコーポレーションは、ドローン事業にも積極的な投資を行っている。その理由は、ドローン産業の発展がデータ革命をけん引すると予測しているから。インテルのドローン事業から産業の未来像を考察する。(田中亘)


【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

【ジャパンドローン2018・発見!】一般社団法人ドローン大学校 物流の拠点・瀬戸内に同校修了生による「瀬戸内キャンパス」開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


ドローン大学校が“瀬戸内キャンパス"開校 5月13日

ドローン大学校が“瀬戸内キャンパス"開校 5月13日

ドローン荷物配送時代で活躍するドローン・オペレーターの育成を目指すドローン大学校“瀬戸内キャンパス"が5月13日に開講する。


最新の投稿


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。