米国FAAが刑務所と沿岸警備隊(USCG)施設のドローン飛行制限を拡大

米国FAAが刑務所と沿岸警備隊(USCG)施設のドローン飛行制限を拡大

米国の連邦航空局(FAA)は、法務省(DOJ)および国土安全保障省(DHS)と協力して、連邦施設の側面境界内で最大400フィートのドローン飛行に追加の制限を設定した。


国家安全保障上の機密性の高い施設を保護

 米国時間の2018年6月7日にFAAのサイトで公開され、6月20日から有効になった新たな規制は、刑務所と沿岸警備隊の施設を保護するもの。以下の連邦施設では、境界側面から最大400フィート(約120メートル)の範囲で、飛行が禁止される。FAAによれば、これらの飛行制限は刑務所の受刑者に物資を密輸する犯罪を抑止し、沿岸警備隊の安全を確保する目的となる。
 対象となる刑務所は、アリゾナ州ツーソンやコロラド州フィレンツェなど全米19施設に及ぶ。沿岸警備隊の施設は、ノースカロライナ州のエリザベスシティやカリフォルニア州ロサンゼルスのロングビーチなど10箇所。すでに、FAAのUAS飛行データのサイトでは、対象となる空域が赤く表示されている。

沿岸警備隊の施設があり飛行制限が表示されるカリフォルニア州アラメダ島の例

対象の施設の一覧が掲載されているFAAのサイト:
https://www.faa.gov/news/updates/?newsId=90545

この記事のライター

関連するキーワード


FAA DHS DOJ 飛行制限

関連する投稿


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。


NASAがUASの目視外飛行を一般の空域で成功させる

NASAがUASの目視外飛行を一般の空域で成功させる

2018年6月13日-米国カリフォルニア州。NASAは遠隔操作で飛行する大型のikhana(イカナ)無人飛行システムを使い、米国の一般の空域で、自律制御と遠隔操作による完全な目視外飛行を成功させた。


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


米国FAAとDOEが7施設の空域制限を発表

米国FAAとDOEが7施設の空域制限を発表

米国時間の2017年12月18日。連邦航空局(FAA)は、アメリカ合衆国エネルギー省 (United States Department of Energy:DOE)の管理する7つの施設において、最大400フィートの空域で飛行を制限すると発表した。


最新の投稿


BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENは、 9月24日、 Digital Single「シリウス」の配信と同時にミュージックビデオ(MV)を公開しました。ミュージックビデオでは LEDビジョンなどの最新照明やドローンによる空撮を活用し、 生の演出とは思えない美しく神秘的な映像を実現した。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


Drone Fundが新執行体制発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 Drone Fund新共同代表の大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 Drone Fund新共同代表の大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者で、Drone Fundの新共同代表である大前創希氏も登壇する。