エアロセンスとソニービジ ネスソリューション、有線給電ドローンを活用したフライトサービス提供開始

エアロセンスとソニービジ ネスソリューション、有線給電ドローンを活用したフライトサービス提供開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)と、ソニービジ ネスソリューション株式会社(東京都港区)は、2018年7月17日(火)から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO® onAir」を活用 したフライトサービスの提供を開始する。


ドローン本体イメージ

 エアロセンス株式会社(東京都文京区)と、ソニービジ ネスソリューション株式会社(東京都港区)は、2018年7月17日(火)から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO® onAir」を活用 したフライトサービスの提供を開始する。
 今回提供を開始するフライトサービスは、有線給電ドローンと4K対応カメラを組み合わせたライブ撮影 サービス。ドローンへの給電を有線で行い、同じケーブル内で映像も伝送することで、約6時間の長時 間連続飛行をしながら、4K高画質のダイナミックな空撮映像をほぼ遅延なく伝送することが可能となっている。
 またこのサービスには、撮影機材の提供に加え、ドローン操縦や、飛行に必要な申請を行うオペレーターの 派遣も含まれており、操縦や申請といった専門知識が必要な部分をすべてオペレーターに任せることができるため、ドローン撮影の技術や知見なくてもドローン空撮をビジネスに活用することができる。
 一般的な無線ドローンによる撮影では、連続飛行時間が20分程度と短かく、映像の伝送時に画質を下げる必要があり、また遅延が生じたりするなど、長時間撮影や高画質が必要とされる用途には向かないという 課題があったが、このフライトサービスでは、有線給電方式という特殊なドローンを使用することで、従来は不可能であった長時間撮影を可能にした。同時に光ファイバーケーブルを使用した非圧縮かつ高画質 なリアルタイム映像伝送によるライブ運用を実現した。

 また、ソニーの業界最先端の4K対応カメラと、エアロセンスの高度な自律飛行技術により、高品質で安定した空撮が可能なことに加え、ジンバルによるカメラ制御(パン・チルト・ズーム)など、多彩な撮影も可能。これらの特長を生かし、野外でのライブ中継や、高所の点検作業、災害時に人が入り込めないエリアの状況確認など、さまざまなシーンでの活用が考えられる。
 なお今後は、中継車との連携といったお客さまのニーズに合わせたソリューションを提供していくとともに、フライトサービスに加え、「AEROBO® onAir」を中核としたシステムの販売も展開していく予定。

サービス概要

〇サービス提供開始日 2018年7月17日(火)
〇特長 ・長時間、高画質、ほぼ遅延なく、地上100mからのライブ空撮が可能 ・あらかじめ設定したルートを自律飛行することで、安定した撮影が可能 ・オペレーターの派遣により、知識不要でドローン空撮が可能
〇主な想定用途 ・放送局での利用
屋外でのライブ中継やイベント撮影、など ・自治体での利用
災害時の状況確認、高所の点検確認、など ・警備事業での利用
屋外イベントでの監視カメラの代替として、など
〇提供価格
スタンダードプラン 60万円(税別)/1フライト *諸経費は別途。
〇提供内容(スタンダードプラン)
・ドローン本体 『AS-MC03-T』 ・4K対応カメラ 『FCB-ER8530』 ・制御ジンバル
・有線ケーブル
・ベースステーション ・制御無線モジュール ・制御アプリ

・オペレーター 2名 ・事前打ち合わせ 1回 ・リハーサルオペレーション 1回 ・本番オペレーション 1回

※参考
エアロセンス株式会社 会社情報 http://www.aerosense.co.jp/ ソニービジネスソリューション 会社情報 http://www.sonybsc.com/

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


エアロセンスの新開発産業用ドローン AEROBO®「AS-MC03-T」2 月販売開始

エアロセンスの新開発産業用ドローン AEROBO®「AS-MC03-T」2 月販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、物資 輸送・点検・災害調査など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォームとし て、新たに飛行性能を上げ可搬性を増強した産業用ドローン「AS-MC03-T」を2月から発売する。


【ドローン × AI】エアロセンスが取り組むAIを活用した除染シート点検

【ドローン × AI】エアロセンスが取り組むAIを活用した除染シート点検

エアロセンス(東京都)は、グーグル(東京都)が主催するGoogle Cloud メディアセミナーで、福島県で推進している除染シート点検におけるドローンとAI活用の状況を報告した。


エアロセンスのAEROBO® Marker が 2018 年度グッドデザイン賞を受賞

エアロセンスのAEROBO® Marker が 2018 年度グッドデザイン賞を受賞

エアロセンス株式会社(東京都文京区)の、AEROBO®Marker が 、2018 年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。