【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

 ドローンによる活性化に取り組む福島県田村市で6月30日、高校生向けのドローン特別講座が福島県立船引高校で開かれた。この日は田村市の校長、広島県神石高原町の入江嘉則町長講座ら多くの来訪者が視察した。


広島・神石高原町の入江町長も視察 上達の背景に「特設ドローン部」創設

 この日開催された特別講座は、6月15日に始まった第3期の2日目。地元の有志らによるドローン活用推進組織である「ドローンコンソーシアムたむら」の会員、船引高校の猪俣豊校長ら学校関係者、田村市の皮籠石征直副市長ら同市関係者らに加え、広島県神石高原町の入江嘉則町長らが訪れた。
 軽い練習のあと、指導役の慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、ドローンがいま、期待されている背景について、「頭上の空間は、これまでは鳥と虫と電波ぐらいしか利用していなかった。そこを人が使うことでこれまでにできなかったことができるようになる」と説明。その「できるようになること」は、「みなさんで広げることができます」と、生徒たちに、人ができることを拡大する役割を期待していることを伝えた。
 また、ドローンには、空を飛ぶものとして回転翼、固定翼があることと、それぞれの特徴を説明。より重いものをより遠くに飛ばすために固定翼が活躍の幅を広げるのではないかと展望した。
 さらに、ドローンにできることについて、空から観察できる、空間の正確な位置に移動できる、インターネットにサービスや能力を使って生活空間に働きかけることができる、などと列挙。それぞれの事例や、実際に世界で行われている取り組み、事業、サービスなどについて動画をまじえて紹介した。
 あわせてこの日、視察に訪れている入江町長が活動している神石高原町で行われているドローンの展開についても説明。同町に本部を構え、世界各国の紛争地帯、災害現場で救難活動を展開している特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンと慶大が、救助犬とドローンの連携によって救難の強化に取り組んでいることも報告した。
 生徒たちは、こうしたドローンの今後の大きな潜在力について聞いたあと、練習を再開。「8の字」「リリース・アンド・キャッチ」など、それぞれのレベルにあわせてトイドローンをフライトさせた。
 船引高校にはこの4月から部活動とは別の課外活動として「特設ドローン部」が創設されており、特別講座の生徒も特設ドローン部に在籍。土曜日を中心に、自主練習が行われ、ほかの活動と重ならない生徒などが活動しているという。この日の練習でも課題を軽々とこなす生徒がいて、生徒の成長ぶりをみてきた市役所職員から「ますますうまくなってる」と声があがったほか、見学に来ていたドローンスクールの講師も「ライセンスの受験者よりも上手な生徒もいる」と驚いていた。
 また、視察者に訪れた中で、ドローンの心得のある地元経験者が練習を手引きする姿もみられ、田村市内でのドローンに対する取り組みは、生徒、市民の一体化がさらに進んでいることを来場者に印象付けた。

船引高校で行われたドローン特別講座を視察した広島県神石高原町の入江嘉則町長(スーツ姿)

この日も生徒たちにドローンの可能性、世界の実情を伝えつつ、知識、練習方法を指導した南政樹・慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアム副代表

生徒たちが視察者の求めに応じてフライトを披露することも

飛ばしていたドローンが体育館の高いところにあるネットにひっかかると脚立を持ってきて・・・(次の写真に続く)

頼れる男子がっ脚立にのぼりネットから取り外す。任務完了のキメスマイル

遊んでいるかのように楽しそうに練習をする女子たち

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


【ドローントークPIT】8月3日のト-クPITは初物づくし! 初会場、新聞と初連動、新ファシリテーター登場、初の連続登板ゲスト

【ドローントークPIT】8月3日のト-クPITは初物づくし! 初会場、新聞と初連動、新ファシリテーター登場、初の連続登板ゲスト

 ドローンを肴に飲み物とおしゃべりを楽しむ、雑談系交流会「ドローントークPIT」は、8月3日に第9回を開催しますが、今回はいつも大切にしているコンセプトはそのままに、初めてのことが盛りだくさんの記念すべき回になります。その内容をちょっとご紹介します。


【慶大×田村市】船引高校での特別講座第3期開始 「まずは4つの言葉を覚えよう」

【慶大×田村市】船引高校での特別講座第3期開始 「まずは4つの言葉を覚えよう」

 慶大と包括連携協定を締結した福島県田村市で、市内の福島県立船引高校を対象にしたドローン特別講座第3期が6月15日に始まった。未経験の生徒に経験者、卒業生らも加わった。ドローンコンソーシアムたむらの関係者も見守る中、指導を務める慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は「まずこの言葉を覚えよう」と切り出した。


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)を拠点に活動しているドローン研究の「ドロゼミ」メンバーが、人口集中地区での空撮依頼に対応することを想定し、いわゆる包括申請をするなど、実践的な取り組む。身に着けた知識、技量を社会で生かす力も育み、即戦力となるための準備に入った。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。