【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

 ドローンによる活性化に取り組む福島県田村市で6月30日、高校生向けのドローン特別講座が福島県立船引高校で開かれた。この日は田村市の校長、広島県神石高原町の入江嘉則町長講座ら多くの来訪者が視察した。


広島・神石高原町の入江町長も視察 上達の背景に「特設ドローン部」創設

 この日開催された特別講座は、6月15日に始まった第3期の2日目。地元の有志らによるドローン活用推進組織である「ドローンコンソーシアムたむら」の会員、船引高校の猪俣豊校長ら学校関係者、田村市の皮籠石征直副市長ら同市関係者らに加え、広島県神石高原町の入江嘉則町長らが訪れた。
 軽い練習のあと、指導役の慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、ドローンがいま、期待されている背景について、「頭上の空間は、これまでは鳥と虫と電波ぐらいしか利用していなかった。そこを人が使うことでこれまでにできなかったことができるようになる」と説明。その「できるようになること」は、「みなさんで広げることができます」と、生徒たちに、人ができることを拡大する役割を期待していることを伝えた。
 また、ドローンには、空を飛ぶものとして回転翼、固定翼があることと、それぞれの特徴を説明。より重いものをより遠くに飛ばすために固定翼が活躍の幅を広げるのではないかと展望した。
 さらに、ドローンにできることについて、空から観察できる、空間の正確な位置に移動できる、インターネットにサービスや能力を使って生活空間に働きかけることができる、などと列挙。それぞれの事例や、実際に世界で行われている取り組み、事業、サービスなどについて動画をまじえて紹介した。
 あわせてこの日、視察に訪れている入江町長が活動している神石高原町で行われているドローンの展開についても説明。同町に本部を構え、世界各国の紛争地帯、災害現場で救難活動を展開している特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンと慶大が、救助犬とドローンの連携によって救難の強化に取り組んでいることも報告した。
 生徒たちは、こうしたドローンの今後の大きな潜在力について聞いたあと、練習を再開。「8の字」「リリース・アンド・キャッチ」など、それぞれのレベルにあわせてトイドローンをフライトさせた。
 船引高校にはこの4月から部活動とは別の課外活動として「特設ドローン部」が創設されており、特別講座の生徒も特設ドローン部に在籍。土曜日を中心に、自主練習が行われ、ほかの活動と重ならない生徒などが活動しているという。この日の練習でも課題を軽々とこなす生徒がいて、生徒の成長ぶりをみてきた市役所職員から「ますますうまくなってる」と声があがったほか、見学に来ていたドローンスクールの講師も「ライセンスの受験者よりも上手な生徒もいる」と驚いていた。
 また、視察者に訪れた中で、ドローンの心得のある地元経験者が練習を手引きする姿もみられ、田村市内でのドローンに対する取り組みは、生徒、市民の一体化がさらに進んでいることを来場者に印象付けた。

船引高校で行われたドローン特別講座を視察した広島県神石高原町の入江嘉則町長(スーツ姿)

この日も生徒たちにドローンの可能性、世界の実情を伝えつつ、知識、練習方法を指導した南政樹・慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアム副代表

生徒たちが視察者の求めに応じてフライトを披露することも

飛ばしていたドローンが体育館の高いところにあるネットにひっかかると脚立を持ってきて・・・(次の写真に続く)

頼れる男子がっ脚立にのぼりネットから取り外す。任務完了のキメスマイル

遊んでいるかのように楽しそうに練習をする女子たち

この記事のライター

関連する投稿


イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

株式会社DroneFutureAviationは、独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」のデモンストレーションを慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで9月5日に行った。


【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

 ドローンによる地域活性化に取り組む福島県田村市で9月10日、業種横断的な有志のドローン活動体、「ドローンコンソーシアムたむら」の第2回定例会が開かれた。「ドローン×防災」をテーマに、「災害ドローン救援隊DRONBIRD」を率いる青山学院大学の古橋大地教授が講演し、約30人がドローンで作るマップの可能性に理解を深た。


【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

 「平成30年度福島県総合防災訓練」が9月2日、福島県田村市の田村市運動公園で開かれ、慶大の指導を受けた地元の福島県立船引高校のドローンチームが、土砂災害の捜索と、体験会でドローンの腕前を披露し、大会関係者や消防関係者から感心の声が上がった。


【慶大×田村市】実った、実った! ホップ収穫祭開催 つまんで浮かべて味わって

【慶大×田村市】実った、実った! ホップ収穫祭開催 つまんで浮かべて味わって

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市で8月5日、ビール主原料であるホップの収穫体験が行われた。ホップはドローンの有効活用を検討している作物で、ホップに魅了された人たちが、品質向上や労力軽減に道を開くドローン導入を後押ししそうだ。


富山ドローンスクールが「サミット」を開催 会場満席の約100人が聴講

富山ドローンスクールが「サミット」を開催 会場満席の約100人が聴講

 富山ドロ-ンスクールを運営する北日本自動車学校(富山市)は8月4日、ドローン産業の最前線で活躍する講師を招く「富山ドローンサミット」を。富山大学で開催した。一般社団法人日本UAS産業推進協議会(JUIDA)の千田安弘副理事長、慶應大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が登壇し最新事業を解説した。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。