エアロネクストが7,800万円の資金調達を実施

エアロネクストが7,800万円の資金調達を実施

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区、代表取締役社長:田路圭輔)は、プレシリーズAラウンドで事業会社、ベンチャーキャピタルなどから総額7,800万円の第三者割当増資を実施したと発表した。


 株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区、代表取締役社長:田路圭輔)は、プレシリーズAラウンドで事業会社、ベンチャーキャピタルなどから総額7,800万円の第三者割当増資を実施したと発表した。
 エアロネクストは、ドローン前提社会の到来に向けて、より安全で、様々な産業用途に利用できる次世代ドローンを開発している。エアロネクストが実現を目指すドローン・アーキテクチャの中心テーマは姿勢制御で、コアとなる重心制御技術(4D Gravity™)を強みとした機体をこれまでも発表してきている。
 同社はこれまで「Next VR™」「Next DELIVERY™」「Next INDUSTRY™」の3種類の次世代ドローン(以下、「Next」シリーズ)を発表。斬新な飛行姿勢や挙動により、大きな反響を頂き、Best of Japan Drone Award 2018においては、「ドローン関連テクノロジー」部門、「ベストベンチャー」部門の2部門において最優秀賞を受賞した。
 今後は「Next INDUSTRY™」を活用した橋梁点検をはじめとするあらゆる産業用途で「Next」シリーズの実用化と量産化、「4D Gravity™」搭載機体の普及に向けて、パートナー各社との連携を強化し、今回の調達資金をもとに、独自技術のブラッシュアップを進め、ドローン機体フレームのあるべき姿を追求するとしている。

4D Gravity™搭載の「Next」シリーズ

第三者割当増資の引受先(順不同)

この記事のライター

関連するキーワード


エアロネクスト

関連する投稿


超安定! 「4D Gravity」のエアロネクストが新型機「Next INDUSTRY」を開発 国際ドローン展で公開へ

超安定! 「4D Gravity」のエアロネクストが新型機「Next INDUSTRY」を開発 国際ドローン展で公開へ

 機体の姿勢を安定させる高度な重心制御技術で業界を驚かせた株式会社エアロネクスト(東京)が、インフラ点検や検査測量、警備、農業等に対応する産業用の新型ドローン「Next INDUSTRY」を開発したと発表した。4月18~20日に千葉・幕張で行われる「国際ドローン展」でお披露目する。


エアロネクスト、新技術「4D Gravity™」を搭載した、360°VR撮影ドローンと宅配専用ドローンをジャパン・ドローンで発表

エアロネクスト、新技術「4D Gravity™」を搭載した、360°VR撮影ドローンと宅配専用ドローンをジャパン・ドローンで発表

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区)は、、新技術「4D Gravity™」を搭載した、カメラがブレない360°VR撮影ドローンと荷物を傾けずに運べる宅配専用ドローンを、3月22日から幕張メッセで開催されるジャパン・ドローン2018で発表する。


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。