FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


 水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、運搬に重機などを必要としない可搬型のバッテリー駆動小型ROVとしては世界初の試みとなる深海1,000m域への到達と周辺の生物調査を行うため、 2018年6月4日、 神奈川県・相模湾沖において、 自社開発の水中遠隔無人探査機「TripodFinder」による深海探査を実施した。
 TripodFinderは、サイズ・重量ともにコンパクトに設計された可搬型のバッテリー駆動ROV。 運用に必要なものはROV本体とPC、 そしてその二つをつなぐ通信用のテザーケーブルのみとなっており、 手軽に水中調査を行うことができる実証実験機。

エサとなるサバが取り付けられたTripodFinder。

船上からの運用風景。

PCによるROV操作。

 実験は船上の深度計測器において1,000mを指し示す海域で水中ドローンを投下して開始された。水中ドローンは約30分かけて深海981mに着底。 バッテリー駆動ながら1時間以上に渡り付近の生物調査を行い、 タカアシガニやエゾイバラガニ、 ウナギやクラゲの仲間とみられる生物など、 15種類以上の深海生物を確認することができた。

船上の深度計測器において1,000mを指し示す海域にて水中ドローンを投下、 約30分かけて深海981mに着底。 バッテリー駆動ながら1時間以上に渡り付近の生物調査を行い、 タカアシガニやエゾイバラガニ、 ウナギやクラゲの仲間とみられる生物など、 15種類以上の深海生物を確認することができました。 本調査の模様をまとめた記録動画をアップロードいたしましたので、 ぜひご覧ください。 また、 生物の詳しい情報などを交えた、 動画も当社ウェブサイト上にて順次公開する予定です。

船上の深度計測器による水深は1000mを示した。

2018年6月4日 相模湾深海調査記録。

この記事のライター

関連する投稿


FullDepthが水深300mまで潜行可能な小型水中ドローンのサービス導入説明会開催

FullDepthが水深300mまで潜行可能な小型水中ドローンのサービス導入説明会開催

株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 7月30日(月)・31日(火)に同社開発の水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」のサービス導入説明会を福岡県・北九州市で開催。


FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

オンデマンドUAVサービス「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 『DroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyo』をTOKYO POOL LABO(東京都足立区)で、 6月30日と7月29日の両日開催する。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。


水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

欧米ではクルーザーのオーナーなどを中心に販売を拡大しているPowerVision社の水中ドローンPowerRay。日本でも、釣具を取り扱う販売店やレジャー用ボートのユーザーを中心に、販売が拡大している。その一方で、PowerRayを水中の工事などで活用しようという取り組みもある。その最前線を取材した。(田中亘)


最新の投稿


一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい! 「紅の豚」の隠れ家、シップレックビーチを空撮【ギリシアのザキントス島】

一度は行ってみたい…。ザキントス島と言えば、シップレックビーチと青すぎる海の綺麗な所。紅の豚のマルコ・ロッソの隠れ家として有名。


【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

【慶大×田村市】RCラボの熊谷さん登壇 マイクロドローンとプログラミング体験で目がキラキラ!

 福島県田村市にある県立船引高等学校で開催されているドローン特別講座は7月14日、国内ドローンレースの普及に力を入れている合同会社RCラボ、熊谷昭一さんを講師に迎え、マイクロドローンとプログラミングの面白さを伝える講義を展開した。


日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

日本最南端の島「沖縄 波照間島」ドローン空撮 [4K ]

石垣島からフェリーで1時間20分、日本最南端に位置する沖縄県「波照間島」のドローンを使った4K空撮ムービー。


「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

「ドローンハイウェイ」構想に新たな物流パートナーとして楽天が参画

東京電力ベンチャーズ株式会社(東京都千代田区)と株式会社ゼンリン(福岡県北九州市)が推進する「ドローンハイウェイ」構想に、楽天株式会社(東京都世田谷区)が参画し、ドローン物流の共同検討を開始し、実証実験に成功した。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。