FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


 水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、運搬に重機などを必要としない可搬型のバッテリー駆動小型ROVとしては世界初の試みとなる深海1,000m域への到達と周辺の生物調査を行うため、 2018年6月4日、 神奈川県・相模湾沖において、 自社開発の水中遠隔無人探査機「TripodFinder」による深海探査を実施した。
 TripodFinderは、サイズ・重量ともにコンパクトに設計された可搬型のバッテリー駆動ROV。 運用に必要なものはROV本体とPC、 そしてその二つをつなぐ通信用のテザーケーブルのみとなっており、 手軽に水中調査を行うことができる実証実験機。

エサとなるサバが取り付けられたTripodFinder。

船上からの運用風景。

PCによるROV操作。

 実験は船上の深度計測器において1,000mを指し示す海域で水中ドローンを投下して開始された。水中ドローンは約30分かけて深海981mに着底。 バッテリー駆動ながら1時間以上に渡り付近の生物調査を行い、 タカアシガニやエゾイバラガニ、 ウナギやクラゲの仲間とみられる生物など、 15種類以上の深海生物を確認することができた。

船上の深度計測器において1,000mを指し示す海域にて水中ドローンを投下、 約30分かけて深海981mに着底。 バッテリー駆動ながら1時間以上に渡り付近の生物調査を行い、 タカアシガニやエゾイバラガニ、 ウナギやクラゲの仲間とみられる生物など、 15種類以上の深海生物を確認することができました。 本調査の模様をまとめた記録動画をアップロードいたしましたので、 ぜひご覧ください。 また、 生物の詳しい情報などを交えた、 動画も当社ウェブサイト上にて順次公開する予定です。

船上の深度計測器による水深は1000mを示した。

2018年6月4日 相模湾深海調査記録。

この記事のライター

関連する投稿


5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

5スラスタで深度も角度もロックできる高性能な水中ドローンのGLADIUS mini

CFD販売の開催した水中ドローンのお披露目会で、最大の目玉となった機種が、GLADIUS mini。4K Ultra HDカメラを採用し、±45°のチルトロックや水圧センサーによる水深ロックモードなど、水中の点検や探索に効果的なインテリジェント機能を備える。


中国のテレビ局でも採用している高画質が魅力の水中ドローンFIFISH P3

中国のテレビ局でも採用している高画質が魅力の水中ドローンFIFISH P3

FIFISH P3は、 1インチのSONY製CMOSセンサーにより、4Kで水中の美しい瞬間を捉える。中国では、テレビ局でも水中撮影用の機材として採用する高画質が魅力の水中ドローン。


水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」オープン!

CFD販売株式会社(名古屋市中区)は、 法人向けから個人用途向けまで幅広いラインナップを取り揃えた水中ドローン専門ストア「CFDドローンストア@amazon.co.jp」をオープンした。


CFD販売、水中ドローン勢揃い「CFD販売 水中ドローン 新製品発表会」をアカデミック向けに開催

CFD販売、水中ドローン勢揃い「CFD販売 水中ドローン 新製品発表会」をアカデミック向けに開催

PCパーツの総合サプライヤーであるシー・エフ・デー販売株式会社は、8月24日都内で、メディア・アカデミック向けの水中ドローンの製品発表会を開催する。


FullDepthが水深300mまで潜行可能な小型水中ドローンのサービス導入説明会開催

FullDepthが水深300mまで潜行可能な小型水中ドローンのサービス導入説明会開催

株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 7月30日(月)・31日(火)に同社開発の水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」のサービス導入説明会を福岡県・北九州市で開催。


最新の投稿


BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENは、 9月24日、 Digital Single「シリウス」の配信と同時にミュージックビデオ(MV)を公開しました。ミュージックビデオでは LEDビジョンなどの最新照明やドローンによる空撮を活用し、 生の演出とは思えない美しく神秘的な映像を実現した。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


Drone Fundが新執行体制発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 Drone Fund新共同代表の大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 Drone Fund新共同代表の大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者で、Drone Fundの新共同代表である大前創希氏も登壇する。