日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


学生、社会人の専門家チームが健闘! アイ・ロボティクスも協力

 GoFlyはボーイング社が協賛している人が乗って空を飛ぶ個人用飛行装置の開発コンテストで、賞金総額は200万ドル(約2億2134万円=東京外国為替市場5月21日午後5時のレートで換算)だ。
 参加者は2年間をかけて、誰でも、どこでも、安全に利用できる装置の開発を競いあう。第1フェーズが設計、第2フェーズが試作機、第3フェーズが実機と、3段階で審査される。
 今回発表されたのは、第1フェーズの受賞者。数百の応募作品の中から、業界の専門家で構成する審査委員会が審査を経て、評価の高い10チームを選出した。参加者は95カ国から約3000人だったという。受賞作品はいずれも、垂直離着陸または垂直に近い離着陸の機能を備え、燃料補給や再充電をせずに20マイル(約32キロ)の有人飛行が可能で、各チームはそれぞれの設計に基づき、機体の製作に入っている。
 第2期は試作機で競われる。2019年3月に優れた試作機を作った4チームに、それぞれ5万ドルが贈られる。また最終審査は2019年秋にFinal Fly-Off会場で行われ、そこでグランプリが決まる。
 日本から参加した「teTra」は東京大学大学院博士課程に在籍する中井佑氏がリーダーをつとめる、学生・社会人混成の専門家チーム。昨年末から個人用飛行装置の設計を進めて、第1フェーズでは受賞10強に名を連ねた。
 受賞した機体「teTra3」には詳細は未公表ながら「革新的な機構」が搭載されていて「操作の感覚は直感的で鳥そのものに近い」という。2019年秋の実機のフライトに向けて実証実験などを重ねる予定だ。
 また同社の開発には株式会社アイ・ロボティクス(東京)、東京大学・産学協創推進本部(東京)が全面的に支援した。

GoFlyの第1フェーズで受賞10チームに名を連ねたteTraのメンバー

teTraのロゴ

受賞機体teTra3

第1フェーズの受賞は以下の10チーム。

機体名       チーム名      国

「Blue Sparrow」 Blue Sparrow    米国
「ERA Aviabike」 Aeroxo AC     ラトビア
「Flykart 2」   Trek Aerospace  米国
「Harmony」   Texas A&M University 米国
「HummingBuzz」 Georgia Tech    米国
「Mamba」    Mamba      米国
「Pegasus I」   Scoop       米国
「S1」       Silverwing     オランダ
「teTra 3」    teTra       日本
「Vantage」    Leap        英国

teTraのHP  : https://www.tetra-gofly.com/
Twitter    : @teTra_gofly
GoFlyのHP :http://www.goflyprize.com

GoFlyは2年間にわたり3段階で個人用飛行装置を審査する開発コンテスト

この記事のライター

関連する投稿


オーストラリア発、ボーイング社がクイーンズランド州で複数UAV機の自律飛行に成功

オーストラリア発、ボーイング社がクイーンズランド州で複数UAV機の自律飛行に成功

2018年8月17日、オーストラリア-ブリスベン。ボーイング社は、自社で開発した自律的な制御技術を使用して、セスナ型UAVの試験飛行に成功したと発表した。


アイ・ロボティクスのドローンを活用したプラント向けソリューション

アイ・ロボティクスのドローンを活用したプラント向けソリューション

「ドローンフィールドKAWACHI」を中心に、 プラント向けのドローン・ソリューションの開発を行っているアイ・ロボティクスは、ドローンを利用したプラント向けソリューションの実現で、プラントオペレーションにドローンの導入を検討する企業へのPOC提供やコンサルティングを開始する。


アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクスはドローンによる産業構造の刷新「ドローン・イノベーション」をより身近にするため、「Drone 4 - innovation」のプログラム(通称「D4」)の提供を開始した。


「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催 ~ ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト

「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催 ~ ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト

来たる3月18日、茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクスは「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催する。


ボーイング社が無人空輸カーゴの試作モデルを発表

ボーイング社が無人空輸カーゴの試作モデルを発表

米国シカゴ、1月10日。米国ボーイング社(NYSE:BA)は、VTOL(垂直離着陸)型の無人空輸カーゴのプロトタイプを発表した。500ポンドの積載量を目指して設計されている。


最新の投稿


【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジで12月1,2日に開催 講演、ワークショプ満載!飛ばせます!

【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジで12月1,2日に開催 講演、ワークショプ満載!飛ばせます!

 サッカーの聖地として知られるJ-ヴィレッジは12月1日、2日に、ドローンと多角的に触れあえるイベント、「東日本ドローンサミット in J-ヴィレッジ」を開催する。各分野の第一人者が登壇する「サミット」、撮影技術をプロから学ぶ「空撮講座」などプログラムが満載。「ドローント-クPIT」も出張開催決定!


砂防工事のプロとUAVのプロが石川県で砂防施設でのUAV活用プロジェクトを開始

砂防工事のプロとUAVのプロが石川県で砂防施設でのUAV活用プロジェクトを開始

白山国立公園内の砂防工事などの土木工事においてICT化に取り組んできた竹腰永井建設株式会社(石川県)と、UAVによる調査/点検業務に多数の実績があるアイエイチプランニング株式会社(東京都)が共同で、砂防設備管理にUAVを活用するプロジェクトを開始させた。


ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

2018年11月15日-スイス、チューリッヒ。屋内ドローンのVerity Studios(スイス)は、ドバイ・モールの10周年を祝う式典で、マイクロドローンによるパフォーマンスを披露した。


【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

 ドローン研究に力を入れている慶應義塾大学で、プロドローンレースチーム「DMM RAIDEN RACING」の選手らが教壇に立った。大学院生向けのKPMGコンサルティングによる寄附講座「eSports論」の一環で、最年少の中学生、鈴木匠選手ら3人が、世界を転戦した感想や、世界と日本のレース環境の差について説明した。


静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市(中野 弘道市長)とDJI JAPAN 株式会社(東京都港区 代表取締役:呉 韜)および株式会社アルマダス(代表取締役 吉田 泰行)は、「ド ローンの運用連携に関する協定」を11月22日に締結する。