Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。


クラウドファンディングサイト「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日(日)より開始した。支援受付は7月30日(月)まで。価格は超早割価格で24,800円(税・送料込)〜、一般小売価格は32,800円(税込)を予定している。

【商品詳細URL】https://kibi.co/shiftpack_alpaka

全天候型の超多目的バックパック

 Shift Packには、底面に「ドローン専用ポケット」を備えたバックパック。全天候型で耐水性に優れ、日常の様々なシーンで使え、ドローン(DJI Mavic ProやSpark Droneなど)やカメラ、PCなどの精密機器もしっかり守る容量は約25L〜30Lと収納力も抜群だ。

Mavicもスッポリ入るドローン専用ポケット

 底面のドローン専用ポケットは、内側がゴム素材で湿気に強く、ドローンだけでなくカメラなどの収納などいろいろ応用できそう。また、仕切りをファスナーで開ければ、上部の収納エリアと繋げることが可能。

機能満載の「超多機能」ぶり

 ALPAKAは、ブランドデビュー以来「超多機能」を追求したバッグを生み出し続けている。同社3作品目となるShift Packは、今回も機能が盛りだくさん。

●ロールトップで容量も変幻自在

Shift packは、バッグの上部を巻いて閉めるロールトップタイプ。デザイン性だけでなく、収納量に合わせてバッグのサイズをチェンジすることが可能。

●収納エリアは全部で3つ/中身が取り出しやすい構造

バッグは「メイン収納」「ドローン専用ポケット(底面)」「PCポケット(背面)」の大きく3つのエリアに分かれる。すべてがファスナーでつながり、中のものが取り出しやすい構造で、さらに、それぞれのエリアには複数の仕切りや収納ポケットがあり、鍵やスマートフォンなど細かいものも収納しやすくなっている。

●夏でも蒸れにくい!背面立体メッシュ構造

背面は背中に全面がくっつかない立体メッシュ構造で、夏でも蒸れにくい工夫がされています。

●旅行や出張に便利な機能やポケット

背面にはパスポートや現金を入れる隠しポケット、キャリーケースのハンドルに通すスリーブを付属。ノートパソコンも安心なクッションはもちろん、ショルダーストラップ付属のホルダーやポケットで、細々したものをまとめることができます。機内持ち込みサイズで、旅行や出張にもおすすめです。

製品仕様

・カラー:ジェットブラック、カーボングレー、インディゴブルー(3色展開)
・素材(外側)
└ ジェットブラック:バリスティックナイロン
└ その他色:フォックスウール
└ 底面ポケット:衝撃に強いナイロン(・クッション入り)
・素材(内側):リップストップナイロン(210D)
・防水加工:ゴム加工(外側)、3Xポリウレタン加工(内側)
・サイズ(高さ):全体42cm〜59cm、底面ポケット12cm、メイン収納(上部)30cm〜47cm
・サイズ:幅28cm、奥行き17cm
・内容量:約25L〜30L
・重量:約1.8kg

価格
・Kibidango特別価格(超早割):24,800円(税・送料込)【30個限定】
・Kibidango特別価格(早割):25,800円(税・送料込)【30個限定】
・Kibidango特別価格 :27,800円(税・送料込)
・一般販売予定価格:32,800円(税込)

お届け時期
2018年11月より順次お届け予定です。

この記事のライター

関連するキーワード


バックパック ALPAKA

関連する投稿


ロープロがドローンの持ち運びに便利なバックパックを6種類追加発売!

ロープロがドローンの持ち運びに便利なバックパックを6種類追加発売!

プロ向けのカメラバックで人気のブランド「ロープロ」が、ドローンの持ち運びや保管に便利なバックパック6種類を追加発表! ここでは1点ずつ、紹介していきます。


ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ロープロ、レース用ドローン向けバックパックなど「クアッドガード」4タイプ

ハクバ写真産業は、Lowepro製のドローンバッグ「クアッドガードシリーズ」より、「クアッドガード BP シリーズ(X1/X2)」「クアッドガード キット」「クアッドガード TXケース」「クアッドガード TXラップ」を発売した。


このまま飛べる? ドローン専用バッグパックで気分上昇! シンクタンクフォトが開発「FPV セッションバックパック」

このまま飛べる? ドローン専用バッグパックで気分上昇! シンクタンクフォトが開発「FPV セッションバックパック」

FPVレースの際に必要な機材を快適に持ち運べるシンクタンクフォトが開発した「FPV セッションバックパック」が登場しました。


最新の投稿


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENは、 9月24日、 Digital Single「シリウス」の配信と同時にミュージックビデオ(MV)を公開しました。ミュージックビデオでは LEDビジョンなどの最新照明やドローンによる空撮を活用し、 生の演出とは思えない美しく神秘的な映像を実現した。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


Drone Fundが新執行体制発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。