【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)を拠点に活動しているドローン研究の「ドロゼミ」メンバーが、人口集中地区での空撮依頼に対応することを想定し、いわゆる包括申請をするなど、実践的な取り組む。身に着けた知識、技量を社会で生かす力も育み、即戦力となるための準備に入った。


7月に公共施設の空撮を受ける想定で手続きと技能向上

 ドロゼミは、慶大SFCキャンパスの学生を中心とした学生が集まる自主活動。「ゼミ」と名が付いているが、卒業要件である単位にはならず、好奇心や探求心、向上心が旺盛な学生がドローン研究に取り組んでいる。慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が指導している。
 機体の機構、飛行の理屈などの基礎知識を身に着けるところからはじまり、トイドローンや空撮機などの操作に慣れ、実際の現場でドローンを活用している第一人者の指導を受けるなどの取り組みを進めてきた。
 こうした蓄積を背景に、5月19日には、神奈川県藤沢市内で行われた農家レストラン開業イベントの依頼を受けて、学生代表者が空撮を実施。国家戦略特区構想がらみの施設だったことから、イベントには農水相、県知事、地元出身国会議員、金融機関トップほか関係者が大勢詰めかける大がかりな催事を、ドロゼミ指導陣が見守る中、スムーズにミッションをこなした。など
 これを受けて、ドロゼミでは、より実践的にドローンを活用するための取り組みを盛り込む段階に入ることになり、ドローンで撮影をするさいに、地元関係者への申請手続きの方法や、その申請が円滑に進むための、包括申請を取得することになった。
 6月13日(水)に開催されたドロゼミでは、7月18日に依頼を受けて公共施設で空撮をする状況を想定。依頼を受けるための体制づくりのため、包括申請に必要な10時間以上の飛行経験を達成する期限などを決めた。今後、ドロゼミ所属する学生は今後、知識、技量を身に着けながら、より実践的に活動するための即戦力も身につける。
 この日のドロゼミではこのほか、論文の読み解き作業や、室内でドローンの飛行訓練も実施した。

ドロゼミの活動風景。ドローン社会共創コソーシアムの南政樹副代表が黒板に節目となる日時とそのときまでにすべきことをリストアップし、ドローンの活用要請に応える準備に入った

大学の〝ゼミ〟らしく、あらかじめ準備された論文を学生同士で相互解説。南副代表からの質問が最大の難所か?

この記事のライター

関連するキーワード


慶大 ドロゼミ

関連する投稿


イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

株式会社DroneFutureAviationは、独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」のデモンストレーションを慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで9月5日に行った。


【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

 「平成30年度福島県総合防災訓練」が9月2日、福島県田村市の田村市運動公園で開かれ、慶大の指導を受けた地元の福島県立船引高校のドローンチームが、土砂災害の捜索と、体験会でドローンの腕前を披露し、大会関係者や消防関係者から感心の声が上がった。


【慶大×田村市】実った、実った! ホップ収穫祭開催 つまんで浮かべて味わって

【慶大×田村市】実った、実った! ホップ収穫祭開催 つまんで浮かべて味わって

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市で8月5日、ビール主原料であるホップの収穫体験が行われた。ホップはドローンの有効活用を検討している作物で、ホップに魅了された人たちが、品質向上や労力軽減に道を開くドローン導入を後押ししそうだ。


【慶大×田村市】ビール主原料、ホップの畑をInspire2などがフライト! 「たむらモデル」の次の一手

【慶大×田村市】ビール主原料、ホップの畑をInspire2などがフライト! 「たむらモデル」の次の一手

 福島県田村市のホップ畑に、ドローンが飛んでいる。飛ばしているのは田村市と包括連携協定を結んでいる慶應義塾大学の南政樹さんのチームだ。ビールの主原料であるホップの高い品質の確保、農家の労力軽減、生産コスト削減にドローンを役立てるため、実践投入を見据えて飛行を繰り返している。「たむらモデル」の次の一手は、農業だ。


【慶大×田村市】船引高生が学校を自在に撮影 特別講座は次回から次のステージへ

【慶大×田村市】船引高生が学校を自在に撮影 特別講座は次回から次のステージへ

 福島県立船引高校(福島県田村市)で7月21日に開かれた特別講座で、高校生たちはドローンでの撮影の動きを学んだ。その後、学んだ技法を活用してPhantom4で学校を自由に空撮。講座の最後には“作品”を披露、論評しあった。次回かはら次のフェーズに入る。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。