重貨物向け産業用“SKYFドローン”を量産へ ロシアのARDN Technology社

重貨物向け産業用“SKYFドローン”を量産へ ロシアのARDN Technology社

ロシアのARDN Technology社(ロシア カザン)は、重貨物向け産業用「SKYFドローン」の小規模な量産を開始するため、生産拠点を3倍に拡張にし、2020年までに欧州でのドローンの量産を目指す。


2020年までに欧州でのドローンの量産

 ロシアのARDN Technology社(ロシア カザン)は、重貨物向け産業用「SKYFドローン」の小規模な量産を開始するため、生産拠点を3倍に拡張した。この体制で生産される最初のSKYFドローンは、すでに契約済みの顧客の運搬をふくむテスト運航に使用され、テスト結果は開発チームで検討され、2020年までに欧州でのドローンの量産体制の確立を目指すとしている。

 ARDN Technology及びSKYFchain CEOアレクサンドル・ティモフェエフ氏は「「私たちはカザンの生産拠点を拡張し、現在は月に3~4機のドローンを生産可能となった。初期のドローンは、様々な分野、例えばドローン運航におけるデータ収集及び処理、貨物運搬、消火作業などでテスト運航される」と話す。
 また「テスト運航の第一段階としては、関連する条件や課題を見分けることが必要となり、完全なドローンの設計、開発が加速される。既に開発・デザインオフィスは拡張され、人員も増やす予定。今回の生産拠点拡張により1,000立方メートルの広さのユニークなテストセンターを開設した」とし、将来的に必要になると想定されるオペレーション用の練習スタンドも設置したという。

 さらに今年からはSKYFchainという世界初のBtoR(Business to Robots)ドローンオペレーティングプラットフォームの開発を進め、ブロックチェーンに基づくスマートコントラクトを活用することでドローン管理者、クライアント、保険会社などの金融機関、規制当局などの市場参加者間における利用契約、許認可手続きの自動締結、自動実行を実現する。今年4月には日本の航空宇宙防衛コンサルタンティングファーム CARCIEL社(東京)と共同開発契約を締結した。

SKYFドローンの特徴

 SKYFドローンは"ハルク"とも呼ばれる重貨物向けに特化した産業用ドローンで、最大400kgの貨物運搬、最長350kmの運航が可能。農薬分野では世界最大手のSyngenta社やロシア郵便事業などをクライアントとし、すでに一部テストフライトを成功させている。
 タスク、気候、規制それぞれに合わせたドローンのモディフィケーションが容易にできるユニバーサルデザイン。リフトアップローターとステアリングローターの機能が分離することで、ドローンを浮上させるためにガソリンエンジンのエネルギーを直接利用するというハイブリッド機構を採用している。現在マーケットにはSKYFドローンの競合プロダクトは存在しない。

SKYFchain概要

所在地 :リトアニア

代表者 :アレクサンドル・ティモフェエフ

事業内容:ドローン及びオペレーションプラットフォームの開発、設計

本件に関するお問い合わせ先

担当: アレクサンドル・ティモフェエフ

MAIL: timofeef@skyf.io (日本語、英語可)

この記事のライター

関連する投稿


産業用重貨物ドローンのSKYFchain、CARCIEL Inc.が 共同開発契約を締結

産業用重貨物ドローンのSKYFchain、CARCIEL Inc.が 共同開発契約を締結

初の自律貨物車であるSKYFドローンを開発するSKYFchain(エストニア)は、航空宇宙防衛コンサルティングファーム のCARCIEL Inc.(日本)と共同開発契約を締結した。両社は、共同で高層ビルの建設及び消防におけるSKYFドローンアプリケーションの開発に取り組む。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。