重貨物向け産業用“SKYFドローン”を量産へ ロシアのARDN Technology社

重貨物向け産業用“SKYFドローン”を量産へ ロシアのARDN Technology社

ロシアのARDN Technology社(ロシア カザン)は、重貨物向け産業用「SKYFドローン」の小規模な量産を開始するため、生産拠点を3倍に拡張にし、2020年までに欧州でのドローンの量産を目指す。


2020年までに欧州でのドローンの量産

 ロシアのARDN Technology社(ロシア カザン)は、重貨物向け産業用「SKYFドローン」の小規模な量産を開始するため、生産拠点を3倍に拡張した。この体制で生産される最初のSKYFドローンは、すでに契約済みの顧客の運搬をふくむテスト運航に使用され、テスト結果は開発チームで検討され、2020年までに欧州でのドローンの量産体制の確立を目指すとしている。

 ARDN Technology及びSKYFchain CEOアレクサンドル・ティモフェエフ氏は「「私たちはカザンの生産拠点を拡張し、現在は月に3~4機のドローンを生産可能となった。初期のドローンは、様々な分野、例えばドローン運航におけるデータ収集及び処理、貨物運搬、消火作業などでテスト運航される」と話す。
 また「テスト運航の第一段階としては、関連する条件や課題を見分けることが必要となり、完全なドローンの設計、開発が加速される。既に開発・デザインオフィスは拡張され、人員も増やす予定。今回の生産拠点拡張により1,000立方メートルの広さのユニークなテストセンターを開設した」とし、将来的に必要になると想定されるオペレーション用の練習スタンドも設置したという。

 さらに今年からはSKYFchainという世界初のBtoR(Business to Robots)ドローンオペレーティングプラットフォームの開発を進め、ブロックチェーンに基づくスマートコントラクトを活用することでドローン管理者、クライアント、保険会社などの金融機関、規制当局などの市場参加者間における利用契約、許認可手続きの自動締結、自動実行を実現する。今年4月には日本の航空宇宙防衛コンサルタンティングファーム CARCIEL社(東京)と共同開発契約を締結した。

SKYFドローンの特徴

 SKYFドローンは"ハルク"とも呼ばれる重貨物向けに特化した産業用ドローンで、最大400kgの貨物運搬、最長350kmの運航が可能。農薬分野では世界最大手のSyngenta社やロシア郵便事業などをクライアントとし、すでに一部テストフライトを成功させている。
 タスク、気候、規制それぞれに合わせたドローンのモディフィケーションが容易にできるユニバーサルデザイン。リフトアップローターとステアリングローターの機能が分離することで、ドローンを浮上させるためにガソリンエンジンのエネルギーを直接利用するというハイブリッド機構を採用している。現在マーケットにはSKYFドローンの競合プロダクトは存在しない。

SKYFchain概要

所在地 :リトアニア

代表者 :アレクサンドル・ティモフェエフ

事業内容:ドローン及びオペレーションプラットフォームの開発、設計

本件に関するお問い合わせ先

担当: アレクサンドル・ティモフェエフ

MAIL: timofeef@skyf.io (日本語、英語可)

この記事のライター

最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。