ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命救助に役立った。DJIは、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと発表した。


 ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命を救った。これによって、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと、DJIは発表した。

 英国のデヴォン・コーンウォール警察とドーセット警察署は、エクスマウスの断崖で、ほぼ意識不明になっている遭難者を赤外線サーマルカメラ搭載のドローンで発見することができた。この両警察による捜索活動の模様は、Twitterの投稿画像で確認できる。
 また米国、インディアナポリスのインディアナ消防署は、沼で溺れかけていた逃走中の容疑者にドローンから救命胴囲を投下し、救助した。ウェイン・タウンシップ消防署も救助活動の模様をTwitterに画像を投稿している。
 3件目は米国、テキサス州のヒルカウンティーの公共安全機関によるもので、増水した川に取り残された母親とその15歳の娘にドローンから救命胴衣を投下し、無事救助した。このニュースは、地元メディアがニュース動画で伝えている。

 わずか1日の間に、ドローンを活用した人命救助活動が3件も確認されたのは今回が初めて。これ以外に今年だけでも、2月25日には、イギリスのリンカンシャー州で、警察が側溝に倒れていた意識不明の男性を、暗闇の中赤外線カメラ搭載ドローンで救出したニュースや、ブラジルのサンパウロで、ボートから落ちて溺れていたカイトサーファーに、ドローンがブイを投下して救出したニュースが記憶に新しい。
 警察や消防だけでなく、ドローンを持っている一般ユーザーも、事故や事件現場に居合わせた際に、自分のドローンを使って要救助者を発見したり、溺れている人や、森や側溝、山岳地帯で遭難している人を捜索することも可能だ。ドローンは、地上や水上での捜索活動と比べて、捜索範囲をかなり拡大することができ、煙や霧の中、暗闇や森林地帯であっても、赤外線サーマルカメラで要救助者を発見できる。また、公共安全機関がドローンを採用することで、危険を伴う場所での捜索活動をドローンが隊員に代わって行うため、二次災害の危険性を抑えることもできる。
 DJIは、ドローンが捜索救援活動に貢献でき、ドローンの広域利用が社会の安全にどのように寄与するかをまとめるため、新聞やTV、SNSで報じられたドローンレスキューのニュースを記録しているという。同社では、これまでに行われたドローンを活用した救助活動のニュースや映像をアーカイブし、報告するために、ドローンを活用した人命救助を行った公共安全機関で、報道されていないケースがあれば同社まで連絡して欲しいとしている。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 人命救助

関連する投稿


エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)とDJI JAPANは、女子旅コミュニティ「タビジョ」にむけ、ドローンを活用した空撮や、縦型動画に対応可能な次世代型トラベラー育成プログラムを組み、旅の魅力を伝える新たなシェア方法を実現する。


DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

2018年8月6日 、中国、深セン。民間用ドローンの世界的リーダーのDJIは、LINE FRIENDSとのブランド提携を発表した。


ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

DJI正規代理店・PGY日本総代理店である株式会社セキドは、ドローンで物が簡単に運べるPGY社製のDJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始した。


スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

 IT サービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、スマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」に、DJI が技術提供するRyze Tech 社製のTelloも対応機種として追加すると発表した。2018 年8 ⽉6 ⽇から配信する予定。


DJIが米国で商用向けの新たな無償修理サービスの提供を発表

DJIが米国で商用向けの新たな無償修理サービスの提供を発表

2018年7月26日、米国ニューヨーク。米国DJIは、エンタープライズシールドという新しい商用向けのドローン保守サービスの計画を発表した。


最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。