米国AT&Tが全天候型ドローンCOWの最新機を公開

米国AT&Tが全天候型ドローンCOWの最新機を公開

ワシントン州レドモンド、通信事業者のAT&T(米国)は、全天候型ドローンCOW(Cell on Wings)の最新モデルを公開した。新型COWは、大雨や暴風に猛暑や雪でも飛行できる高度な耐久性を備え、LTEアンテナによる中継基地局として機能する。


極端な気象条件で堅牢な飛行を実現

新型COWはマルチコプター型ドローンで8枚のプロペラで飛行する

 AT&TのNetwork Disaster Recovery(NDR:ネットワーク障害復旧)チームは、新型の全天候フライングCOW(Cell on Wings:通信機能を備えたドローン)を5月末にニュージャージー州ベッドミンスターで最初の試験飛行を実施した。同社では、以前からLTEアンテナを備えて有線給電による長時間の飛行を可能にしたCOWを開発し、2017年9月にはハリケーンの被害を受けたプエルトリコで、一時的な通信の回復を成功させている。
https://www.dronetimes.jp/articles/2167

暴風雨から氷点下に猛暑まで極限の環境でも飛行を目指す全天候型ドローン

 初代のCOWは、ヘリコプター型の機体だったが、新型COWは8つのプロペラを装備したマルチコプター型になる。先端が二股に分かれた4本のアームの先に8つのプロペラを装備して、高いペイロードを実現している。新型COWは、「The Extreme-Weather Drone」と呼ばれ、過酷な気象条件での飛行を前提に開発された。公開された情報によれば、機体は熱帯低気圧による暴風雨に耐え、氷点下から猛暑でも飛行を可能にする。また、複数のセンサーを備え、森林火災の上空でも煙や樹木などの障害物を検知して飛行する能力も備える。さらに、熱センサーによる火災などの状況を把握して、地上の消防隊員に情報を伝えられる。熱センサーは、火災の発見だけではなく、倒壊した建物に閉じ込められている人々や、森林や山岳での遭難者の発見などにも活用できる。AT&Tでは、ハリケーンの季節に備えて新型COWドローンの配備を計画している。

この記事のライター

関連するキーワード


AT&T COW 全天候型ドローン

関連する投稿


米国AT&Tがハリケーン被災地で通信復旧にLTEドローンを飛ばす

米国AT&Tがハリケーン被災地で通信復旧にLTEドローンを飛ばす

米国の通信会社のAT&Tは、9月の後半にハリケーン・マリアの被害にあったプエルトリコで、LTE通信を装備したCOW(Cell on Wings)ドローンを飛ばして、モバイル通信の復旧に取り組んでいる。


クアルコム(Qualcomm)がAT&T社とセルラーネットワークを利用したドローンの実証実験を発表

クアルコム(Qualcomm)がAT&T社とセルラーネットワークを利用したドローンの実証実験を発表

 クアルコムはAT&T社と商用のLTEネットワークを利用したドローンの飛行テストを行うと発表した。実験では、ドローンがLTE及び5Gを含む将来のネットワーク上で安全に動作するかを分析する。


通信回線を確保するため、花火・夏フェス会場にドローンを飛ばす!

通信回線を確保するため、花火・夏フェス会場にドローンを飛ばす!

つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通信会社のAT&T社は、イベント会場に通信回線を確保するために、ドローンを飛ばそうと計画中。というのも、こんな問題が過去に起きていたんです。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。