創刊記念 ドローンタイムズ セミナー 「ドローンから始まる日本の空の産業革命」 (8)

創刊記念 ドローンタイムズ セミナー 「ドローンから始まる日本の空の産業革命」 (8)

ドローンタイムズ創刊記念セミナーでは、最後にトークセッションを開催した。ブルーイノベーション株式会社 代表取締役社長 熊田 貴之 氏がモデレータとなり、ドローンベンチャーを取り巻く現状や課題などがディスカッションされた。(田中亘)


ドローンベンチャーが日本で成功するためには

トークセッションの冒頭で、トーマツ ベンチャーサポート株式会社 アドバイザリーサービス事業部 ロボット・ドローンインダストリーリーダー 瀬川 友史 氏が、ロボットを取り巻く課題について指摘する。
「ドローンもロボットの一種です。そう捉えると、ロボットと同様な4つの課題が浮かび上がります。一つは、技術開発が優先してしまい、事業として成り立たないロボットを作ってしまうケースです。ふたつ目は、新しいシステムを導入しても、マネジメントが変えられずに、現場で活用できない問題です。そして三つ目が、法規制やルール作りの重要性です。最後の課題が、最初の一歩を踏み出す難しさです。この分野では、やはり大企業よりもベンチャー企業の方が、スピード感が速いので、最初の一歩はベンチャーになると思います」
続いて、野村リサーチ・アンド・アドバイザリー株式会社 調査部 調査二課 研究員 川﨑 雅大 氏が、ドローンベンチャーを取り巻くファイナンス環境の日米の違いについて触れる。
「アメリカでは、2014年に200億円を越える資金をドローンベンチャーが調達しています。2015年には3ヶ月で220億円が調達されるほど、投資が盛んになっています。その投資先には、ドローンの機体を作るメーカーだけではなく、フライトコントローラーやドローンのための地図アプリなど、IT関連のベンチャー企業も含まれています」
両名の発言を受けて、熊田氏は日本が世界のドローン市場で戦っていくためには、どのような方法があるのか質問した。
「日本には、少子高齢化やインフラの老朽化など特有の社会課題があります。そうした課題を解決するためのドローンとサービスの事業は、国内だけではなく、将来同様な社会構造をむかえる海外に向けても、ビジネスとして輸出できる可能性があります」と瀬川氏は分析する。
一方の川崎氏は「まだドローンの世界は黎明期で、これから資金を集めなければならない状況でしょう。そこで、エンジェル投資家やクラウドファンディングなどから調達するためには、ドローン産業にどれだけ大きな夢を描けるかが重要です。また、ベンチャーキャピタルやプライベートエクイティファンドなどから調達する場合には、自社の成長の可能性をいかに投資家に伝えられるかが大切です」と資金調達の道筋について話す。
そして、ビジネスが軌道に乗り、株式上場後に公募増資が得られるようになったときに、「ドローンベンチャーが真の成功を示せる」と、川崎氏は締めくくった。

ブルーイノベーション株式会社 代表取締役社長 熊田 貴之 氏

野村リサーチ・アンド・アドバイザリー株式会社 調査部 調査二課 研究員 川﨑 雅大 氏

トーマツ ベンチャーサポート株式会社 アドバイザリーサービス事業部 ロボット・ドローンインダストリーリーダー 瀬川 友史 氏

この記事のライター

関連する投稿


ブルーイノベーション 、屋内点検ドローン「ELIOS」が福島県ロボットテストフィールド試験用プラント」初の公開実験実施

ブルーイノベーション 、屋内点検ドローン「ELIOS」が福島県ロボットテストフィールド試験用プラント」初の公開実験実施

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、福島県ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)の試験施設のひとつ「試験用プラント」の最上階に設置した煙突を使い、屋内設備点検ドローン「 ELIOS 」の実証試験を3月14日、報道陣に公開した。同プラント内でドローンの飛行実験を公開するのは初めて。


【Japan Drone 2019】ブルーイノベーションの展示コーナーに登場した革新的なドローン

【Japan Drone 2019】ブルーイノベーションの展示コーナーに登場した革新的なドローン

産業用ドローンやソリューションを展開するブルーイノベーション(東京都)の展示コーナーに、AEROPROBING Inc.(台湾)の革新的なドローンのコンセプトモデルが展示されていた。


ブルーイノベーションとFlyability、無線送信拡張ユニット「RANGE EXTENDER」を発売

ブルーイノベーションとFlyability、無線送信拡張ユニット「RANGE EXTENDER」を発売

ブルーイノベーション(東京都文京区)とFlyability社(スイス)は、地下トンネルなどの電波の通りにくい場所でも無線通信を拡張できる電波拡張ユニット「RANGE EXTENDER」の発売と、ドローンの販売・サービス・開発に関する「BIパートナー制度」を開始すると発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


ブルーイノベーションが、 UKCホールディングス、日本郵政キャピタルと資本提携 ドローンポートシステム開発促進

ブルーイノベーションが、 UKCホールディングス、日本郵政キャピタルと資本提携 ドローンポートシステム開発促進

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会 社UKCホールディングス(東京都品川区)、日本郵政キャピタル株式会社 (東京都千代田区)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達を行ったと発表した。


最新の投稿


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。