ドローン空撮ワンテイク! リベリアの食料品のCM

ドローン空撮ワンテイク! リベリアの食料品のCM

米国サンフランシスコの食品イノベータのハンプトン・クリーク社(CEO:ジョシュ・テトリック)は、西アフリカのリベリアで撮影したCMを公開した。空撮映像から市街地の路地裏にカメラが移動する印象的なシーンが展開されている。(田中亘)


リベリアの食料事情を改善するJust Power Gariの取り組みを紹介するCM

ハンプトン・クリーク社のCM撮影の様子

 食の安全を追求して、マメ科の植物から卵のような味覚のJust Eggや、エンドウ豆からマヨネーズのようなJust Mayoなどの食材を開発し販売しているハンプトン・クリーク社は、2年前から西アフリカのリベリアで、健康的な食料を提供するための取り組みを続けてきた。そして、オートミールのようにお湯で溶いて食べるJust Power Gariという食材の提供を開始した。サイトの情報によれば、まだ650名の子供や妊婦に提供している規模だが、2018年以内には百万食を超える量の流通を目指している。
 そのJust Power Gariの認知度を高めるために、同社はドローンを活用したCMを製作した。撮影には、オクタコプターのFREEFLY ALTA8が採用され、リベリアの市街地を空撮する映像が冒頭に映し出される。やがてドローンが降下すると、カメラはそのまま路地裏を移動してJust Power Gariを食べる女性を捉える。メイキングに関する情報によれば、ドローンは高度200フィート(約60m)から市街地を空撮し、そのまま路地裏まで下降すると撮影クルーがカメラを手に取って撮影を続けたという。
 同社のジョシュ・テトリックCEOは「私たちの目標は、そこに暮らす人生のスナップショットを撮り、美味しく栄養価が高く、手頃な価格で調達された食品の生産が、多くの人々の生活に大きな影響を及ぼすことを示すことでした。撮影場所の挑戦的な状況を考えれば、ドローンを利用することは、我々の意思を伝える効果的な唯一の方法でした」と語る。

この記事のライター

最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。