ドローン空撮ワンテイク! リベリアの食料品のCM

ドローン空撮ワンテイク! リベリアの食料品のCM

米国サンフランシスコの食品イノベータのハンプトン・クリーク社(CEO:ジョシュ・テトリック)は、西アフリカのリベリアで撮影したCMを公開した。空撮映像から市街地の路地裏にカメラが移動する印象的なシーンが展開されている。(田中亘)


リベリアの食料事情を改善するJust Power Gariの取り組みを紹介するCM

ハンプトン・クリーク社のCM撮影の様子

 食の安全を追求して、マメ科の植物から卵のような味覚のJust Eggや、エンドウ豆からマヨネーズのようなJust Mayoなどの食材を開発し販売しているハンプトン・クリーク社は、2年前から西アフリカのリベリアで、健康的な食料を提供するための取り組みを続けてきた。そして、オートミールのようにお湯で溶いて食べるJust Power Gariという食材の提供を開始した。サイトの情報によれば、まだ650名の子供や妊婦に提供している規模だが、2018年以内には百万食を超える量の流通を目指している。
 そのJust Power Gariの認知度を高めるために、同社はドローンを活用したCMを製作した。撮影には、オクタコプターのFREEFLY ALTA8が採用され、リベリアの市街地を空撮する映像が冒頭に映し出される。やがてドローンが降下すると、カメラはそのまま路地裏を移動してJust Power Gariを食べる女性を捉える。メイキングに関する情報によれば、ドローンは高度200フィート(約60m)から市街地を空撮し、そのまま路地裏まで下降すると撮影クルーがカメラを手に取って撮影を続けたという。
 同社のジョシュ・テトリックCEOは「私たちの目標は、そこに暮らす人生のスナップショットを撮り、美味しく栄養価が高く、手頃な価格で調達された食品の生産が、多くの人々の生活に大きな影響を及ぼすことを示すことでした。撮影場所の挑戦的な状況を考えれば、ドローンを利用することは、我々の意思を伝える効果的な唯一の方法でした」と語る。

この記事のライター

最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。