EDACによる講演録「地方自治体のドローン活用事例とその未来像」を資料無料配布

EDACによる講演録「地方自治体のドローン活用事例とその未来像」を資料無料配布

一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)は、昨年12月に東京・秋葉原で開催したシンポジウム「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」をまとめた講演録の無料資料請求受付を開始した。


一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)は、昨年12月に東京・秋葉原で開催したシンポジウム「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」をまとめた講演録の無料資料請求受付を開始した。
 この講演録は、自治体におけるドローン活用について、各地の事例紹介をはじめ、今後の展望や未来像についてまとめたもの。ドローン機体メーカー・ドローン関連サービスや地方自治体におけるドローン活用を行っている23の事業者の講演が収録されている。


<無料資料請求受付> 講演録】地方自治体のドローン活用事例とその未来像について
https://www.edac.jp/symposium/

会場の様子

詳細は、下記サイトを参照。
https://www.edac.jp/symposium/
理事長・最高現場責任者 CGO 稲田 悠樹

〇本件についての問合せ
問合せはEDAC事務局まで。
EDAC事務局 | 電話 : 03-5413-7398 / メール: info@edac.jp

【団体概要】
団体名: 一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(略称EDAC)
所在地: 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ205号
代表者: 理事長・最高現場責任者 CGO 稲田 悠樹
電話 : 03-5413-7398
メール: info@edac.jp
URL : https://www.edac.jp/

この記事のライター

関連する投稿


EDACが「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」シンポジウム開催 12月1日

EDACが「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」シンポジウム開催 12月1日

大規模災害の現場でドローン等のIoT機器の利活用を促進し救える命を救うため、各種実証実験を行っている一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)が「自治体におけるドローン活用について、各地の事例紹介、および今後の展望や未来像について」と題したシンポジウムを12月1日に開催する。


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


佐賀県が県内企業とドローンを活用した災害訓練を、24日開催へ

佐賀県が県内企業とドローンを活用した災害訓練を、24日開催へ

 佐賀県は先進技術を活用した救命救急を推進するEDAC(救急医療・災害対応無人機等自動支援システム協議会)監修のもと、災害関連協定を結んでいる県内企業とともにドローンを活用した災害対策訓練を、24日に開催する。悪天候などによる予備日は23日。


先進技術を救急救命の現場に活用する EDACの取り組みと成果

先進技術を救急救命の現場に活用する EDACの取り組みと成果

ドローンなど先進技術を活用した救急救命の実証実験に取り組む「救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(略称:EDAC)」は、東京都内でシンポジウムを開き、1月23日に九州大学伊都キャンパス(福岡)で行われた実証実験の成果などを発表した。


救急ドローンを用いた中山間部での傷病者早期発見の実証実験にTelepathy Walkerが活躍

救急ドローンを用いた中山間部での傷病者早期発見の実証実験にTelepathy Walkerが活躍

一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会による公開実証実験


最新の投稿


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。


ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

 ITサービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、iOS向けスマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」で、音楽に合わせてドローンを操縦したり、プレイ中に録画、保存した動画を投稿できたりする「スマホコントローラー」の無料配信を始めたと発表した。割安になるキャンペーンも同時にスタートした。


DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arenaを運営する株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、一周年を記念して関係者を集めたパーティーを開催した。ドローンタイムズからは、村山副編集長が出席して、ライトニングトークを披露した。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww