国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

株式会社国際資源リサイクルセンター(栃木県)は、宇都宮の護国会館で「ドローン+ロボットスーツ活用セミナー」を開催した。会場では屋外でのデモ飛行や、ドローンの活用例から実際の導入費用など具体的なテーマでセミナーが行われた。(田中亘)


ミッションプランナーを使ったデモ飛行を実演

株式会社国際資源リサイクルセンターの千田谷直光代表取締役

 株式会社国際資源リサイクルセンターの千田谷直光代表取締役は、セミナーの開催にあたり「大きな可能性を秘めたドローンをぜひ活用してもらいたい。実際に御覧いただいて、体験いただいて、この機能がどういうものかを知っていただくのが、セミナーの目的です」と話す。会場には、地元の建設業や農林業に携わる人たちが訪れ、ドローンやロボットスーツの活用に関するセミナーを熱心に聴講した。そして、セミナー会場となった護国会館の屋外に用意された特設コーナーで、ミッションプランナーを使ったデモ飛行が実演された。ミッションプランナーは、オープンソース系フライトコントローラに対応した自動飛行システム。実演に先立ち、簡単な機能や仕組みが紹介された後、あらかじめプログラムされた飛行ルートにしたがって、イームズロボティクス製のドローンがデモ飛行を行った。
 デモ飛行のあと、建設関連と農業関連に分かれたセミナーが開催された。建設関連では、株式会社日立システムズが「ドローン運用統合管理サービス」について紹介し、i-constructionにはどのように対応するのか、利用から構造物管理業務までの効果的な活用方法を紹介した。同社のドローン・ロボティクス事業推進プロジェクトの宮河英充部長代理は、ドローンを活用すると測量の出来高管理が、従来の1/50の工数になり、レーザー測量とドローンを組み合せることで、より制度の高い測量が可能になると説明した。また、i-constructionだけではなく、インフラや施設点検などにドローンを活用している事例も紹介した。そして宮河氏は「日立システムズは全国の約300拠点で、お客様をサポートします」と締めくくった。日立システムズに続いて、国際資源リサイクルセンターの担当者が、i-Construcstionのために必要なドローンと機材、そして価格について講演した。
 農業関連では、国際資源リサイクルセンターが「ドローンで何ができるのか」というテーマで、農林業におけるドローン活用から実際の導入費用まで講演した。その内容は、農業分野でのドローンの活用例の紹介を中心に、農薬散布から人工受粉に生育調査などの精密農業に森林調査まで、幅広い用途が報告された。講演の最後には、目的ごとに必要なドローンや機材と価格が紹介された。
 セミナーの閉会後には、個別の相談会が設けられ、参加した建設および農林関係者が、熱心にドローンの導入について質問していた。

屋外で行われたオートパイロットによるデモ飛行の様子

日立システムズのドローン・ロボティクス事業推進プロジェクトの宮河英充部長代理

セミナーには多数が詰めかけた。

この記事のライター

関連する投稿


茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。


AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)、株式会社日立ソリューションズ(取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、AIを活用したインフラ点検を拡充した。


日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)と、航空測量大手の株式会社パスコ(代表取締役社長:島村 秀樹、本社:東京都目黒区/以下、パスコ)は協業し、ドローンによる 3 次元測量 (*1) を支援するサービスを 9 月から提供する。


【ジャパンドローン2018】ドローン検査を充実させる日立システムズ

【ジャパンドローン2018】ドローン検査を充実させる日立システムズ

幕張メッセで開催されたジャパンドローン2018に出展した日立システムズは、企業向けドローン検査のフルパッケージサービスや閉鎖空間での検査に適したドローンなどを紹介していた。


日立システムズが「自動劣化診断機能」でドローンによる構造物の点検作業を効率化

日立システムズが「自動劣化診断機能」でドローンによる構造物の点検作業を効率化

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、株式会社日立建設設計 (取締役社長:橘 滋夫、本社:東京都千代田区/以下、日立建設設計)と協力し、構造物の劣化箇所をAIで自動診断する「自動劣化診断機能」を「ドローン運用統合管理サービス」に追加した。


最新の投稿


陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊がJUIDAと災害協定締結 陸自が大規模災害での情報収集にドローン活用

陸上自衛隊東部方面隊は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)と「大規模災害発生時における災害応援に関する協定」を2月15日、締結した。陸自のみならず自衛隊がドローン関連団体と災害時協定を締結するのは初めて。


エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

エアバスが都市の航空移動に関する民間の認識を発表

2019年2月11日。航空機大手のエアバスは、自社のサイトで都市の航空移動(UAM)に関する民間への調査結果を公開した。最新の調査によれば、UAMへの期待は高まっているという。


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。