ALIと提携の名古屋鉄道、ドローン操縦士養成スクールを開校

ALIと提携の名古屋鉄道、ドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。


新たなビジネスの開拓としてドローン事業

 名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日に開校する。これは「名鉄グループ中期経営計画BUILD UP 2020」で掲げている「新たなビジネス領域の開拓」の一つとして行うもので、名鉄グループがこれまで航空事業で培った知見を活かした実践的なカリキュラムにより、趣味の空撮から産業用途まで安全な運航に必要な知識と高い操縦技能を有する人材を育成することを目的としている。同社は市場拡大の障害になっている操縦士不足の解決を目的としたドローンスクール事業への参入を皮切りに、今後、ドローンを活用した様々なサービスの展開についても検討を進めていくとしている。
 なお今回のスクール開校やドローンを活用するサービス事業に関して、同社は株式会社Aerial Lab Industries(東京都港区/ALI)と資本業務提携をおこなった。

スクールイメージ

1 スクール概要

(1)名 称 名鉄ドローンアカデミー神宮前校
(2)所在地  愛知県名古屋市熱田区神宮3-6-34
       名鉄神宮前駅西ビル(パレマルシェ神宮)6F
(3)対 象  20歳以上  ※保護者の同意がある場合は16歳以上
(4)営業時間 9時00分~23時00分 (随時開催)

練習機体イメージ

2 コース紹介

※各コースの受講申込・事前予約は、専用ホームページから行うことができます。
(専用ホームページは6月初旬開設予定です。)

コース詳細

◆実技体験コース
まずは一度ドローンを飛ばしてみたい方、ドローンに興味をお持ちの初心者の方向けの体験コースす。

◆スタンダードコース
初心者の方、ドローンを操縦するのが初めての方向けの最低限必要なスキルを習得するためのコースす。
eラーニングによるオンラインでの事前学習と、実技を中心とした2日間の講習により、ドローンを飛行するうえで必要な知識と技能を身に付けることができます。

◆アドバンスコース
業務でドローンを活用したい方向けの業務で使えるレベルのスキルを習得するためのコースです。
eラーニングによるオンラインでの事前学習と、実技を中心とした2日間の講習により、ドローンを業務で安全に活用するために必要な知識と技能を身に付けることができます。

◆プロフェッショナルコース(準備中) ※今秋詳細発表
より専門的にドローンを活用されたい方向けに、プロフェッショナルコースのカリキュラム(インフラ点検や測量、スマート農業、レーサー養成コースなどを想定)を新設予定です。

◆eラーニングコース ※受講生のライフスタイルに合わせた自由な学習環境を提供します。
趣味・業務に関わらず、ドローンに関する初歩の知識を得たい方向けのオンライン講座です。

◆フォローアップコース
期間中に習得できなかった内容は、後日フォローアップコースにて再度学習ができます。

概要図

この記事のライター

関連する投稿


本田圭佑氏の個人ファンド「KSK Angel Fund」がAerial Lab Industries社の株式を取得

本田圭佑氏の個人ファンド「KSK Angel Fund」がAerial Lab Industries社の株式を取得

本田圭佑氏の個人ファンド「KSK Angel Fund」が、ドローン事業を展開する株式会社Aerial Lab Industries社の株式を取得、「Special Visionary KSK(特殊創造実行者)」に就任した。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。