スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

スペースワン小林代表がDroneTimesに水中ドローンを持ってきた!

 中国・深圳で水中ビークルの研究、開発、製造を手掛けるスタートアップ、Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約を締結した株式会社スペースワン(福島県)の小林康宏代表が17日、DroneTimesのオフィスを訪れ、販売を始めた水中ドローン「GLADIUS」の実機を持ち寄った。


ケーブルの巻き取り器はフロートに 本体をよく見るとふなっしーに似てる?

 GLADIUS ADVANCED PROは、本体と、ケーブルを巻き付けるベースステーションのほかに、充電器、プロポ(送信器)、スタンド、アンテナなどのパーツ、ふたつの専用バッグで構成するセット。本体は真上からみると、幅27センチ、長さ43.2センチの長方形で、重傷は3.2キロ。4Kカメラを搭載し動画、静止画を撮影できる。
 本体裏側をよくみると、ゆるキャラ、ふなっしーに似た顔つきがかわいらしい。
 本体はベースステーションと長さ100メートルのケーブルでつながっている。ベースステーションは水面に浮くフロートの役割もあり、操縦者はベースステーションから100メートルまで離れて、専用の送信機で遠隔操作が可能だ。秒速2メートル、120分の継続運転が可能だ。
 起動はスムーズですぐにプロペラが回りだす。本体前面のライトは光度が調節できるため深く潜ったさいに重宝しそうだ。専用のアプリには本体に搭載したカメラの画像がうつしだされる。また現在の深さ、傾きなどが表示されるので操作に役立つ。
 小林代表は「このモデルは本体からケーブルを取り外すことができます。収納はふたつの専用リュックにおさまり、そのふたつを結びつけて背負えるので、持ち運びに便利になりました」と話す。
 販売価格は26万8800円。国内正規品に登録された水中ドローンを普及させるため説明会の開催を始めた。「まずは普及させることに重点を置きたい。興味を持っていただいた方から、こんな用途で使いたい、といったお話もいただいており反応はいい」と、滑り出しは上々のようだ。

GLADIUSウェブサイト
https://gladius.jp/

株式会社スペースワン
https://www.spacexone.com

GLADIUS ADVANCED PROのセットをDroneTimesのオフィスに持参したスペースワンの小林康宏代表

本体の裏側が、ちょっと「ふなっしー」に似てるかも

この記事のライター

関連する投稿


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。


郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

 福島県郡山市は11月17日、福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(郡山市)と連携協定を締結した。


「福島ドローンサミット」3月18日に郡山で開催! 主要ドローン論客が登壇

「福島ドローンサミット」3月18日に郡山で開催! 主要ドローン論客が登壇

 ドローンの主な論客が登壇する「福島ドローンサミット」が3月18日(土)、郡山地域職業訓練センター(福島県郡山市)で開かれる。


空から水中へシフト 中国のドローンスタートアップ開発の水中ドローン「GLADIUS」

空から水中へシフト 中国のドローンスタートアップ開発の水中ドローン「GLADIUS」

中国のある企業はマーケットシェアの獲得対象を、空のドローンから海のドローンへと変えようしている。


最新の投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。