MyDefence社が特殊作戦部隊のための携帯型ドローン検出WINGMAN 103の販売を開始

MyDefence社が特殊作戦部隊のための携帯型ドローン検出WINGMAN 103の販売を開始

デンマーク、フレデンスボリ、2018年5月14日 - MyDefence社(CEO:クリスチャン・スタイノ)は、最先端のウェアラブルUAS検出ソリューションWINGMAN 103を発表した。


軍事オペレーションや先進的な無線技術を備えた軍将校が設立したMyDefence社

 WINGMAN 103は、-30℃〜+ 65℃の過酷な温度に耐え、標準の外付けクリップ式電池(AN / PRC)を使用して14時間以上の動作可能なバッテリ寿命に耐えられる特別作業部隊の要件に合わせて設計されたWINGMANシリーズの耐久バージョン。SWaP(サイズ、重量、消費電力)の削減に注力したWINGMAN 103は、コスト効率の高い価格で市場で入手可能な、最も頑丈で、最小で、軽量で、最も電力効率の高い着用可能なドローンの検出システム。
 WINGMAN 103は、そのままの状態で動作し、操作が非常に簡単。自律的に機能するように設計され、内蔵アンテナは2.4GHzと5.8GHzのISM帯域をカバーする。外付けアクティブアンテナ(AA100)を追加すると、360度のカバレッジを実現し、周波数範囲を拡大し、4つの異なる周波数帯(433MHz、1.2GHz、2.4GHzおよび5.8GHz)もカバーする。WINGMAN 103は、UAS制御信号およびビデオ信号を連続的に走査して検索し、商用ドローンの早期警報検出器として機能する。連続走査機能は、ドローンが地上から離陸する前に機体の制御信号やビデオダウンリンク信号を検出する。
 MyDefence社のクリスチャン・スタイノCEOは、「私たちは常に技術開発の境界を押し広げようとしています。私たちのエンジニアは着用可能なドローンの検出と警報システムを大幅に進歩させることができました.WINGMAN 103を最新のカウンターUASテクノロジーを必要とする特殊作業部隊向けに世界に紹介することを誇りに思います」と話す。

【製品の特徴】
・重量735グラム
・寸法(D×W×H)42×96×166mm
・小さくて軽く、兵士がMOLLEクリップオンシステムを使用してユニフォームまたはバックパックにWINGMAN 103を装着できる
・-22〜30℃+ 65℃までの動作温度の極端な条件に耐えるに設計
・IP67の定格を持つ防塵・防水
・環境条件に応じて1〜2キロメートルの検出範囲
・標準の外付けクリップ式バッテリによる14時間の連続使用

 同社のダン・ハーマンセンCOOは、「WINGMAN 103は特別な運営組織と一緒に設計されており、エンドユーザーの運用要件を考慮した独自の製品となっています。その結果、耐久性のある耐摩耗性のドローン検出装置が得られます。北極圏から砂漠の環境まで、すべての動作条件で終日のバッテリ寿命を提供します」と述べる。

 MyDefence社は、軍事オペレーションや先進的な無線技術のノウハウを備えた軍将校によって設立された。同社は、悪意のある無人偵察機の脅威を軽減するために、軍事顧客向けのセンサーとエフェクターを開発することに特化してきた。

ウェラブルなドローン検出器のWINGMAN 103

この記事のライター

関連する投稿


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。