明治大学POLARIS(市民社会と科学技術政策研究所) ドローンなど新しい技術をテーマに公開連続講座開催 5月25日

明治大学POLARIS(市民社会と科学技術政策研究所) ドローンなど新しい技術をテーマに公開連続講座開催 5月25日

明治大学POLARIS(市民社会と科学技術政策研究所)は、明治大学和泉キャンパス図書館ホールで、2018年度公開連続講座の第1回「ロボットは市民社会を変えるのか」を、5月25日に開催する。


 明治大学POLARIS(市民社会と科学技術政策研究所)は、明治大学和泉キャンパス図書館ホール(東京都杉並区永福)で、2018年度公開連続講座の第1回「ロボットは市民社会を変えるのか」を、5月25日に開催する。

 インターネットやAI、ロボットやドローンなど新しい技術の恩恵を受ける一方、それがどれだけ安全・安心な技術であるものか、議論される機会は少ないことが現状となっている。これを受けて明治大学POLARISでは、社会に組み込まれた新しい科学技術(ロボット・ドローン・AI・サイバー問題など)について考えることを目的に、公開連続講座を開催することになった。
 第1回は「民間ロボット研究開発の現状や展望」について各界の専門家に紹介してもらい、市民社会との関わり方さらに「ロボット問題を通じた人間の在り方」についてリアルタイムアンケートを使用して、参加者全員で議論する。

明治大学POLARIS(市民社会と科学技術政策研究所)とは?

 科学技術は、私たちが十分に理解するスピードよりも速く拡大を続けており、それらに必要な制度や倫理について十分な議論がされているとはいえない状況を背景に、同研究所は、科学技術政策が及ぼす市民社会への影響を研究し、望ましい未来社会の在り方について提言を行う。

【WEBサイト】https://www.polaris-meiji.org/
【Twitter】:@POLARIS_meiji

<明治大学POLARIS公開連続講座 第1回「ロボットは市民社会を変えるのか?」>

[日時]2018年5月25日(金)17:10~18:50
[会場]明治大学和泉キャンパス図書館ホール
    (〒168-8555 東京都杉並区永福1-9-1)
    京王線/井の頭線 明大前駅より徒歩約5分
[申込]申込不要、学生、一般参加可能
[主催]明治大学POLARIS(市民社会と科学技術政策研究所)
[助成]公益財団法人セコム科学技術振興財団
    学術集会および科学技術振興事業助成
[講 演]浅野 優 
     株式会社日立製作所研究開発グループデジタルイノーベーションセンタ
   メディア知能処理研究部 研究員博士(情報科学)

[ナビゲーター]勝田忠広
        明治大学法学部教授POLARIS代表
        博士(工学)&POLARISメンバー

この記事のライター

関連するキーワード


明治大学 POLARIS

最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。