鹿島建設、業界初、水面浮体型ドローンでサンゴ礁のモニタリング

鹿島建設、業界初、水面浮体型ドローンでサンゴ礁のモニタリング

慶良間諸島国立公園のサンゴ礁で実証


 鹿島建設株式会社は、着水が可能で水面下の生物環境や地形情報を迅速に調査できる、水面浮体型のドローン「SWANS」(スワンズ)※1を開発した。
 同社では、生物多様性の維持に向け、2013年に開発したサンゴ群集の人工基盤「コーラルネット®」※2を活用し、沖縄県慶良間諸島海域においてサンゴ再生に向けた環境保全活動を継続している。今回同海域でSWANSを活用し、サンゴの分布状況やコーラルネットによる再生状況のモニタリングを効率的に行うことができた。サンゴ礁域のモニタリングにドローンを活用するのは業界初の試みとなる。

※1 SWANS : System of Water and Aerial Nearshore Survey
※2 サンゴの人工基盤と生息環境評価技術を開発、現地試験により再生効果を確認
 (2013年12月5日プレスリリース)

 沿岸浅海域におけるサンゴの分布調査では、高水温などによる白化現象やオニヒトデの大量発生、赤土流出などによるサンゴの衰退を評価するため、広範囲に調査できる技術開発が求められている。従来の調査ではダイバーによる観察や写真撮影が一般的だが、波などの気象状況に左右されるため、広範囲にわたる調査には時間を要するのが実情。
 また、沿岸には岩礁などの障害物が多く、船では調査地点に容易に近づけない場合もある。一方、ドローンを用いた観測は短時間で広域の撮影が可能となるが、上空からの観測だけではサンゴの種類や健全性の判別までは難しい点が課題となっていた。
 そこで同社は、着水が可能な水面浮体型のドローンSWANSを開発し、上空、水中両方の撮影によって、迅速かつ正確なモニタリングを可能にした。

SWANSの特長

 SWANSは、浅海域における水生生物や地形の調査を目的に開発した、防水性能をもつドローン。機体のローター部4ヵ所と中央部に浮力を持たせることで、水面への安定した着水を可能にした。機体下部のドームポート内に搭載したカメラで上空からの俯瞰映像や水中の映像を撮影、GPSによる位置情報とともにリアルタイムで伝送・記録し、超音波式のセンサも搭載しており、サンゴの成育評価に必要な水深および海水温の計測を併せて行うことができる。

慶良間諸島海域での実証試験

 SWANSの実証試験は、慶良間諸島海域のコーラルネットを用いたサンゴ再生エリアを含め、約5,000㎡のサンゴ礁で行った。上空からの俯瞰映像から暗礁部を確認し、操縦者が定めたポイントまで飛行・着水後、水面上を移動させながら撮影を行った。着水後の水中撮影により、サンゴの分布状況やその種類(属レベル)の判別までできることが確認できた。
 また映像記録を撮影地点の位置情報とともに蓄積していくことで、コーラルネットを活用したサンゴ再生エリアの継続的なモニタリングも可能になる。

 SWANSによる調査手法では、GPSによる位置情報の活用によって、事前にコドラート(方形枠)やラインなどの目印を人力で海底に設置する潜水作業が不要となるため、調査時間を大幅に短縮するとともに、安全性も向上した。

今後の展開

この記事のライター

関連するキーワード


鹿島建設 SWANS スワンズ

関連する投稿


ドローン測量で建設工事の課題解決に挑む鹿島建設

ドローン測量で建設工事の課題解決に挑む鹿島建設

大手総合建設会社の鹿島建設株式会社(本社:東京、社長:押味至一)は、2015年9月にドローンによる写真測量を、2016年6月にはドローンによるレーザ測量を実用化し、大規模造成工事やダム建設工事において、高精度な測量結果を出した。その取り組みと今後の展望について聞いた。(田中亘)


最新の投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。