国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライトを開始 長崎県壱岐空港

国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライトを開始 長崎県壱岐空港

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems, Inc.、「GA-ASI」)は、5 月 10 日、長崎県壱岐市 壱岐空港で、同社製大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライトを開始した。


長崎県壱岐空港で 3 週間にわたり運航

 遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems, Inc.、「GA-ASI」)は、 5 月 10 日(木)、長崎県壱岐市 壱岐空港で、同社の大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用したデモフライトを開始した。デモフライトは、データ収集や科学 研究分野での利用を主目的とし、予定では今後約 3 週間にわたって行われる。
 ガーディアンは初の実証実験に向けて、5月10日、壱岐空港の滑走路を午前 11 時 20 分に離陸し、約 3 時間のフライトの後、壱岐 空港に帰還しました。
 今回のデモフライトは、民間企業では日本初となる長距離航続が可能な無人機の飛行となった。航空機のセンサーに は長距離用海上探索レーダー、自動補正光学赤外線ビデオカメラ、短距離空対空レーダーを含む衝突防止システムなどが搭載され、これらは米国の国土安全保障省が海上観察のために搭載しているセンサーとほぼ同様の構成となっている。

 今回のデモフライトの実現にあたり、GA-ASI CEO のリンデン・ブルー氏は「このプロジェクト の実現にあたり、多大なご協力をいただいた壱岐市長、及び関係省庁、関係自治体にお礼を申し上げます。大型遠隔操縦 無人機を日本の海洋環境で使用することによって、貴重なデータが取得できると確信しております。収集したデータを、今後の研究 に役立てていただけることをとても楽しみにしています」と話した。
 白川博一 壱岐市長は「日本初となる遠隔操縦航空機の実証試験が、様々な平和的な利用、例えば海難時等の災害支援や海洋等の観測、調査、 研究など国境に位置する離島にとって極めて重要な内容であり、さらに壱岐市の国内外へのPR、交流人口の拡大等壱 岐市で行われる意義は極めて大きいと考えております」と述べた。

離陸直後のガーディアン機

実証実験の概要

 実証試験は長崎県・壱岐空港を運航拠点とし、約 3 週間の期間に、1 回あたりおよそ 5 時間のデモフライトを 10 回程度 行う予定。以下の 3 つを目的としたデータ収集のデモフライトを行う。

1. 気象・災害・海洋観測支援
2. 海難・救助支援
3. 航空・通信・産業利用支援

 今回の実証試験の主体は GA-ASI で、長崎県壱岐空港の職員と関係当局の協力のもと行われる。
デモフライトの運航に際し、GA-ASI 本社より、飛行実績において経験豊富なパイロットおよび整備担当者を含むチームが 来日し、あらゆる状況を考え安全運航にあたるとしている。

ガーディアンについて

用途: 見通し外での長距離、長時間耐空、中高度からの地上及び会場の情報収集と観測、監視ミッションの実施
特性::翼幅: 24m (79 ft)
   全長: 11.7m (38 ft)
   最大離陸重量 5670kg (12,500 lb)
   ペイロード容量:全体: 2,177 kg(4,800 lb)
           ハードポイント:9 ヵ所(翼:8、胴体中心線:1)
           内部: 363 kg(800 lb)
           外部: 1,814 kg(4,000 lb)
パフォーマンス:最高高度: 海抜 1 万 2000m 以上(40,000 ft)
        最大航続時間: 40 時間
        最大飛行速度: 210 ノット(真対気速度)

この記事のライター

関連する投稿


GA-ASI、大型遠隔操縦無人機ガーディアンを一般公開

GA-ASI、大型遠隔操縦無人機ガーディアンを一般公開

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems, Inc./GA-ASI)は、長崎県壱岐市 壱岐空港で、現在デモフライト中の同社製大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を5月13日に一般公開した。


Japan Drone 2017速報・40時間の連続飛行が可能な海上探査向けリモートパイロット式航空機(RPA)

Japan Drone 2017速報・40時間の連続飛行が可能な海上探査向けリモートパイロット式航空機(RPA)

General Atomics Aeronautical Systems, Inc. (GA-ASI)社は、マルチモード海上探査レーダーを搭載したSkyGuardianというリモートパイロット式航空機(RPA)を紹介していた。


最新の投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。