ドローンが65人の命を救った 2017年、DJIの人命救助事例を最新レポート

ドローンが65人の命を救った 2017年、DJIの人命救助事例を最新レポート

DJI がドローンの人命救助に関する最新レ ポートを発表し、その中で、2017 年には少なくとも 65 名の人命救助にドローンが活用されていると発表した。このレポートは、世界中のニュースサイトや公的安全機関からの報告を収集し、 五大陸で発生した 27 件の個別事例が含まれている。


2017年、DJI ドローンによる人命救助事例の最新レポート

 今回の人命救助レポートと2016年度の発表(※英語のみ)と併せると、ドローン活用による人命救助数は、のべ 124 名にのぼる。今回のレポートでは、オーストラリアとブラジルで水難者にブイを落としての救助、イギリスとアメリカでは、氷点下で意識を失っている遭難者を発見、また、野山、川、山岳地帯に取り残された 遭難者の救助など、ドローンを活用した世界各国の人命救助事例を紹介している。

 レポートによると、少なく とも 18 名が、暗闇や茂みの密集地帯など、肉眼では目視できないエリアで、ドローンの赤外線サー マルカメラを活用することによって発見されている。
 イギリスのリンカンシャー州の事例では、人里離れた暗い道で冬の夜に交通事故が発生し、要救助者 である運転手を肉眼では発見することが難しい状況だった。しかし、赤外線サーマルカメラを搭載し たドローンが、事故現場から離れた溝の中に運転手が倒れているのを空中から発見し、救助することができた。この劇的な救出の一部始終は、ドローンにより記録された。

※「More Lives Saved: A Year of Drone Rescues Around The World(※英文のみ)」
https://www.dropbox.com/s/7f6lhzz5mt1fcz0/More%20Lives%20Saved%202018.pdf?dl=0

 車の衝突事故の犠牲者は意識が無く、冷え込んで真っ暗な道路では発見することが難しかった。イギリスのリンカンシャー警察の警官は、ドローンと赤外線サーマルカメラを使うことで犠牲者の命を救った。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 人命救助

関連する投稿


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


セキドが 「セキド虎ノ門 」オープン! 1階にはDJI認定ストア虎ノ門 5月19日

セキドが 「セキド虎ノ門 」オープン! 1階にはDJI認定ストア虎ノ門 5月19日

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、DJI認定ストア/ビジネスラウンジ/セミナールーム備え、ドローンの導入から産業分野での活用まで専任のコンサルタントがサポートするドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」を5月19日にオープンさせる。1階にはDJI認定ストア虎ノ門も。


米国で新型Phantom 4 Pro V2.0が発売 日本でも予約開始

米国で新型Phantom 4 Pro V2.0が発売 日本でも予約開始

米国DJIは、Phantom 4 Proの改良モデルになるV2.0の発売を開始した。新型モデルは、飛行音が60%静かになり、1インチCMOSセンサーによる高画質な撮影と60fpsの4K動画撮影に対応する。(田中亘)


最新の投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。