DJIとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを発表

DJIとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを発表

コンシューマ向けドローンの世界的リーダーのDJI(中国)は、大手ITベンダーの米国Microsoft(シアトル)と、戦略的なパートナーシップを発表した。Microsoftは、エッジ コンピューティングとクラウド コンピューティングで、DJI製のドローンに高度なAIと機械学習を提供する。(田中亘)


マイクロソフトの開発者向け会議Build 2018の会場でDJIのドローンを使って配管の欠陥をAIで解析する様子

MicrosoftがDJIのドローンでリアルタイムAIと機械学習を可能にする

DJIの開発者向けサイトではベータ版の登録を開始する予定

 DJIとMicrosoftの提携により、Windows用の新しい開発ツールを活用して、DJIドローンのユーザーは、Azure IoTエッジサービスによるリアルタイムAIと機械学習の開発が可能になる。DJIは、Windows用ソフトウェア開発キット(SDK)をリリースし、商用ドローン技術を世界最大のエンタープライズ開発者コミュニティに提供する。DJIのドローンは、Windows 10のPC用に作成されたアプリケーションを使用して、完全な飛行制御とリアルタイムのデータ転送など、産業用途向けにカスタマイズした制御が可能になる。またDJIは、Microsoft AzureのAIおよび機械学習を利用して、ドローンで収集した膨大な数の航空写真やビデオデータから、実践的な洞察を導き出すクラウドコンピューティングを実現する。今回のパートナーシップにより、DJIはAzure IP Advantageプログラムを利用して、知的財産の保護にも取り組む。
 Microsoftのクラウド&エンタープライズ グループのスコット・ガスリー(Scott Guthrie)氏は「コンピューティングが普及するにつれて、インテリジェントなエッジは、次の技術のフロンティアとして浮上しています。DJIは商用ドローン技術のリーダーであり、Microsoft Azureはビジネスに適したクラウドです。私たちは、比類のないインテリジェントなクラウドとAzureのIoT機能を最先端のデバイスにもたらし、農業、公共安全、建設など複数の業界のビジネスを変革する可能性をもたらします」と述べる。
 DJIの新しいSDK for Windowsは、自律飛行やリアルタイムデータストリーミングなど、DJIドローンを遠隔操作できるWindowsアプリケーションの開発を可能にする。同SDKは、Windows開発者コミュニティが、マルチスペクトルセンサーやカスタムアクチュエータにロボットコンポーネントなど、サードパーティ製のペイロードを統合して制御することも可能にし、企業でのドローンの使用方法を拡大する。
 DJIのロジャー・ルオ(Roger Luo)社長は「マイクロソフトとのパートナーシップにより、DJIのフライト プラットフォームをマイクロソフトの開発者に提供することを嬉しく思います。新しいSDKを使用することで、Windows開発者はドローンとAIに機械学習を使用して、ビジネスの時間とコストを節約し、ドローンのテクノロジーを業務の中核にするインテリジェントな飛行ロボットを作成できます」と話す。
 マイクロソフトとDJIは、SDK for Windowsのほかに、Azure IoT EdgeとAIテクノロジを使用して、農業、建設、公共安全などの主要な産業セグメントの顧客に対して、商用ドローン ソリューションを共同で開発していく。Windows開発者は、クラウドサービスのAzureとIoTツールセットと共に、DJIのドローンを使用して、クラウド上でトレーニングしたAIや機械学習を活用し、現場のドローンでリアルタイムのAIソリューションを構築できるようになる。
 DJIとマイクロソフトは、Azure IoT Edge上で実行されているAIモデルを使用して、航空センサーと地上センサーからのデータを集約して分析するMicrosoftのFarmBeatsソリューションを活用し、精密農業の技術を進歩させるために既に協力している。Microsoft FarmBeatsは、DJIのPC Ground Station Proソフトウェアとマッピングアルゴリズムを統合し、Azure IoT Edgeでリアルタイムのヒートマップを作成する。これらのヒートマップは、土壌条件が種子の発芽に適しているかどうかを示すことによって農家の作付け戦略を知らせるなど、さまざまな方法で使用できる。

 WindowsのSDKとDJIの完全な統合の詳細については、2018年の秋に公開される。現在は、以下のサイトでベータ版の提供を予定している。
developer.dji.com

DJIとMicrosoftが協力して精密農業に取り組む

この記事のライター

関連する投稿


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


セキドが 「セキド虎ノ門 」オープン! 1階にはDJI認定ストア虎ノ門 5月19日

セキドが 「セキド虎ノ門 」オープン! 1階にはDJI認定ストア虎ノ門 5月19日

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、DJI認定ストア/ビジネスラウンジ/セミナールーム備え、ドローンの導入から産業分野での活用まで専任のコンサルタントがサポートするドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」を5月19日にオープンさせる。1階にはDJI認定ストア虎ノ門も。


米国で新型Phantom 4 Pro V2.0が発売 日本でも予約開始

米国で新型Phantom 4 Pro V2.0が発売 日本でも予約開始

米国DJIは、Phantom 4 Proの改良モデルになるV2.0の発売を開始した。新型モデルは、飛行音が60%静かになり、1インチCMOSセンサーによる高画質な撮影と60fpsの4K動画撮影に対応する。(田中亘)


最新の投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。