DJIとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを発表

DJIとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを発表

コンシューマ向けドローンの世界的リーダーのDJI(中国)は、大手ITベンダーの米国Microsoft(シアトル)と、戦略的なパートナーシップを発表した。Microsoftは、エッジ コンピューティングとクラウド コンピューティングで、DJI製のドローンに高度なAIと機械学習を提供する。(田中亘)


マイクロソフトの開発者向け会議Build 2018の会場でDJIのドローンを使って配管の欠陥をAIで解析する様子

MicrosoftがDJIのドローンでリアルタイムAIと機械学習を可能にする

DJIの開発者向けサイトではベータ版の登録を開始する予定

 DJIとMicrosoftの提携により、Windows用の新しい開発ツールを活用して、DJIドローンのユーザーは、Azure IoTエッジサービスによるリアルタイムAIと機械学習の開発が可能になる。DJIは、Windows用ソフトウェア開発キット(SDK)をリリースし、商用ドローン技術を世界最大のエンタープライズ開発者コミュニティに提供する。DJIのドローンは、Windows 10のPC用に作成されたアプリケーションを使用して、完全な飛行制御とリアルタイムのデータ転送など、産業用途向けにカスタマイズした制御が可能になる。またDJIは、Microsoft AzureのAIおよび機械学習を利用して、ドローンで収集した膨大な数の航空写真やビデオデータから、実践的な洞察を導き出すクラウドコンピューティングを実現する。今回のパートナーシップにより、DJIはAzure IP Advantageプログラムを利用して、知的財産の保護にも取り組む。
 Microsoftのクラウド&エンタープライズ グループのスコット・ガスリー(Scott Guthrie)氏は「コンピューティングが普及するにつれて、インテリジェントなエッジは、次の技術のフロンティアとして浮上しています。DJIは商用ドローン技術のリーダーであり、Microsoft Azureはビジネスに適したクラウドです。私たちは、比類のないインテリジェントなクラウドとAzureのIoT機能を最先端のデバイスにもたらし、農業、公共安全、建設など複数の業界のビジネスを変革する可能性をもたらします」と述べる。
 DJIの新しいSDK for Windowsは、自律飛行やリアルタイムデータストリーミングなど、DJIドローンを遠隔操作できるWindowsアプリケーションの開発を可能にする。同SDKは、Windows開発者コミュニティが、マルチスペクトルセンサーやカスタムアクチュエータにロボットコンポーネントなど、サードパーティ製のペイロードを統合して制御することも可能にし、企業でのドローンの使用方法を拡大する。
 DJIのロジャー・ルオ(Roger Luo)社長は「マイクロソフトとのパートナーシップにより、DJIのフライト プラットフォームをマイクロソフトの開発者に提供することを嬉しく思います。新しいSDKを使用することで、Windows開発者はドローンとAIに機械学習を使用して、ビジネスの時間とコストを節約し、ドローンのテクノロジーを業務の中核にするインテリジェントな飛行ロボットを作成できます」と話す。
 マイクロソフトとDJIは、SDK for Windowsのほかに、Azure IoT EdgeとAIテクノロジを使用して、農業、建設、公共安全などの主要な産業セグメントの顧客に対して、商用ドローン ソリューションを共同で開発していく。Windows開発者は、クラウドサービスのAzureとIoTツールセットと共に、DJIのドローンを使用して、クラウド上でトレーニングしたAIや機械学習を活用し、現場のドローンでリアルタイムのAIソリューションを構築できるようになる。
 DJIとマイクロソフトは、Azure IoT Edge上で実行されているAIモデルを使用して、航空センサーと地上センサーからのデータを集約して分析するMicrosoftのFarmBeatsソリューションを活用し、精密農業の技術を進歩させるために既に協力している。Microsoft FarmBeatsは、DJIのPC Ground Station Proソフトウェアとマッピングアルゴリズムを統合し、Azure IoT Edgeでリアルタイムのヒートマップを作成する。これらのヒートマップは、土壌条件が種子の発芽に適しているかどうかを示すことによって農家の作付け戦略を知らせるなど、さまざまな方法で使用できる。

 WindowsのSDKとDJIの完全な統合の詳細については、2018年の秋に公開される。現在は、以下のサイトでベータ版の提供を予定している。
developer.dji.com

DJIとMicrosoftが協力して精密農業に取り組む

この記事のライター

関連する投稿


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を農業総合展「農業ワールド」(10月10日〜12日、幕張メッセ)において国内で初めて展示する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。