DJIとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを発表

DJIとマイクロソフトが戦略的なパートナーシップを発表

コンシューマ向けドローンの世界的リーダーのDJI(中国)は、大手ITベンダーの米国Microsoft(シアトル)と、戦略的なパートナーシップを発表した。Microsoftは、エッジ コンピューティングとクラウド コンピューティングで、DJI製のドローンに高度なAIと機械学習を提供する。(田中亘)


マイクロソフトの開発者向け会議Build 2018の会場でDJIのドローンを使って配管の欠陥をAIで解析する様子

MicrosoftがDJIのドローンでリアルタイムAIと機械学習を可能にする

DJIの開発者向けサイトではベータ版の登録を開始する予定

 DJIとMicrosoftの提携により、Windows用の新しい開発ツールを活用して、DJIドローンのユーザーは、Azure IoTエッジサービスによるリアルタイムAIと機械学習の開発が可能になる。DJIは、Windows用ソフトウェア開発キット(SDK)をリリースし、商用ドローン技術を世界最大のエンタープライズ開発者コミュニティに提供する。DJIのドローンは、Windows 10のPC用に作成されたアプリケーションを使用して、完全な飛行制御とリアルタイムのデータ転送など、産業用途向けにカスタマイズした制御が可能になる。またDJIは、Microsoft AzureのAIおよび機械学習を利用して、ドローンで収集した膨大な数の航空写真やビデオデータから、実践的な洞察を導き出すクラウドコンピューティングを実現する。今回のパートナーシップにより、DJIはAzure IP Advantageプログラムを利用して、知的財産の保護にも取り組む。
 Microsoftのクラウド&エンタープライズ グループのスコット・ガスリー(Scott Guthrie)氏は「コンピューティングが普及するにつれて、インテリジェントなエッジは、次の技術のフロンティアとして浮上しています。DJIは商用ドローン技術のリーダーであり、Microsoft Azureはビジネスに適したクラウドです。私たちは、比類のないインテリジェントなクラウドとAzureのIoT機能を最先端のデバイスにもたらし、農業、公共安全、建設など複数の業界のビジネスを変革する可能性をもたらします」と述べる。
 DJIの新しいSDK for Windowsは、自律飛行やリアルタイムデータストリーミングなど、DJIドローンを遠隔操作できるWindowsアプリケーションの開発を可能にする。同SDKは、Windows開発者コミュニティが、マルチスペクトルセンサーやカスタムアクチュエータにロボットコンポーネントなど、サードパーティ製のペイロードを統合して制御することも可能にし、企業でのドローンの使用方法を拡大する。
 DJIのロジャー・ルオ(Roger Luo)社長は「マイクロソフトとのパートナーシップにより、DJIのフライト プラットフォームをマイクロソフトの開発者に提供することを嬉しく思います。新しいSDKを使用することで、Windows開発者はドローンとAIに機械学習を使用して、ビジネスの時間とコストを節約し、ドローンのテクノロジーを業務の中核にするインテリジェントな飛行ロボットを作成できます」と話す。
 マイクロソフトとDJIは、SDK for Windowsのほかに、Azure IoT EdgeとAIテクノロジを使用して、農業、建設、公共安全などの主要な産業セグメントの顧客に対して、商用ドローン ソリューションを共同で開発していく。Windows開発者は、クラウドサービスのAzureとIoTツールセットと共に、DJIのドローンを使用して、クラウド上でトレーニングしたAIや機械学習を活用し、現場のドローンでリアルタイムのAIソリューションを構築できるようになる。
 DJIとマイクロソフトは、Azure IoT Edge上で実行されているAIモデルを使用して、航空センサーと地上センサーからのデータを集約して分析するMicrosoftのFarmBeatsソリューションを活用し、精密農業の技術を進歩させるために既に協力している。Microsoft FarmBeatsは、DJIのPC Ground Station Proソフトウェアとマッピングアルゴリズムを統合し、Azure IoT Edgeでリアルタイムのヒートマップを作成する。これらのヒートマップは、土壌条件が種子の発芽に適しているかどうかを示すことによって農家の作付け戦略を知らせるなど、さまざまな方法で使用できる。

 WindowsのSDKとDJIの完全な統合の詳細については、2018年の秋に公開される。現在は、以下のサイトでベータ版の提供を予定している。
developer.dji.com

DJIとMicrosoftが協力して精密農業に取り組む

この記事のライター

関連する投稿


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


DJIとAUVSI、優れた無人化技術を表彰する第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards への応募開始

DJIとAUVSI、優れた無人化技術を表彰する第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards への応募開始

無人化技術分野のリーダーたちが集う国際展示会「AUVSI XPONENTIAL」で、 DJIとAUVSIが主催する第2回「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」への応募が開始された。


DJIは空港周辺のドローン目撃の報告に注意を喚起

DJIは空港周辺のドローン目撃の報告に注意を喚起

2019年1月11日 - 欧州。DJI EMEAは、ドローン事件の初期報告を評価する際には注意するようにと喚起した。過去の誤認には、ビニール袋やバルーンがあったという。


システムファイブ、「DJI産業用ドローン展示会」を開催

システムファイブ、「DJI産業用ドローン展示会」を開催

赤外線カメラ・可視カメラ両搭載ドローン「Mavic 2 Enterprise Dual」や照明・スピーカーを搭載可能な「Mavic 2 Enterprise」など、様々なお仕事ができるドローンを展示。


DJI、内蔵ディスプレイ搭載「スマート送信機」を CES 2019 で発表

DJI、内蔵ディスプレイ搭載「スマート送信機」を CES 2019 で発表

DJIは、CES 2019 で DJI ドローン用の内蔵ディスプレイ搭載のスマート送信機を発表した。


最新の投稿


Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

2019年1月22日。DJIは、Phantom 4 RTKファームウェアv01.07.0116をリリースした。細かいバグの修正に加えて、マッピング操作に関する機能が強化されている。


ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

2019年1月23日 - 米国バージニア州。航空大手ボーイングの関連企業のボーイングネクスト(米国)は、ボーイングの子会社のAurora Flight Sciencesと開発した電気式垂直離着陸(eVTOL)航空機による自律飛行と地上制御システムを検証したと発表した。


ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

 ドローンレースチーム「JAPRADAR(ジャップレーダー)」が、レース用ドローンを使って高速で疾走するクルマを横滑りさせながら姿勢を制御する自動車競技ドリフトを撮影した映像を公開した。レースで磨いた操縦技術とレース専用機が圧倒的な臨場感を生み出しているうえ芸術的で、ドローンによる撮影領域の拡大を展望させる。


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。