インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

米国コロラド州デンバーで開催されているAUVSI Xponentialイベントで、インテルはIntel Falcon 8+ Systemのアップデートや最新のドローン ソフトウェア ソリューションを発表した。(田中亘)


デジタル資産管理システムのインテル Insight Platformの詳細を公開

 インテル Insight Platformは、2017年9月のInterDroneで最初に発表された。それから約8ヶ月の間に、いくつかの業界で戦略的な企業顧客に導入されてきた。インテル Insight Platformは、商用ドローンが収集する豊富なデータを、顧客が保管し共有し管理できるクラウドベースのデジタル資産管理システム。ドローンが収集したデータを使用して、インテル Insight Platformは2Dおよび3Dモデルを生成し、測定を行う。そして、クラウドを介してチーム間で共有およびコラボレーションやデータ分析を可能にする。インテルは、Delair 社(フランス)と協力して、エンタープライズ顧客向けにインテル Insight Platformを提供する。

公開されたIntel Insight Platformの画面例

フライトコントローラーのミッションコントロールのアップデート計画

 インテル ミッションコントロール ソフトウェアは、Intel Falcon 8+ Systemの飛行計画やプロジェクト管理にデータ処理を実現するソフトウェア。商用ドローン飛行に関するワークフローの効率を高め、ドローンの自動化を強化するように設計されている。インテル ミッションコントロールにより、Intel Falcon 8+のオペレーターは、商業測量、マッピング、検査ミッションのための2Dおよび3D飛行計画を作成できる。飛行計画は、高度なプリセット マッピング モードで自動化される。最新のアップデートでは、飛行に関する複数の層が統合され、飛行の安全性とコンプライアンスをサポートする。そして、自動化された飛行前の安全性とシステムチェックは、ミッションが実行される前に飛行計画を検証するのに役立つ。インテル ミッションコントロール ソフトウェアは、現在、次期バージョンに向けて、高度な機能を搭載したベータ版を一部の顧客に提供し、テストを行っている。

次期アップデートに向けてベータ版を一部のユーザーに提供しているフライトコントローラーのミッション コントロール

インテルのRealSenseテクノロジーを搭載したFalcon 8+が登場

4240万画素の解像度やIntel RealSenseを搭載した最新のペイロードシステム

  Intel Falcon 8+ System用の新しいカメラとジンバルが発表された。まず、カメラにはソニーのレンズスタイルカメラが搭載される。インテルが公開した写真によれば、F1.8/24mmのカールツァイス製レンズを搭載したモデルで、発表された性能はフルフレームのSony RX1R IIに匹敵する4240万画素の解像度で、画像を鮮明にキャプチャする。将来的には、ソフトウェアのアップグレードによりRTKのサポートも予定している。また、20万画素のSony UMC-R10Cカメラを搭載したインテル デュアル イメージングペイロードは、Intel RealSense テクノロジーによる衝突回避をサポートする。Intel RealSense テクノロジーは、リアルタイムでイメージストリームを高解像度の3D深度マップに計算し、障害物を検出する。インテルイメージングおよびインテルデュアルイメージングペイロードの障害回避機能により、Intel Falcon 8+ドローンは、潜在的な障害や危険を検出して回避することで、検査中に資産から一定の距離を保った飛行が可能になる。フライト ミッション内では、オブジェクトはリアルタイムで常に識別され、3D深度マップがメモリ内に維持される。加えて、マッピング、測量、および検査のために、リアルカラー、タイムスタンプ付きおよびジオリファレンス画像も撮影できる。さらに、同ペイロードには、RGBイメージキャプチャと熱イメージングを同時に行うために、ジンバルに2台のカメラが搭載され、次の四半期に利用可能になる。

この記事のライター

関連する投稿


革新的な流体推進技術で飛行するJetopteraのフライングカー

革新的な流体推進技術で飛行するJetopteraのフライングカー

米国コロラド州デンバーで開催されているAUVSI Xponentialイベントで、米国シアトルに本拠を置く航空機のスタートアップJetoptera社は、革新的な流体推進システムを展示し、J2000というフライングカーのコンセプトを発表した。(田中亘)


インテルが50周年を記念して1,500台のドローンライトショーを計画

インテルが50周年を記念して1,500台のドローンライトショーを計画

インテル(米国)は、創立50周年を記念して、Intel ShootingStarによるドローンライトショーで、1,500台以上の記録を樹立する計画を発表した。(田中亘)


【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

半導体大手のインテルコーポレーションは、ドローン事業にも積極的な投資を行っている。その理由は、ドローン産業の発展がデータ革命をけん引すると予測しているから。インテルのドローン事業から産業の未来像を考察する。(田中亘)


米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(前編)

米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(前編)

欧米でドローンの展示会やニュースを発信しているCOMMERCIAL UAV EXPO社が、米国における2018年の産業用ドローン市場に対する8つの予測を発表した。その8つの予測と日本市場の展望を考察する。


最新の投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。