太陽光発電所のO&M・アセットマネジメントのテーマに特化した日本唯一の国際カンファレンス開催 5月24日・25日

太陽光発電所のO&M・アセットマネジメントのテーマに特化した日本唯一の国際カンファレンス開催 5月24日・25日

今年で第4回目となる「ソーラーアセットマネジメントアジア」が、5月24日(木)、25日(金)の両日、東京コンファレンスセンター・有明で開催さる。


 今年で第4回目となる「ソーラーアセットマネジメントアジア」が、5月24日(木)、25日(金)の両日、東京コンファレンスセンター・有明で開催さる。
 稼働中の太陽光発電所のO&Mとアセット及びポートフォリオマネジメントに特化しており、今年度の講演では日本のPV発電所におけるリスクマネジメント、パフォーマンスの最適化をはじめ、セカンダリマーケットやリファイナンス、テクニカルデューディリジェンス、太陽光ファンドの運用、O&M・AMのデジタル化への対応、リパワリング、ドローンの可能性などについて議論する。
 太陽光発電をはじめとした再生エネルギーの健全な導入には、O&Mとアセットマネジメントを適切かつ効率よく行うことが不可欠。このカンファレンスには、国内外を問わず、O&Mサービスプロバイダー、資産・ポートフォリオマネージャー、IPP企業、投資企業、ディベロッパーやアドバイザーなど、アジアの太陽光発電市場で活躍する人々が参加する。

【カンファレンス概要】
■ イベント名:Solar Asset Management Asia 2018 (ソーラーアセットマネジメントアジア2018)
■ 日程:2018年5月24日(木)・25日(金)(2日間開催)
■ 会場:東京コンファレンスセンター・有明
■ 主催:ソーラープラザインターナショナルBV
■ 参加費用:有料
■ 公式サイトURL:http://bit.ly/2q9u1QW

ソーラーアセットマネジメントアジア(SAM Asia)

https://solarassetmanagement.asia/japanese/?utm_source=pr-times&utm_medium=email&utm_campaign=more-info-partner#solar-asset-management-asia-jp

24-25 May 2018 - Tokyo - 4th edition. Solar Asset Management Asia is Asia’s leading conference dedicated to Solar Operations & Maintenance and Asset / Portfolio Management. 2018年 5月24-25日 /// 東京開催。 アジア最大級、太陽光発電のO&Mとアセット/ポートフォリオマネジメントに特化した唯一のカンファレンス。

・国際的・日英同時通訳のある太陽光カンファレンス
・300名以上の参加者
・50名以上の講演者
・20社以上のスポンサー・パートナー企業

【講演プログラム】

カンファレンスは途中でO&Mのセッションとアセットマネジメントのセッションに2分割し、同時進行で講演を行う。

1日目:5月24日(木)

セッション1:オープニングセッション
日本の再生エネルギー関連の法規制や新しい情報について/その他アジアの主要太陽光市場についての概要
セッション2A :プラントパフォーマンス
コンポーネント&プラントパフォーマンス:開発および建設の過程がもたらすプラントパフォーマンスへの影響
セッション2B :アセットマネジメント
アセットマネージャーの責任範囲&「ポートフォリオレベル思考」と「アセットレベル思考」の基本的な違い
セッション3A:オペレーション&メンテナンス
①日本のO&Mの枠組み:現状、ケーススタディ/ ②低圧案件:C&I(商用&産業用)PV発電所について
セッション3B:インフラファンド
プライベートファンド&インフラファンド: 運用方法や経験、ベストプラクティス
セッション4:PV市場の成熟度合い
成熟したPV市場の例から学ぶ:日本の太陽光発電市場の学習曲線を加速させるには?

2日目:5月25日(金)

この記事のライター

関連する投稿


【CES2018】太陽光で発電して飛行するドローンが登場する

【CES2018】太陽光で発電して飛行するドローンが登場する

国立台湾大学の研究室が、ドローンの長時間飛行に取り組むために、太陽光で発電しながら飛行するソーラードローンをホームページで発表した。また、米国のsUAS Newsによれば、米国ラスベガスで1月9日から開催されるCES2018で、ブース#52105に展示される予定。


テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始

テラドローン、太陽光発電関連事業者向けサービス開始

国内外でドローン(UAV)測量、 管制システム事業を展開するテラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 2017年2月14日、 太陽光発電関連事業者向けサービスを開始したと発表。


最新の投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。