機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

機体のおしゃれ「DroneWraps」の作業現場潜入記 マイスター三原さんのプロの腕

 ドローンの機体にカラーフィルムを貼ってカスタマイズを楽しむユーザーが増えている。この市場をリードし、業界の第一人者からも評価を得ているのが株式会社ダイヤサービス(千葉市)のラッピングサービス「DroneWraps」で、現在も注文が全国から相次いでいるという。同社の工房「DRONE GARAGE」に潜入した。


フィルムパーツの型にも独自ノウハウ あちこちに潜む〝ユーザー目線〟

 ぼくは手先が器用だ。
 なにしろ幼稚園のころ、折り紙はクラスの中で一番上手だとほめられたことは今も忘れないし、実際、鶴やオルガン、ちょうちん、イヌ、イス、テーブルなど基本的なやつは、本を見なくても短時間で作れる。だから折れ線の多いドローンの機体ラッピングは、ぼくに向いている。ドローンタイムズをクビになったら、きっとこれが天職となるに違いない。ぼくの将来を左右する取材になるかもしれない、と、最終日の「国際ドローン展」を抜け出し、いざ千葉市内の工房に向かった。
 出迎えてくれたのは、同社の女性マイスター、三原彩虹(みはら・あやこ)さん。丁寧な仕事ぶりがユーザーの支持を受け、〝三原仕上げ〟のリクエストが利用者から舞い込むといううわさだ。
 使うのは高級車にも使う米3M社製のカーラッピング用フィルム。この工房は、3Mから4ーStar(「★★★★」)の認定を受けた、メーカーから腕前が保証された工房だ。
 3Mのフィルムは光沢、色、柄などの組み合わせで無数にある。三原さんが「どの色にしますか」尋ねてくれたので、数ある色見本の中から「マットアップルグリーン」という5月の新緑の色(またはアマガエルの色)にした。これからDJIのMavic Proを、おなじみのグレーから変身させる。
 まずはマットアップルグリーンのフィルムをパーツごとにカットする。
 機体は立体、フィルムは平面。機体を覆うには、平面のフィルムをいくつかのパーツに分ける必要がある。パーツの型は、工房が図面をあらかじめデータ化してある。したがって、PCの電源を入れ、カッターにフィルムをセットしたら、キーを押せばカッターがフィルムの台紙の上の、フィルム部分だけに切れ目を入れていく。
 5分ほどでカットは終了。この間、作業は機械に任せっきりだ。
 フィルムは四角いまま。台紙のうえのフィルムに切れ目がはいっている。
 なお、「あらかじめデータ化してある」と書いたが、実はここが、この工房の独自のノウハウのひとつだ。ドローンのメーカーは、フィルムのパーツを教えてくれるわけじゃない。機体ごとにパーツをどう展開するのが最適か、といったところからパーツのカタチ、寸法を割り出して〝パーツの図面〟を作った。
 Mavic Proのほか、Mavic Platinum 、Mavic Air,Phantom4 Pro、Phantom4、Phantom4Adv、SPARKもすでに図面化してあり、対応できる。
 代表の戸出智祐さんは型づくりについて「マスキングテープを使うなどして最適な大きさを試行錯誤して型を作った。大きさを決めるさいには、実際に使うさいに手にひっかかりやすくないかどうかなど、ユーザーの使い勝手を考慮した」という。ユーザーの気持ちになって設計しているところが、この工房が支持される理由に違いない。
 「5分ほどでカット終了」と書いたが、この速度もカットの精度と、手作業でフィルムをはがすさいの仕上りを考慮したうえでたどりついた速度だ。作業をすばやくすませるために、スピードをあげることも可能だが、ここでも戸出代表は「仕上がりとの見合いが重要なので速ければいいわけではないんです」という。
 さて、フィルムのカットが終わった。ここからが手作業だ。

フィルムのパーツの型。ここにもノウハウがつまっている

ただいまカット中

カット終了。フィルムを機械からはずす

マイスター・三原さんの丁寧&リズミカルな作業に脱帽

 マイスター、三原さんの手さばきを間近で見る機会がやってきた。
 そう思ったら、三原さんに「では、やってみましょうか」とスッとカットしおえたフィルムを手渡された。そうか、体験できるのか。よし。冒頭にも書いたが、僕は手先は器用だ。力量をアピールするチャンスだ。しかもぼくは、本番に強い。おそらく三原さんは、ぼくを十分な戦力みなると認めざるを得ないだろう。余計なことを考えて、フィルムを手にとった。
 フィルムは、表面を光にあてると、切り込みが見える。「ではバッテリーのところからはってみましょう。ここをはがしてみてください」。笑顔の三原さんに促され、その気になって、フィルムを台紙からはがそうとする。
 「あ、その前に、機体をダッシしてください」
 ダッシ?
 「はい、機体の油分を取り除いておかないとキレイに付かないんです」
 なるほど、脱脂か。ラッピングの購入者には、脱脂剤がセットで付いてくるという。ここではスプレー缶から脱脂材を布につけて、機体を拭き取った。準備完了だ。よし、取りかかるぞ。慎重に、慎重に。
 パーツの角を、バッテリーの角にあわせる。次にフィルムの角から延びる直線を、バッテリーのヘリにはわせて、直線同士を重ねる。フィルムの位置が決まった。あとは残りのフィルムをはりあわせたところから乗せていけばいいはずだ。「上手ですね」(三原さん)。そう!だから言ったのだ。ぼくは器用だ。
 ところが。
 フィルムを本体にのせてみたら、最初にあわせた角と、対角線の角が微妙にあわない。どこかで微妙に曲がったか。
 「あの、合わないんですけど」
 「これぐらいは大丈夫ですよ」
 なぐさめてもらったのがなさけない。どうにか1枚、はりおえた。ヘリに少しのズレがある。「初めてにしては上手です」。そうか。「初めてにしては」か。
 この時点でふたつのことを決めた。
 ひとつは、あとを三原さんに託すこと。
 もうひとつは、「器用だから、採用すべきである」とは申し出ないことだ。
 今度こそ、三原さんの腕前を堪能することにする。
 機体を持ち、そこにフィルムの端をスッとおき、ヘリにあわせ、残りを乗せる。手順はぼくと同じだ。それでも、反対側のへりの部分もぴったりと機体に乗る。
 「ここのヘリのところ、使っているうちにはがれやすいところなのいで、ひっかかりがないかどうか注意しないといけないんです」
 「機体が複雑に折れている部分はギュっとおして、密着させればうまくはれます」
 「ここ、フィルムのまん中に丸くくり抜くところは、カッターの刃先でひっかければうまくくりぬけます」
 笑顔で説明しながら、精密機械のように手が動く。丁寧で、リズミカルだ。なにより楽しそうだ。スッとはって、スッとフィルムを重ねる。その作業に見とれること30分。最後にドライヤーで圧着して、見事な新緑色の機体ができあがった。戸出代表もプロポを新緑色に仕上げた。
 ぼくが試しにはったバッテリーはあくまでも記念品扱いとなった。ただ、それでも愛着はあるし、多少、初心者感はあるものの、衣替えの終わった機体、プロポは、目に鮮やかで美しい。
 注文が増えている理由が分かった気がした。

作業開始。左が戸出代表、左が三原さん。真剣な表情で一心不乱に取り組んでいるようにみえるが、実際には会話も多く明るい職場だ

フィルムのパーツを台紙からはがす

スイッチ類などのためにくりぬかなければいけないところは、カッターの刃先を使う

機体を折り返して丁寧に、リズミカルに作業をする三原さん

機体のラッピングできあがり

色は機体ごとに選べる 別色やロゴも相談可

 色の種類は機種ごとに異なる。Mavic Airなら21種類。SPARKなら14種類から選べる(取材当日の情報)。ラメ、カーボン、グロスなど光沢ごとに、複数の色がある。税込みで2800円から6800円。注文すると、フィルムと、脱脂剤、オンラインマニュアルなどがついてくる。自力での作業に自身がない場合は、有料で施工を依頼することもできるほか、別途、機体の表面を保護するためのコーティングサービスもある。
 なお、今回体験させて頂いた新緑色の「マットアップルグリーン」は特別色だ。これが希望であれば、問い合わせをすれば相談に応じてもらえる。「村山色と注文してくれれれば分かるようにしておきます」と戸出さんは言ってくれたが、そこは「マットアップルグリーン」で。
 戸出代表は、自動車整備からこの事業に参入した。高級車のラッピング経験などから、ドローン事業に参入したさいに、「ドローンは自動車と同じ」と思ったそうだ。
 「ラッピングは着飾ることができることが魅力ですが、そのほかにも視認性向上、機体保護の効果も期待できます。色が違えば空を飛ぶドローンでも肉眼で自分の機体がどれであるかわかりやすくなりますし、キズや汚れにも強くなります」と語る。
 またドローンラッピング事業の将来像については、「スマホや携帯の保護フィルムのようにしたい」と返って来た。それぐらいドローンユーザーにとって、当たり前のサービスになってほしいという意味だ。
 現在、ラッピングの注文が相次いでいて、一日に8機の作業をこなす日もあるという。株式会社ダイヤサービスとしては、ラッピングサービスDroneWrapのほか、空撮、インフラ点検、スクールなどその他のドローン事業も展開している。戸出さんは「もっと多くの人にドローンに親しんで欲しい」と思っている。
 いい話を聞き、明るく楽しい作業風景を見られた。ぼくは当面、ラッピング職人への転身をあきらめ、ドローンの取材を続けようと思う。

ドローンラッピング:https://dronewraps.blue/
株式会社ダイヤサービス:https://www.daiyaservice.com/
• 空撮・インフラ点検・測量事業「SORA.blue」
• 飛行練習場運営事業「HATAドローンフィールド千葉」
• スクール運営事業「SORA.blueドローンスクール」
• メディア運営事業「千葉DRONE WALKER」
• カスタム事業「DRONE GARAGE」
• コンサルティング事業

この記事のライター

関連するキーワード


DroneWraps

最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。