火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

火薬を使わない軽量なドローン用パラシュート

DRONE RESCUE SYSTEMS社(オーストリア、グラーツ)は、火薬を使わずにゴムで機能するドローン用パラシュートを製品化した。(田中亘)


ブラックボックス機能を備えたスマートなパラシュート

パラシュートの開いた状態

 DRONE RESCUE SYSTEMS社が開発したパラシュートDRS-10システムは、火薬ではなくゴムを使ってパラシュートを開く機構を採用している。DRS-10には、GPSによる位置情報や加速度に高度などを独自に記録するブラックボックス機能が備えられている。システム全体の重量は約280グラムと軽量で、3〜7キログラムの機体に対応する。より大きなドローンの場合は、最大で15キログラムまでの機体に対応できる約350グラムのパラシュートもある。また、UAVと連動してパラシュートを開く直前にプロペラの回転を止めるインテリジェント機能も実装できる。パラシュートは、数メートルの急降下を検知して作動する。本体は独立した構造になっているので、多くの種類のドローンに取り付けられる。

www.dronerescue.com

独立した機構で多くのドローンに取り付けられる

この記事のライター

関連する投稿


DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

DJI Mavic Pro用パラシュートが米国で登場

UAVやロケットなどのパラシュートを数多く開発しているFRUITY CHUTES社(米国カリフォルニア州)は、DJI Mavic Pro用のパラシュートの販売を開始した。(田中亘)


アマゾン今度は「パラシュート」投下によるドローン配達の特許を取得

アマゾン今度は「パラシュート」投下によるドローン配達の特許を取得

ドローンによる配達でいつも問題となるのが、荷物の引き渡し。ドローンを着陸させる方式や紐で荷物をぶら下げる方式など、さまざまなアイディアを各社が模索中です。そんな中、ドローン配達で先行するアマゾンは「パラシュートによるドローン配達システム」の特許を取得しました。


最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。