【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。


ドローン映えするおすすめスポットを分かりやすく紹介

 那賀町はドローンで空撮を楽しみたいユーザーのニーズに答えるため、町内の山、川、滝など空撮に適したドローン映えする場所で、民家、施設周辺などを避けて、土地所有者の承諾も得た上で、撮影に適した場所25箇所を選び、ドローンマップを作成している。すでに紙媒体のリーフレットとPDFで配布されていて、場所の特徴が写真とともに紹介されていることなどから、幅広いドローンユーザーに「分かりやすい」と好評だ。
 そのうえで那賀町は、周辺情報をより視覚的にとらえることができれば、ドローンユーザーの利便性が高まると判断。取り組みに共感した首都大学東京システムデザイン研究科修士1年、渡辺康太さんの協力で、デジタルアース版ドローンマップ公開されているデジタル地理情報システム(WebGIS)を活用したデジタルマップ「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を開発し、公開した。

デジタルアース版那賀町ドローンマップ

スマホで「那賀町ドローンマップ」を表示させると、地図上におすすめスポットがドローンマークで表示される

地図上のアイコンで必要な情報を取得

 マップはスマホの画面上で見ることができる。
 那賀町の地図に、町が選んだ空撮適地がドローンのマークで表示され、タップすると、その周辺情報や、パノラマ画像で視覚的にとらえることができる。那賀町が撮り貯めてきた写真も活用した。
マップ上にはアイコンが表示され、たとえば電話番号マークを触れれば、空撮するさいの連絡先が分かる。桜マーク、紅葉マークは、どのシーズンが空撮映えするかの参考になる。
地元で知られる「四季美谷温泉」を検索すると「天然温泉とジビエ料理が魅力の一軒宿。飛行前に管理者への報告を行い、施設のルールに従って飛行させてください。GPSが受信しづらいため上級者向け。飛行範囲の河川は県道沿いのため、高度に注意してください」と、表示される。また、地図上の丸いアイコンに触れるとパノラマ写真が表示され、周辺状況が把握できる。
 開発した渡辺さんは「初めて足を踏み入れた土地で、いきなりドローンを飛ばせるかというと、難しいと感じる方は多いと思います。高価なドローンをお持ちの方もいらっしゃるし、どこかにぶつけることがないかと心配される方もいらっしゃいます。このマップでは電線があるかどうかも分かります。周辺状況を把握して、心地よく飛ばして頂ければうれしいですし、経路を計画するときにも役立つと思います」と話している。

「四季美谷温泉」を表示させると紅葉のおすすめスポットであることがわかる。連絡先の情報も。

「国際ドローン展」の那賀町のブースではアピールする関係者。幟の左がマップを開発した首都大学東京大学院の渡邊康太さん。ブースには那賀町ドローン推進室の三好俊明課長(旗の右)のほか、多くの縁のある人が応援にかけつけている

この記事のライター

関連するキーワード


那賀町 ドローンマップ

関連する投稿


“ドローン特区”那賀町ふるさと会に潜入、「デジタルアース版の那賀町ドローンマップ」を体感

“ドローン特区”那賀町ふるさと会に潜入、「デジタルアース版の那賀町ドローンマップ」を体感

那賀町関東ふるさと会の総会・交流会が、6月10日、東京都渋谷区代官山町で行われ、那賀町の農村舞台の紹介や情報発信、遊休農地の活用実績など那賀町の様々な魅力が紹介された。ドローンによる町おこしではデジタルアース版の那賀町ドローンマップが紹介された。


徳島県版“ドローン特区”「那賀町」

徳島県版“ドローン特区”「那賀町」

徳島県版ドローン特区となった那賀町の奥深い自然を紹介。


熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

 ドローンタイムズは7月14日、「ドローン×ジモトノチカラ」をテーマに「第5回ドローントークPIT」を開催しました。異なる立場の論客3人が思いの込もった発表を披露すると、ファシリテーター・ササモモさんの問いかけをきっかけに、満席の客席から積極的な発言が相次ぎ、会場は異常なほどの熱気と笑顔で満たされました。


【第3回国際ドローン展2017】那賀町オリジナルドローンが首都圏で初公開 可視、赤外線の2台のカメラ搭載!

【第3回国際ドローン展2017】那賀町オリジナルドローンが首都圏で初公開 可視、赤外線の2台のカメラ搭載!

 ドローンでの町おこしに取り組んでいる徳島県那賀町は、昨年11月に製作した「那賀町オリジナルドローン nk1612―96H」を幕張メッセ(千葉市)で開催されている「国際ドローン展」で公開した。首都圏で同機が披露されたのは今回が初めて。


徳島・那賀町が町営ドローン練習場を整備 完成予定は2017年度中、周辺は桜の名所

徳島・那賀町が町営ドローン練習場を整備 完成予定は2017年度中、周辺は桜の名所

 「日本一ドローンが飛ぶ町に」を掲げ、ドローンによる地域活性化を目指している徳島県那賀町は、町営のドローン練習場を整備することになった。2月15日に開かれた町議会2月定例会議で、関連予算2090万円が2016年度補正予算に計上することが議決された。これを受けて町は2017年度中の完成を目指す。


最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。