日本初!プロフェッショナルドローンレースチーム『RAIDEN RACING』発足 堀江貴文氏もCo-Founderとして参画

日本初!プロフェッショナルドローンレースチーム『RAIDEN RACING』発足 堀江貴文氏もCo-Founderとして参画

DRONE SPORTS株式会社(東京都港区)は、 日本初となるプロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」を発足させ、ヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ「Drone Champions League」(DCL)へ参戦する。


プロフェッショナルドローンレースリーグ "DroneChampionsLeague"にRAIDEN RACING出場決定

 DRONE SPORTS株式会社(東京都港区)は、 日本初となるプロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」を発足させ、ヨーロッパ最高峰のプロフェッショナルドローンレースリーグ「Drone Champions League」(DCL)へ参戦すると発表した。

 RAIDEN RACINGは、通称「日本最速の男」「ドローンクラッシャー」「インドネシアNo.1パイロット」「ドローンレース界のプリンス」と呼ばれる10代を3人含む、 個性豊かな4人のRAIDENパイロットが一丸となって世界No.1を目指すとしている。

RAIDENパイロットプロフィール

・『日本最速の男』後藤 純一(37歳)
2017年Japan Drone League(以下JDL)でシーズン年間ランキング1位に輝く。
RAIDENパイロットキャプテンとして、 チームを牽引。

・『ドローンクラッシャー』阿左見 和馬(17歳)
ドローンレース歴わずか5ヵ月で2017年7月のJAPAN DRONE NATIONALS 2017を優勝。 JDL2017年シーズン年間ランキング3位。 日本代表として世界大会に出場した経験を持つ現役高校生パイロット。

・『インドネシアNo.1パイロット』Axel Mario(アクセル マリオ)(13歳)
2018 Indonesia Drone Racing World Cupで世界2位、 インドネシア人として1位に輝いた。
現役中学生でありRAIDEN随一の外国人パイロット。

・『ドローンレース界のプリンス』鈴木 匠(13歳)
ドローンレース歴1年、 JDL2017シーズン年間ランキング4位入賞の現役中学生パイロットで、RAIDEN最年少。

ヨーロッパ最高峰リーグ、 DCLへの挑戦

 DCLは2016年オーストリアで行われた大会を皮切りに、2017年から世界転戦リーグを始動し、世界5カ国の象徴的な場所で開催された。 大会の様子は、 27局のTVパートナーから世界76カ国で放送されており 累計視聴者は1.1億人といわれ、ヨーロッパ最高峰のドローンリーグ。
 日本では2017年よりスポーツテレビ局のJ SPORTSが放送を開始しており、今年も全戦を放送することが決定した。

DCL2018シーズン スケジュール

 今シーズンは、6カ国、 全12戦の開催。 アジア圏初開催(中国、 万里の長城)も予定され、 新スポーツとして世界各国で注目されている。

・第1戦・6月22,23日
ドイツ/ミュンヘン

・第2戦・7月4,5日
スペイン/マドリッド

・第3戦・8月10,11日
中国/万里の長城

・第4戦・8月31日,9月1日
リヒテンシュタイン/ファドゥーツ

・第5戦・9月21日,22日
ベルギー/ブリュッセル

・第6戦・10月12,13日
スイス/チューリッヒ湖

この記事のライター

関連する投稿


プロフェッショナルドローンレースチーム「RAIDEN RACING」、中国ドローンリーグ『Drone GP』参戦!

プロフェッショナルドローンレースチーム「RAIDEN RACING」、中国ドローンリーグ『Drone GP』参戦!

実業家 堀江貴文氏もCo-Founderとして参画するRAIDEN RACING、ヨーロッパリーグ「DroneChampionsLeague」参戦に続き、中国リーグ「DroneGP」参戦。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。