【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

【国際ドローン展】ドローンラボ、インテルのファルコン8+を販売 

株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。


ファルコン8+が日本市場に登場

 株式会社ドローンラボ(東京都江東区)が、インテル株式会社(東京都千代田区)の産業用ドローン「ファルコン8+(FALCON 8+)」の販売を開始する。4月18日の千葉・幕張メッセで開催されている国際ドローン展のドローンラボのブースで発表を兼ねて展示された。
 インテルのファルコン8は北米市場の商用ドローンサービスプロバイダーなどに向けて開発された機体で、日本国内での販売はこれが初めてとなる。ファルコン8+の日本市場での販売に関しては先月インテルから発表があったばかりだが、販売パートナーについては明かされていなかった。
 ファルコン8+は、特徴のある特許取得済みのV字形フレームに、8ローター設計の機体で、インフラ点検、測量、精密農業などに活用できる産業用ドローンだ。ペイロードは測量用にフルサイズの36Mピクセルの高解像度を誇るSony α7Rを搭載することで高精細な画像データの取得が可能となっている。また点検用ペイロードは1台のジンバルにフルサイズセンサーのRGBカメラとFLIR Tau 640カメラを搭載し、RGBおよび14bitRAW赤外線画像をタイムスタンプとジオタグ付きで同時に撮影することができる。ジンバルは上下に90°に動かすことが可能なため、橋梁点検などの真上や真下の撮影ができる。前面のペイロードは絶妙のバランスで。V字フレームの利点を生かし、広い視野角が得られている。
 特に大きな特徴は、インテル・コックピット・コントローラーで、右手スティックで上下左右に動かし、スティックのシリンダーを回すことで左スティックでおこなう旋回の動きを右スティックだけで操作できる。このために操縦モードをモード2のみに固定されているが、右手による操縦に集中でき、微妙な産業用ドローンの操作に対応している。カメラの設定や操作もコントローラー側から行うことができる。
 またバッテリーはスマートバッテリーシステムで、飛行時間は20分程だが、コントローラーと併用できる。
 販売価格(カメラを含む)は300万円ほどになりそう。販売の時期については6月頃になる見通しだ。ファルコン8+の操縦教習は、一般社団法人ドローン大学校(東京都千代田区)で行うことが決まっている。

ファルコン8+について説明するドローンラボ取締役の名倉慎吾氏=4月18日、千葉・幕張メッセ(渡辺照明撮影)

コントロールに集中できるインテル・コックピット・コントローラー。

■Intel FALCON8+UAVの問い合わせ、発注
Intel FALCON8+UAVリセラー 株式会社ドローンラボ
http://www.dronelab.tech/
03-6891-2188

■Intel FALCON8+UAV教習について
一般社団法人ドローン大学校
https://dronecollege.ac/
03-6865-8188

この記事のライター

関連する投稿


インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

インテルが最新のドローン ソフトウェア ソリューションとカメラシステムを発表

米国コロラド州デンバーで開催されているAUVSI Xponentialイベントで、インテルはIntel Falcon 8+ Systemのアップデートや最新のドローン ソフトウェア ソリューションを発表した。(田中亘)


インテルが50周年を記念して1,500台のドローンライトショーを計画

インテルが50周年を記念して1,500台のドローンライトショーを計画

インテル(米国)は、創立50周年を記念して、Intel ShootingStarによるドローンライトショーで、1,500台以上の記録を樹立する計画を発表した。(田中亘)


【国際ドローン展】ロックガレッジが開発、Aiによるドローンリアルタイム探査システム

【国際ドローン展】ロックガレッジが開発、Aiによるドローンリアルタイム探査システム

ドローンリアルタイム探査クラウドシステムを開発している株式会社ロックガレッジ(代表取締役:岩倉大輔/Rock Garege)では、AIによる山岳遭難探査、害獣調査、植生調査、ゴミの不法投棄、密猟監視などに応用できるシステムを構築し、現在ユーザーモニター募集中。


【国際ドローン展】東京航空計器の国産ドローン「GNAS SKY」輸送無人ヘリと多目的マルチコプター

【国際ドローン展】東京航空計器の国産ドローン「GNAS SKY」輸送無人ヘリと多目的マルチコプター

ドローンの飛行制御を行うモーションセンサーを開発する東京航空計器株式会社(東京都魔町田市)は、同社独自開発のGNAS SKY フライトコントロールシステム搭載のGNAS SKY輸送用無人ヘリと多目的マルチコプターを、4月18日開催の国際ドローン展の同社ブースで展示した。


【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

4月18日から幕張メッセで開催された国際ドローン展には、ドローン産業に携わる国内メーカーが、数多くの製品やソリューションを展示していた。(田中亘)


最新の投稿


ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

ドコモ5Gでウインドサーフィンワールドカップの海上映像の伝送成功 ドローン空撮伝送も

株式会社NTTドコモ(ドコモ)がNPO法人日本ウインドサーフィン協会(JWA)と、「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会 (ウインドサーフィンワールドカップ)において、28GHz帯における第5世代移動通信方式(5G)を 用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験の成功事例を紹介。


さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが政府衛星データを利用したプラットフォームを提供

さくらインターネットが衛星画像を無料で使えるプラットフォームを提供、経済産業省の委託事業として契約を締結した。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローンが東京海上日動と業界初となるUTM自動付帯保険サービスを展開

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 ドローン飛行で安全管理を目的とするTerra UTM(ドローン運行管理システム)のアプリの販売を開始する。また東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)と、 Terra UTMアプリ利用時に自動的にドローンの保険加入ができるUTM自動付帯保険サービスを開始すると発表した。


名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道がドローン操縦士養成スクールを開校

名古屋鉄道株式会社(愛知県名古屋市)は、ドローン操縦士を養成するスクール「名鉄ドローンアカデミー神宮前校」を6月30日開校する。