国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


 インフラ点検・診断の着実かつ効率的な実施に向けて、小型無人航空機(ドローン等)の活用に関心が集まっているが、一方では、小型無人航空機の活用には、関連法令の整備やインフラ点検用途に求められる機体性能、取得データの管理といった新たな課題がある。
 国交省のインフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催する。

*このセミナーは、ドローン本格導入時代におけるインフラメンテナンスの生産性革命の実現
に向けて、今後の道行きを探ることを目的に、全4回に渡り開催する連続セミナーとなる。

第2回 ドローンが果たす生産性革命とは(仮) 【9月頃予定】   
第3回 ドローン技術開発の目標明確化[1](仮) 【12月頃予定】
第4回 ドローン技術開発の目標明確化[2](仮)調整中【2月頃予定】

1.日時
平成30年5月10日(木)10:00~18:00(開場9:30~)

2.場所
JR品川イーストビル 20F (株)日立製作所内 Hall 東京都港区港南 2-18-1

3.議題
下表を参照。

4.参加方法
5月7日(月)17時までに、下記Webより申込みが必要。
受付フォーム https://bit.ly/2E9zI6I Office.com 。

5.参 加 費
2,000円(税込)(当日会場で。)

この記事のライター

関連するキーワード


国交省 インフラ

関連する投稿


JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、国土交通省航空局 安全部 運航安全課 無人航空機運航基準係の河本欣隆氏を講師にドローン情報基盤システム(Drone/UAS Information Platform System【DIPS】)について、セミナーを5月9日に東京大学(本郷)で開催する。


「講習団体」は177、うち8組は〝二刀流〟 国交省航空局が5月1日付でHP更新

「講習団体」は177、うち8組は〝二刀流〟 国交省航空局が5月1日付でHP更新

 国交省航空局は5月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を得るための講習を実施する「講習団体」は177組と公表。2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟が8組あるため、実質169団体が5月1日時点で講習サービスを提供する掲載団体ということになる。


国交省、ドローン飛行許可、承認手続きをオンラインサービスで 4月2日から

国交省、ドローン飛行許可、承認手続きをオンラインサービスで 4月2日から

国土交通省は、申請件数が増加するドローンの飛行許可申請手続きに対応するため、4月2日からネットによるオンライン申請を開始すると3月20日、発表した。専用のホームページが設置される。


外務省、米軍施設・区域の上空等におけるヘリやドローンの飛行に注意喚起する ビラ配布やポスターを掲示

外務省、米軍施設・区域の上空等におけるヘリやドローンの飛行に注意喚起する ビラ配布やポスターを掲示

外務省は、米軍施設・区域の上空及びその周辺においてヘリやドローンを飛行させることは,重大事故につながるおそれのある大変危険な行為として,このような行為に対して注意を喚起するビラ・ポスターを防衛省,警察庁,国土交通省及び外務省から配布・掲示すると2月20日に発表した。


国交省、イベントなどの上空飛行について立入禁止範囲を明確化 1月31日付

国交省、イベントなどの上空飛行について立入禁止範囲を明確化 1月31日付

国交省は、イベント上空で飛行中の無人航空機が落下事故を受け、「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」について立入禁止範囲の明確化などの改正を1月31日付で行った。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。