ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


 ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始する。 また 学校・教育関係者様を対象とした「新学期応援アンケートキャンペーン」を開催し、 プログラミングアプリ対応機体DRONE STAR 01スターターセットが貰えるキャンペーンを2018年26日まで 実施致する。

 ORSOは、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STARプログラミング」を開発にあたり、 ITサービス開発力とドローン利活用推進事業での教育ノウハウを生かし、 教育現場でドローンを使ったICT教育を共創するため、このアプリの先行導入パートナーを昨年12月より募集した。 その結果、先行導入期間1か月間におけるプログラム参加人数は250名を超えた。ドローンプログラミング教室を全国各地の教育現場で共に研究開発し、 小・中・高校・大学・社会人全てのドローンプログラミングのエントリーモデルとして、 ツーザーの創造性を磨くことを重視し、 論理的思考を育むこのサービスを開発した。

18gのアプリ対応ドローンが貰える!期間限定アンケートキャンペーン詳細

対象: ドローンプログラミングをご検討の学校・プログラミング教室など教育関係者
概要: 対象者で、 対象アンケートにご記入した全員にDRONE STARプログラミング対応ドローン
スターターセットをプレゼントする期間限定キャンペーン。 (1校につき1セット限定)

スターターセット同梱物:
(1)DRONE STAR 01 機体 ×2
(2)DRONE STAR 01 プロポ(送信機) ×1
(3)専用パーツ×1
(4)スタートガイド×1
(5)授業資料×1

キャンペーン応募期間:
2018年4月17(火)~26日(木)17時59分迄

スターターセットの発送:
2018年4月19日(木)より順次発送予定

応募方法: 詳細はURLを参照。
DRONE STAR 新学期応援アンケートキャンペーン
https://www.dronestar.jp/starter_campaign/

アプリ:DRONE STAR プログラミング

 DRONE STAR プログラミングは、 生徒自身がプログラミングに興味を持ち、 個々の感性を高め、 アプリに沿って自発的にPDCAを回し続ける環境を提供する、 新しいスマートフォン向けドローンプログラミングアプリ。
●対応デバイス:iOSバージョン8.0以上の iPhoneおよびiPad ※Android OSは今後対応予定。
●提供プラットフォーム:App Store
●アプリ利用料:本アプリの利用は有料となります。 以下の価格表を参照のこと。
●配信日:2018年4月17日(火)※DRONE STAR プログラミングアプリと連携できる対応機体は順次拡大予定。

DRONE STAR プログラミングアプリ価格表(税込)

アプリ対応機体および機体セット価格表(税込)

※リリース記載内容は報道発表日時点の情報であり、 随時変更の可能性がありますので予めご了承下さい。
※iPhone、 iPadは、 米国および他の国々で登録されたApple Inc.の登録商標です。
※iOS商標は、 米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。
※App Storeは、 Apple Inc.のサービスマークです。
※Androidは、 Google Inc.の商標または登録商標です。
※DRONE STARは、 日本および他の国々で登録された株式会社ORSOの登録商標です。

この記事のライター

関連する投稿


スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

 IT サービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、スマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」に、DJI が技術提供するRyze Tech 社製のTelloも対応機種として追加すると発表した。2018 年8 ⽉6 ⽇から配信する予定。


DRONE STAR© プログラミングが慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの教材に採用

DRONE STAR© プログラミングが慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの教材に採用

ITサービス開発とドローン利活用を推進する株式会社ORSOが提供するドローンプログラミングを学べるアプリ「DRONE STAR© プログラミング」が、慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムが進めるドローン前提社会における、ドローンを活用した人材教育の研究教材として採用された。


ORSOがドローン操縦をバーチャルで拡張したコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レーシングカップ」を発表

ORSOがドローン操縦をバーチャルで拡張したコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レーシングカップ」を発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 KDDI株式会社(東京都千代田区) が、スマートグラス「R-9」に対応した、 ドローン操縦の楽しさをバーチャルで拡張したスマートグラス×DRONE STAR(C)のコンセプトゲーム「DRONE STAR(C)レ-シングカップ」を発表した。


ORSO、大分県ICTリーディングカンパニーであるオーイーシーと業務提携

ORSO、大分県ICTリーディングカンパニーであるオーイーシーと業務提携

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、大分県におけるICTリーディングカンパニーの株式会社オーイーシー(大分県大分市)と、大分県におけるドローン・IoT分野でのビジネス創造と、人材育成を目的に、業務提携を行うと発表した。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C) プログラミング」の先行導入パートナーを決定

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C) プログラミング」の先行導入パートナーを決定

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 昨年、募集を開始したドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C) プログラミング」の先行評価プログラムの開始に伴い協力する企業・団体10社が決定したと発表した。


最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。