超安定! 「4D Gravity」のエアロネクストが新型機「Next INDUSTRY」を開発 国際ドローン展で公開へ

超安定! 「4D Gravity」のエアロネクストが新型機「Next INDUSTRY」を開発 国際ドローン展で公開へ

 機体の姿勢を安定させる高度な重心制御技術で業界を驚かせた株式会社エアロネクスト(東京)が、インフラ点検や検査測量、警備、農業等に対応する産業用の新型ドローン「Next INDUSTRY」を開発したと発表した。4月18~20日に千葉・幕張で行われる「国際ドローン展」でお披露目する。


360°VR、宅配に続く新型機は、インフラ点検、検査測量などの産業用

 エアロネクストは、ドローンが飛行している間も姿勢を安定させる姿勢制御技術「4D Gravity」を独自に開発し、今年3月に発表した360°VR撮影用の「Next VR」、宅配専用の「Next DELIVERY」で業界を驚かせた。用途に応じて重心を制御できることが特徴で、燃費、速度などの機体の基本性能が向上するほか、従来、重心が不安定になるために困難だった作業を可能にする可能性が広がる。
 エアロネクストは千葉・幕張メッセで開催される「第4回 国際ドローン展」(主催:一般社団法人日本能率協会)で同機を公開。4月18~20日の各日、14:00~14:30にデモフライトを行う予定だ。
 同社が4月17日に公開したリリースは以下の通り

     【次世代ドローン】エアロネクスト、対象物への接近や狭所への侵入を
        可能にする幅広い産業用途に対応した新型ドローンを発表
     産業分野でのドローンの可能性を飛躍的に引き上げる新しい機体フレームを提案



 株式会社エアロネクスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田路圭輔、以下「エアロネクスト」)は、2018年4月18日より20日まで開催される「第4回 国際ドローン展」(主催:一般社団法人日本能率協会、会場:幕張メッセ)にて、独自技術「4D Gravity™」を搭載した次世代産業向けの新型ドローンを発表します。

「4D Gravity™」(Best of Japan Drone award 2018「ドローン関連テクノロジー」部門 最優秀賞受賞)は、飛行中のドローンの重心を最適化する技術で、これを搭載するドローンは、燃費、速度、信頼性などといった 基本性能の向上が期待できます。さらに、用途に合わせて重心を制御することにより、今まで不可能だった挙動が可能となり、新たな産業分野への活用が可能になります。

 国際ドローン展では、「4D Gravity™」の産業用途への応用事例として、3月に発表した360°VR撮影用の「Next VR™」と宅配専用の「Next DELIVERY™」の2機種に続き、新たにインフラ点検や検査測量、警備、農業 等に対応した「Next INDUSTRY™」を発表します。

 現在、ドローン市場においては、映像空撮の他、トンネルや橋梁、太陽光パネルなどの各種インフラ施設の検査や点検、農薬散布等への利用が始まりつつありますが、ハードウェアの技術的な課題も多く、活用範囲は限定的なものに留まっています。

 新型機「Next INDUSTRY™」は、プロペラとカメラやセンサーなどの搭載物の物理的な距離を離すための機構を取り入れ、従来のドローンでは難しかった対象物への接近や狭い空間への侵入が可能になりました。

 エアロネクストは、「4D Gravity™」を搭載する新型ドローンの研究開発を続けていくとともに、今後は、パートナー企業との連携を深め、「4D Gravity™」搭載機の普及を推進することにより、産業分野におけるドローンの活用領域を拡大し、より安全、安心なドローン前提社会づくりに貢献していきます。

■特徴
- 独自技術「4D Gravity™」搭載(低燃費、高信頼性)
- 様々な産業分野に利用できる拡張性
- 自社設計・自社製造

■フライトテスト動画 (YouTube)
https://youtu.be/CSHVkoJFVyE

■展示機の主要スペック
・モータースパン : 1,000mm
・地上給電 : 対応予定
・全高 : 3,000mm
・搭載カメラ : 360fly(VRカメラ)
・質量 : 5,200g
・最高速度 : 10km/h
・飛行時間 : 15分
・フレーム材 : マグネシウム

■価格
500万円~(用途・カスタマイズにより変動)
■発売開始時期
2018年内の販売開始を予定

■株式会社エアロネクストについて
UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームのあるべき姿を実現する、ドローン・アーキテクチャ研究所です。エアロネクストが実現を目指すドローン・アーキテクチャの中心テーマを「姿勢制御」とし、重心制御技術(4D Gravity™)に強みを持つ機体開発を行っています。

(※)エアロネクストおよびエアロネクストのロゴおよび、「4D Gravity™」、「Next VR™」、「Next DELIVERY™」、「Next INDUSTRY™」は、株式会社エアロネクストの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。


この記事のライター

関連するキーワード


エアロネクスト

関連する投稿


次世代ドローンのエアロネクスト、IVS LaunchPadで優勝。 米CES 2019へ出展、海外展開加速へ。

次世代ドローンのエアロネクスト、IVS LaunchPadで優勝。 米CES 2019へ出展、海外展開加速へ。

9月のICCサミット、10月のB Dash Campに続き主要スタートアップピッチで連続優勝。2019年1月には、米 ラスベガスで開催される「CES 2019」へ出展、海外展開加速へ。


エアロネクストまた受賞! ドローンの本場、中国・深圳の大会で3位! 「知的財産賞」も同時に

エアロネクストまた受賞! ドローンの本場、中国・深圳の大会で3位! 「知的財産賞」も同時に

  機体の姿勢制御技術で知られるエアロネクスト (東京都渋谷区)がまた受賞した。中国・深圳で11月15、16日に開催された国際ピッチ大会、「創業之星2018」に日本企業として初めて出場し、スタートアップ部門で第3位に入賞。今回創設された「知的財産賞」も同時受賞した。同社は儒層を足掛かりに、国際展開を加速する方針だ。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


エアロネクスト、中国深センの国際ピッチコンテスト世界大会に日本代表として出場決定

エアロネクスト、中国深センの国際ピッチコンテスト世界大会に日本代表として出場決定

国内予選で優勝。ICCリアルテックカタパルト優勝、ディープテックグランプリでも受賞。


エアロネクストの新型ドローン「Next」シリーズ、新しい橋梁点検手法による実証実験を実施

エアロネクストの新型ドローン「Next」シリーズ、新しい橋梁点検手法による実証実験を実施

国際航業株式会社(東京都千代田区)と、 株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区)は、 エアロネクストの新型ドローン「Next INDUSTRY(TM)」を活用した次世代の橋梁点検手法の実証実験を実施した。


最新の投稿


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。


ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)は、第2回セミナー「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」を1月30日に東京都品川区のきゅりあん 1F 小ホール(品川区立総合区民会館)で開催。


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。