超安定! 「4D Gravity」のエアロネクストが新型機「Next INDUSTRY」を開発 国際ドローン展で公開へ

超安定! 「4D Gravity」のエアロネクストが新型機「Next INDUSTRY」を開発 国際ドローン展で公開へ

 機体の姿勢を安定させる高度な重心制御技術で業界を驚かせた株式会社エアロネクスト(東京)が、インフラ点検や検査測量、警備、農業等に対応する産業用の新型ドローン「Next INDUSTRY」を開発したと発表した。4月18~20日に千葉・幕張で行われる「国際ドローン展」でお披露目する。


360°VR、宅配に続く新型機は、インフラ点検、検査測量などの産業用

 エアロネクストは、ドローンが飛行している間も姿勢を安定させる姿勢制御技術「4D Gravity」を独自に開発し、今年3月に発表した360°VR撮影用の「Next VR」、宅配専用の「Next DELIVERY」で業界を驚かせた。用途に応じて重心を制御できることが特徴で、燃費、速度などの機体の基本性能が向上するほか、従来、重心が不安定になるために困難だった作業を可能にする可能性が広がる。
 エアロネクストは千葉・幕張メッセで開催される「第4回 国際ドローン展」(主催:一般社団法人日本能率協会)で同機を公開。4月18~20日の各日、14:00~14:30にデモフライトを行う予定だ。
 同社が4月17日に公開したリリースは以下の通り

     【次世代ドローン】エアロネクスト、対象物への接近や狭所への侵入を
        可能にする幅広い産業用途に対応した新型ドローンを発表
     産業分野でのドローンの可能性を飛躍的に引き上げる新しい機体フレームを提案



 株式会社エアロネクスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田路圭輔、以下「エアロネクスト」)は、2018年4月18日より20日まで開催される「第4回 国際ドローン展」(主催:一般社団法人日本能率協会、会場:幕張メッセ)にて、独自技術「4D Gravity™」を搭載した次世代産業向けの新型ドローンを発表します。

「4D Gravity™」(Best of Japan Drone award 2018「ドローン関連テクノロジー」部門 最優秀賞受賞)は、飛行中のドローンの重心を最適化する技術で、これを搭載するドローンは、燃費、速度、信頼性などといった 基本性能の向上が期待できます。さらに、用途に合わせて重心を制御することにより、今まで不可能だった挙動が可能となり、新たな産業分野への活用が可能になります。

 国際ドローン展では、「4D Gravity™」の産業用途への応用事例として、3月に発表した360°VR撮影用の「Next VR™」と宅配専用の「Next DELIVERY™」の2機種に続き、新たにインフラ点検や検査測量、警備、農業 等に対応した「Next INDUSTRY™」を発表します。

 現在、ドローン市場においては、映像空撮の他、トンネルや橋梁、太陽光パネルなどの各種インフラ施設の検査や点検、農薬散布等への利用が始まりつつありますが、ハードウェアの技術的な課題も多く、活用範囲は限定的なものに留まっています。

 新型機「Next INDUSTRY™」は、プロペラとカメラやセンサーなどの搭載物の物理的な距離を離すための機構を取り入れ、従来のドローンでは難しかった対象物への接近や狭い空間への侵入が可能になりました。

 エアロネクストは、「4D Gravity™」を搭載する新型ドローンの研究開発を続けていくとともに、今後は、パートナー企業との連携を深め、「4D Gravity™」搭載機の普及を推進することにより、産業分野におけるドローンの活用領域を拡大し、より安全、安心なドローン前提社会づくりに貢献していきます。

■特徴
- 独自技術「4D Gravity™」搭載(低燃費、高信頼性)
- 様々な産業分野に利用できる拡張性
- 自社設計・自社製造

■フライトテスト動画 (YouTube)
https://youtu.be/CSHVkoJFVyE

■展示機の主要スペック
・モータースパン : 1,000mm
・地上給電 : 対応予定
・全高 : 3,000mm
・搭載カメラ : 360fly(VRカメラ)
・質量 : 5,200g
・最高速度 : 10km/h
・飛行時間 : 15分
・フレーム材 : マグネシウム

■価格
500万円~(用途・カスタマイズにより変動)
■発売開始時期
2018年内の販売開始を予定

■株式会社エアロネクストについて
UAV(無人航空機)やマルチコプターの機体フレームのあるべき姿を実現する、ドローン・アーキテクチャ研究所です。エアロネクストが実現を目指すドローン・アーキテクチャの中心テーマを「姿勢制御」とし、重心制御技術(4D Gravity™)に強みを持つ機体開発を行っています。

(※)エアロネクストおよびエアロネクストのロゴおよび、「4D Gravity™」、「Next VR™」、「Next DELIVERY™」、「Next INDUSTRY™」は、株式会社エアロネクストの商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。


この記事のライター

関連するキーワード


エアロネクスト

関連する投稿


エアロネクスト、新技術「4D Gravity™」を搭載した、360°VR撮影ドローンと宅配専用ドローンをジャパン・ドローンで発表

エアロネクスト、新技術「4D Gravity™」を搭載した、360°VR撮影ドローンと宅配専用ドローンをジャパン・ドローンで発表

株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区)は、、新技術「4D Gravity™」を搭載した、カメラがブレない360°VR撮影ドローンと荷物を傾けずに運べる宅配専用ドローンを、3月22日から幕張メッセで開催されるジャパン・ドローン2018で発表する。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。