フォト蔵、ドローン開発を行うスカイリモートジャパン主催によるフォトコンテスト「ワンダフル!スカイ」を開催

フォト蔵、ドローン開発を行うスカイリモートジャパン主催によるフォトコンテスト「ワンダフル!スカイ」を開催

日本最大級の写真 SNS メディア「フォト蔵」(登録700万人)を運営するフォト蔵株式会社は、ドローン開発会社である株式会社スカイリモートジャパン主催によるフォトコンテスト「ワンダフル!スカイ」の開催を発表した。


 日本最大級の写真 SNS メディア「フォト蔵」(登録700万人)を運営するフォト蔵株式会社(東京都新宿区)は、ドローン開発会社の株式会社スカイリモートジャパン主催でフォトコンテスト「ワンダフル!スカイ」の開催を発表した。

フォトコンテストサイト: http://photozou.jp/skyremote2018/top

■フォトコンテスト名:「ワンダフル!スカイ」

コンテストテーマ:ドローンからの空撮、飛行するドローンの撮影、機体の撮影などドローンに関することならなんでもOK。

応募資格:プロ、アマチュア、年齢、性別、国籍を問わず、誰でも応募できる。テーマに沿った作品であれば撮影日や枚数に限りなく応募することができる。

応募期間:2018/04/13 ~ 2018/08/15 23:59まで。
結果発表:2018年10月頃、フォト蔵HPで発表。
入選通知:コンテスト入賞者にはご登録頂いたメールに連絡。
応募方法:フォト蔵アカウント登録者は、「skyremote2018」をタグとして入力し、フォト蔵で写真をアップロードする。 なお、写真はインターネット公開が前提で、審査の対象とはなりません。
審査員: 中地元三郎、王斗斗

主催者紹介:株式会社スカイリモートジャパン
代表取締役 石原 久
熊本県熊本市南区薄場1-14-6(本店所在地)
熊本市西区上熊本1-2-6(工場)

フォト蔵は基本無料の写真 SNS であり、スマートフォン版、PC版 サービスとそれに連動するスマホアプリを使用することで「誰も」が「無料」で「無制限」に写真ファイルをフォト蔵に保存でき、フォト蔵サイトにアクセスする事で「いつでも」「どこでも」写真を楽しむことができる。

フォト蔵株式会社
所在地:東京都新宿区四谷4-30 エスツウィン新宿4階
代表取締役:石塚孝一
設立:2016(平成28)年8月
事業内容:写真SNSサービス運営、ネット広告代理店事業
会社URL: http://photozou.co.jp
フォト蔵 URL: http://photozou.jp/
連絡先: info@photozou.co.jp

この記事のライター

最新の投稿


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。