$295で屋根の診断を行うドローン検査サービスが米国でスタート

$295で屋根の診断を行うドローン検査サービスが米国でスタート

LOVELAND INOVATIONS社(本社:米国ユタ州)は、ドローンの自動飛行を活用して$295(約31,000円)で屋根の検査サービスを提供すると発表した。


自動飛行を活用して5分で屋根を撮影して診断

専用のアプリで屋根のエリアを指定すると自動で飛行して撮影する

 LOVELAND INOVATIONS社の屋根診断は、ドローンの自動飛行を活用したサービス。サイトに公開されている動画からは、PHANTOM 4を利用していると見られる。足場などを組んで点検する通常のサービスでは診断結果が出るまでに10〜14日の日数を要するのに対して、DRONE ASSISTと呼ばれる屋根診断サービスは、$295のコストで3〜5日で診断結果を報告する。IMGINGという屋根や土地の点検ソリューションで、ドローンを自動飛行させて撮影した高解像度の画像をAIと深層学習ツールを使用して、診断レポートを作成する。
 LOVELAND INOVATIONS社の創設者ジム・ラヴランド氏は「これは、クレームプロセスの次の進化です。伝統的な請求の調整に代わる迅速で費用対効果に優れた、安全なフルサービスです」と話す。

この記事のライター

最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。