$295で屋根の診断を行うドローン検査サービスが米国でスタート

$295で屋根の診断を行うドローン検査サービスが米国でスタート

LOVELAND INOVATIONS社(本社:米国ユタ州)は、ドローンの自動飛行を活用して$295(約31,000円)で屋根の検査サービスを提供すると発表した。


自動飛行を活用して5分で屋根を撮影して診断

専用のアプリで屋根のエリアを指定すると自動で飛行して撮影する

 LOVELAND INOVATIONS社の屋根診断は、ドローンの自動飛行を活用したサービス。サイトに公開されている動画からは、PHANTOM 4を利用していると見られる。足場などを組んで点検する通常のサービスでは診断結果が出るまでに10〜14日の日数を要するのに対して、DRONE ASSISTと呼ばれる屋根診断サービスは、$295のコストで3〜5日で診断結果を報告する。IMGINGという屋根や土地の点検ソリューションで、ドローンを自動飛行させて撮影した高解像度の画像をAIと深層学習ツールを使用して、診断レポートを作成する。
 LOVELAND INOVATIONS社の創設者ジム・ラヴランド氏は「これは、クレームプロセスの次の進化です。伝統的な請求の調整に代わる迅速で費用対効果に優れた、安全なフルサービスです」と話す。

この記事のライター

最新の投稿


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。