インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

インテルが予測、データ革命をけん引するドローン産業の未来像

半導体大手のインテルコーポレーションは、ドローン事業にも積極的な投資を行っている。その理由は、ドローン産業の発展がデータ革命をけん引すると予測しているから。インテルのドローン事業から産業の未来像を考察する。(田中亘)


データは21世紀の油田だと提唱するインテルとドローンの関係

ドローンが収集する膨大なデータ量は新しい産業のオイルとなるか

 数年前からインテルでは「データは21世紀の油田だ」と提唱している。世界中の人たちがSNSなどで様々な情報を交換し、インターネットと結ばれたIoT端末やスマート家電がデータを発信するようになり、膨大な情報がサイバー空間には満ち溢れている。この多様なデータの中から、価値ある洞察を導き出したビジネスが、新たな産業の覇者になると考えられている。インテルでは、半導体が利用される様々な産業分野に積極的な投資を行い、CPUをはじめとした同社の製品が利用される市場と機会の拡大を推進している。その中でも、ドローン産業に注力している背景には、ドローンの飛行によって生成されるデータの膨大さがある。インテルの試算によれば、3Dマップのために撮影される画像数を500枚としたときに、そのデータサイズは30メガバイトに及ぶ。これは、一台のドローンの試算なので、仮に75台のドローン、あるいは75回の飛行が行われれば、一日あたり18テラバイトのデータが生成される計算になる。3Dマップだけで18テラバイトを超えるとすれば、空撮動画や測量用の静止画なども、飛行するドローンの数と回数が増えていけば、指数関数的に増加していく。そのデータ量の増加は、半導体産業やIT市場にとって、魅力的なビジネスとなる。

インテルの注力する業界と市場規模

インテルの注力する業界とドローンの用途

 ドローンを活用したデータ生成事業の中でも、インテルが注力している業界は、建設、公益事業、農業、石油とガスの4分野になる。それぞれの市場規模の予測は、ABI社の試算によれば、建設が$6.6B(約7,000億円)、公益事業が$2B(約2,140億円)、農業が$8.4B(約9,000億円)、石油とガスが$6B(約6,400億円)となる。
 これらの注力市場に向けて、インテルでは3つの商用ドローン・ソリューションで対応している。一つが、オクタコプターのインテルFALCON 8+ドローン。ソニー製のα7や赤外線カメラなどを搭載し、強風下でも安定した飛行が可能で、インフラ点検や3D画像作成など、数多くの空撮業務をこなしている。もうひとつが、固定翼型のインテルSIRIUS PRO。セスナのような形状をした小型ドローンで、広域の飛行に適している。手で投げて飛ばし、発泡樹脂製の軽量な機体は胴体着陸で帰還する。そして3つ目のソリューションが、インテルMISSION CONTROLというフライト計画を自動化するアプリケーション。先ごろ来日したインテルコーポレーションのドローン事業部マーケテイング責任者のシンディー・ウン氏は、「MISSION CONTROLによりパイロットはボタンを押すだけになる。後はドローンがデータをキャプチャして戻ってくるので、データを解析するプロセスに容易に移行できる」と話している。インテルの描くドローン産業の近未来は、熟練したパイロットを不要にする自律飛行プログラムにより、ドローンはデータを生成する飛行ロボットとして、正確に対象物の撮影を行うようになる。その結果、定期的な点検や調査が可能になり、収集した膨大なデータを解析する段階で、インテルの半導体製品や各種ソリューションを利用する。これら一連のサービスをインテルではワークフローとして整理している。

インテルが提供する3つのドローン関連ソリューション

産業用ドローンのサービス向けワークフロー

 もちろん、現時点ですべてを自動化するのは難しい。特に、ドローンの安定した飛行のためには、まだまだ多くの技術革新が求められる。そこでインテルでは、REALSENSEという障害物回避システムや、画像認識型AIのMovidiusに、ドローン開発者向けのキット販売などを通して、ドローン技術の革新や向上にも取り組んでいる。また、インテル以外にもドローンの自律飛行に向けたAIやエッジコンピーティングを推進するベンチャー企業や半導体メーカーもある。こうした企業間の技術競争により、近い将来にはインテルの目指す「完全な自律飛行によるデータ収集マシン」としての産業用ドローンが、広く普及していく可能性は高い。

インテルのドローン関連のイノベーション

この記事のライター

関連する投稿


韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

韓国や中国の文化遺産を記録するインテルのFalcon 8+

米国の半導体大手メーカーのインテルは、韓国や中国の文化遺産を守るために、Intel Falcon 8+ドローンを使い、3Dモデルの作成に取り組んでいる。


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルは都内でエネルギー関係者に向けて今年で三回目となるインテルエネルギーフォーラム2018を開催した。基調講演や展示コーナーに、最新のドローンに対する取り組みと日本で販売を開始するFalcon 8+が展示された。


インテルが強風で独立記念日のドローンライトショーをキャンセル

インテルが強風で独立記念日のドローンライトショーをキャンセル

2018年7月4日。米国カリフォルニア州フェアフィールドのトラビス空軍基地で予定されていたインテルのドローンライトショーが、強風のためキャンセルになった。


「TIME誌」の表紙を958機のインテルドローンが夜空に描いた

「TIME誌」の表紙を958機のインテルドローンが夜空に描いた

958機のドローンが米「TIME」誌の6月号の表紙を飾った。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。