水深50メートル航続距離7キロメートルで群制御が可能な水中ドローンSwarmDiver

水深50メートル航続距離7キロメートルで群制御が可能な水中ドローンSwarmDiver

2018年4月9日。シドニー、マサチューセッツ。水中ドローンを開発しているAquabotix社は、1人で複数の水中ロボットを操作できるSwarmDiverを発表した。海洋調査や防衛などに活用できる。(田中亘)


波をかき分け水深50メートルの海底も調査できる高性能な群制御対応の水中ドローン

ロンドンで開催されたOceanology International 2018で展示されたSwarmDiver

 SwarmDiverは、筒状の本体に2つのブラシレスモーターを取り付けた水中ドローン。全長75cmで約1.7kgの重さ。最大4.3ノットで移動し、約2.5時間のバッテリー寿命で7kmまで航行でき、垂直に50メートルまで潜水できる。900MHzと2.4GHzの通信機能を備え、GPSとIMUにコンパス、温度と圧力センサーを装備している。最大の特徴は、無線通信による複数SwarmDiverの群制御。公開されている動画では、複数のSwarmDiverが衝突しないで航行する様子や波をかき分けて推進できる性能などが紹介されている。実際に利用するときには、本体を水中に投げ込むだけで、設定されたプログラムにしたがって海洋調査などを行う。回収時は、"Retoum to Home”アルゴリズムにより、指定した位置までSwarmDiverが戻ってくるので、ボートフックや大型の回収ハンドルなどで取り上げる。
 SwarmDiver用に提供されるアプリケーションには、環境モニタリングや3Dデータ収集に、プルームトラッキング、モバイルブイマーカー、そして自律深度調査などがある。Aquabotixの最高経営責任者(CEO)のWhitney Million氏は、「この水中ドローンは業界のゲームチェンジャーです」と自信を見せる。「SwarmDiverは、 インテリジェンスな監視や偵察から、水陸両用作戦の戦術ミッションなど、防衛・安全保障用途に加えて、海洋の研究や港湾管理と海洋学に展開できます」と話す。
 発表資料には低価格とも記載されているが、販売価格は未定。日本への展開は問い合わせ中。

この記事のライター

関連する投稿


水中ドローン専業メーカーの空間知能化研究所が「株式会社FullDepth」へ社名変更

水中ドローン専業メーカーの空間知能化研究所が「株式会社FullDepth」へ社名変更

日本初の水中ドローン(ROV)専業メーカーとして2014年に創業した 株式会社 空間知能化研究所が、自社開発の水中ドローンのレンタルサービス開始を前に、3月30日付で社名を「株式会社 FullDepth」(フルデプス)へ変更したと発表した。


日本から水中ドローンで米国のSXSWに参加したイノベーション企業の挑戦

日本から水中ドローンで米国のSXSWに参加したイノベーション企業の挑戦

毎年3月にアメリカ合衆国テキサス州オースティンで行なわれるSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト:South by Southwest)は、音楽祭や映画祭にインタラクティブフェスティバルなどを組み合わせた大規模イベント。最近では、スタートアップの登竜門として世界から注目が集まっている。(田中亘)


筑波大発ベンチャーの空間知能化研究所、水中ドローンで家から深海調査へ——過酷な環境へ挑戦する「Tripod Finder」

筑波大発ベンチャーの空間知能化研究所、水中ドローンで家から深海調査へ——過酷な環境へ挑戦する「Tripod Finder」

筑波大発ベンチャーの空間知能化研究所は、潜水士よりも深く潜る水中ドローンを開発するスタートアップだ。2017年8月に総額1.9億円の資金調達を実施し、来春には新型水中ドローン「SPIDER」のリリースを予定している。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。