ドローンのナビゲーションや測量に適したOUSTERの新型LiDARセンサー

ドローンのナビゲーションや測量に適したOUSTERの新型LiDARセンサー

カリフォルニア州サンノゼ、2018年3月28日。高性能なLiDARを開発しているOUSTER社(本社:サンフランシスコ)は、NVIDIA DRIVE AIプラットフォームに対応する2つの新製品を発表した。(田中亘)


200mで64ビームを誇るOS-2-64と3,500ドルの手頃なOS-1-16

 OUSTER社は、価格と用途に合わせて2つの新製品を発表した。OS-2-64は、15.8度の狭い間隔で64ビームを使用して200メートルのレンジを測定する。自動運転では、ハイウェイAVおよびADAS(先進運転支援システム)用アプリケーションの長距離検出に適したパフォーマンスを提供する。OS-2-64のサイズは、直径110mm x高さ85mm。市販の小型フォームファクタLiDARセンサとほぼ同等のサイズで、重さは約600グラム。他社の拡張距離センサと比較して、OS-2-64のビーム数は多く、レンジも拡張され、ユニット当たり24,000ドルの大幅な低価格化も達成した。
 OS-1-16は、ビーム数を16に減らし3,500ドルの低価格を実現した。その製品ラインナップは、用途に合わせて3種類が用意される。

OS-1-16A - 垂直視野31.6度の均一なビーム間隔
OS-1-16B - 水平線を中心に高いビーム密度
OS-1-16C – 水平よりも低いビーム密度

レンジ分解能は1.5cmで、ドローンのナビゲーションや測量アプリケーションでの利用も可能。製品は、2018年5月から入手できる。
 2つの新製品は、NVIDIA DRIVE AIプラットフォームに対応することで、自動運転車のナビゲーション用センサーとして、車両周辺の物体検知の高速化や正確性を向上させる。

OS-2(中央)は、200mの範囲を64ビームで測定する。OS-1-16(左)は、コストパフォーマンスに優れた高性能LIDARセンサーで、ドローンでのナビゲーションや測量に活用できる。

この記事のライター

最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。