米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


目視外での飛行管制による自律的な飛行と医療用品の搬送を実験

NASAのスタッフによるUTM試験の様子

 安全で効率的で公正な方法でUASの低高度空域へのアクセスを目指すNASAのUTMプロジェクトは、FAAやUASテストサイトに業界関係者と協力して、UTMシステムのプロトタイプ開発とテストを推進している。ネバダ州で行われた試験では、ネバダ州の経済開発局やNevada Institute for Autonomous Systems(NIAS)に、データセンター事業者、さらにドローンやハイテク機器のサービスプロバイダーのDrone America、GEのベンチャー企業のAiRXOSなどが参加した。
 報道機関に公開された実験では、消防署のチームが即時の輸血を必要とする事故を想定して、Drone Americaのドローンで、血液のパケットが入った容器を空輸した。テストでは、指定された着陸場所に着陸し、消防士が血液パケットを回収して輸血を開始した。今回の実験は、NASAが推進するTCL 3(人口が密集していない地域での飛行管制による目視外飛行)に該当する試験になる。NASAのUTM TCL3フライトテストディレクターのArwa Aweiss 氏は「NASA、FAA、およびNIASを含むパートナーは、航空安全の伝統を尊重しながら、イノベーションと業界の成長を取り巻く環境の限界を超えて、UASの有益なアプリケーションの多くを拡大するために尽力しています」と話す。

血液パックの空輸にはDrone America製のドローンが利用された

この記事のライター

関連するキーワード


NASA FAA TCL 3 UTM

関連する投稿


米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

米国ANRA TECHNOLOGIESのUASトラフィック管理(UTM)が英国に進出

2018年12月3日-米国ワシントンDC。NASAに協力してUTMソリューションを開発しているANRA TECHNOLOGIES(米国)は、そのテクノロジーを英国に展開すると発表した。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。


米国FAAが刑務所と沿岸警備隊(USCG)施設のドローン飛行制限を拡大

米国FAAが刑務所と沿岸警備隊(USCG)施設のドローン飛行制限を拡大

米国の連邦航空局(FAA)は、法務省(DOJ)および国土安全保障省(DHS)と協力して、連邦施設の側面境界内で最大400フィートのドローン飛行に追加の制限を設定した。


NASAがUASの目視外飛行を一般の空域で成功させる

NASAがUASの目視外飛行を一般の空域で成功させる

2018年6月13日-米国カリフォルニア州。NASAは遠隔操作で飛行する大型のikhana(イカナ)無人飛行システムを使い、米国の一般の空域で、自律制御と遠隔操作による完全な目視外飛行を成功させた。


最新の投稿


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。


ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

ORSOが新モード「スマホコントローラー」配信開始 音楽にあわせて操縦、30秒動画のシェアも

 ITサービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、iOS向けスマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」で、音楽に合わせてドローンを操縦したり、プレイ中に録画、保存した動画を投稿できたりする「スマホコントローラー」の無料配信を始めたと発表した。割安になるキャンペーンも同時にスタートした。


DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arena 一周年記念パーティーを開催

DJI Arenaを運営する株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、一周年を記念して関係者を集めたパーティーを開催した。ドローンタイムズからは、村山副編集長が出席して、ライトニングトークを披露した。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww