エアロセンス株式会社 「国産ドローンで測量サービスを事業化」

エアロセンス株式会社 「国産ドローンで測量サービスを事業化」

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社と株式会社ZMPの共同出資によって、2015年8月に設立されたエアロセンス株式会社は、自律型無人航空機(UAV)とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションを提供する企業。ドローンの機体からクラウドサービスまでを自社で設計開発し、業務ニーズに合わせたソリューションを提供


かさ上げすすむ南三陸町90haを3日間で測量した実力

エアロセンスは、2016年3月末に自社製のドローンを使い、南三陸町で震災復興工事をしている約90ha(東京ドーム19個分)の土地を3日間で測量した。測量はドローンで空撮した画像を元に、土地を3Dモデル化して3D CADの造成計画図と合成した。その結果、従来の手法と比べて約1/3の工期で、90ha全域における盛土工事の進捗を高精度に可視化した。

同社の強みやビジネスモデルについて、新井野翔子氏は次のように話す。
「当社は、ドローンを作っている会社であると同時に、そのドローンを飛ばして収集したデータを解析し、お客様に必要な情報へと加工するまでのサービスを一貫して提供できる会社です。このビジネスモデルのおかげで、飛行から解析までに発生した課題なども、迅速に設計者などにフィードバックできるので、スピーディーな開発とビジネスの展開ができるのです」
エアロセンスを設立したソニーモバイルコミュニケーションズは、カメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術を持つ。一方のZMPは、自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験がある。その両社の強みを活かして、ドローンとクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションをビジネスとして提供している。南三陸町での測量は、自動飛行が可能な自社製ドローンを制御して、1日約10回のフライトを3日間行い、90haという広大な土地を正確に測量した。
「当社のドローンは、完全な自動運転を可能にしています。PCからドローンに測量地域を定義し、高度などの情報を入力すると、離陸から撮影に着陸まで、一連の作業をすべてオートパイロットで行います」と新井野氏。
南三陸町の他にも、同社の事例では岩手県の館ヶ森アーク牧場の3Dモデル作成や、福島県南相馬市における除染除去物の上部シートの点検なども行っている。

クラウドを活用した飛行・処理・検知の自動化ソリューション

「南相馬市の事例では、点検するシートの1区画は約1万平方メートルで、高さがあります。また、仮置き場は160カ所に及ぶので、人手による定期的な点検は、コストも時間もかかるため、効率よく安全な検査の方法が模索されていました。その課題を当社のドローンによる点検ソリューションが解決したのです。具体的には、ドローンで撮影した画像データをクラウドにアップロードして、その画像を自動的に解析してシートに穴などが空いていないかを検知します」と取締役の嶋田悟氏は話す。

同社の定期点検ソリューションは、自律型ドローンによる空撮からオルソ形成までの自動化技術と、GOOGLE CLOUD PLATFORMを利用した画像処理と検知の自動化により、業務の効率化と省人化を実現している。

VTOL型ドローンを開発し物流事業にもチャレンジしていく

測量や点検に使われている自律型ドローンは、4つのプロペラを備えたマルチコプタ型だが、同社では飛行翼を持つVTOL型ドローンも開発している。同社のVTOL機は、メインローターの角度を変える技術を採用し、同一のローターで垂直の離着陸と水平飛行を実現している。すでに試験飛行には成功し、最終的には時速100km以上での巡航速度と、1時間を超える飛行時間を目指している。

「このVTOL型ドローンを活用し、医薬品配送事業モデル構築に向けて、MSD株式会社とアルフレッサ株式会社と連携して、国家戦略特区での実証実験を重ねています。ドローンによる医薬品配送が可能になれば、災害時における医薬品の緊急輸送に、離島や遠隔地への配送など、社会課題の解決に寄与できます」と嶋田氏。
国産ドローンとクラウドサービスの組み合わせにより、飛行からデータ利用までのサービスをワンストップで提供するビジネスモデルを確立したことで、同社は設立から短期間で事業化を実現している。今後も、新たなサービスの提供に向けて、独自の機体設計とサービスモデルの開発を推進していく。

開発中のVTOL型ドローン

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、弊社が開発・製造・販売している産業用ドローンAEROBO(AS-MC03)の購入者を対象に、第三者への法律上の賠償責任保険(引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社)を自動付帯での提供を開始した。


SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

ドローンの販売や産業向けソリューションを展開する、SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company :京都市北区)は、航空写真測量ソフトウェアの開発を手がけるPix4D社(スイス)と共催し、ドローンを活用した測量分析ツールの公式セミナー、およびフィールドワークショップを京都で開催する。


ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANAHDは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供し、物流サービスの社会実装に向け福岡市の玄界島で協働する。


Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

2018年8月13日、カリフォルニア州サンクレメンテ。Swift020 UASは、石川県農林研究センター、地方森林協同組合、主要林業界の指導者と協力して、2018年7月23-25日に石川県内の密集した森林地帯でフライトに成功したと発表した


最新の投稿


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENは、 9月24日、 Digital Single「シリウス」の配信と同時にミュージックビデオ(MV)を公開しました。ミュージックビデオでは LEDビジョンなどの最新照明やドローンによる空撮を活用し、 生の演出とは思えない美しく神秘的な映像を実現した。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


Drone Fundが新執行体制発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。