エアロセンス株式会社 「国産ドローンで測量サービスを事業化」

エアロセンス株式会社 「国産ドローンで測量サービスを事業化」

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社と株式会社ZMPの共同出資によって、2015年8月に設立されたエアロセンス株式会社は、自律型無人航空機(UAV)とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションを提供する企業。ドローンの機体からクラウドサービスまでを自社で設計開発し、業務ニーズに合わせたソリューションを提供


かさ上げすすむ南三陸町90haを3日間で測量した実力

エアロセンスは、2016年3月末に自社製のドローンを使い、南三陸町で震災復興工事をしている約90ha(東京ドーム19個分)の土地を3日間で測量した。測量はドローンで空撮した画像を元に、土地を3Dモデル化して3D CADの造成計画図と合成した。その結果、従来の手法と比べて約1/3の工期で、90ha全域における盛土工事の進捗を高精度に可視化した。

同社の強みやビジネスモデルについて、新井野翔子氏は次のように話す。
「当社は、ドローンを作っている会社であると同時に、そのドローンを飛ばして収集したデータを解析し、お客様に必要な情報へと加工するまでのサービスを一貫して提供できる会社です。このビジネスモデルのおかげで、飛行から解析までに発生した課題なども、迅速に設計者などにフィードバックできるので、スピーディーな開発とビジネスの展開ができるのです」
エアロセンスを設立したソニーモバイルコミュニケーションズは、カメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術を持つ。一方のZMPは、自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験がある。その両社の強みを活かして、ドローンとクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションをビジネスとして提供している。南三陸町での測量は、自動飛行が可能な自社製ドローンを制御して、1日約10回のフライトを3日間行い、90haという広大な土地を正確に測量した。
「当社のドローンは、完全な自動運転を可能にしています。PCからドローンに測量地域を定義し、高度などの情報を入力すると、離陸から撮影に着陸まで、一連の作業をすべてオートパイロットで行います」と新井野氏。
南三陸町の他にも、同社の事例では岩手県の館ヶ森アーク牧場の3Dモデル作成や、福島県南相馬市における除染除去物の上部シートの点検なども行っている。

クラウドを活用した飛行・処理・検知の自動化ソリューション

「南相馬市の事例では、点検するシートの1区画は約1万平方メートルで、高さがあります。また、仮置き場は160カ所に及ぶので、人手による定期的な点検は、コストも時間もかかるため、効率よく安全な検査の方法が模索されていました。その課題を当社のドローンによる点検ソリューションが解決したのです。具体的には、ドローンで撮影した画像データをクラウドにアップロードして、その画像を自動的に解析してシートに穴などが空いていないかを検知します」と取締役の嶋田悟氏は話す。

同社の定期点検ソリューションは、自律型ドローンによる空撮からオルソ形成までの自動化技術と、GOOGLE CLOUD PLATFORMを利用した画像処理と検知の自動化により、業務の効率化と省人化を実現している。

VTOL型ドローンを開発し物流事業にもチャレンジしていく

測量や点検に使われている自律型ドローンは、4つのプロペラを備えたマルチコプタ型だが、同社では飛行翼を持つVTOL型ドローンも開発している。同社のVTOL機は、メインローターの角度を変える技術を採用し、同一のローターで垂直の離着陸と水平飛行を実現している。すでに試験飛行には成功し、最終的には時速100km以上での巡航速度と、1時間を超える飛行時間を目指している。

「このVTOL型ドローンを活用し、医薬品配送事業モデル構築に向けて、MSD株式会社とアルフレッサ株式会社と連携して、国家戦略特区での実証実験を重ねています。ドローンによる医薬品配送が可能になれば、災害時における医薬品の緊急輸送に、離島や遠隔地への配送など、社会課題の解決に寄与できます」と嶋田氏。
国産ドローンとクラウドサービスの組み合わせにより、飛行からデータ利用までのサービスをワンストップで提供するビジネスモデルを確立したことで、同社は設立から短期間で事業化を実現している。今後も、新たなサービスの提供に向けて、独自の機体設計とサービスモデルの開発を推進していく。

開発中のVTOL型ドローン

この記事のライター

関連する投稿


アマナビ主催、ドローン空中写真測量基礎講座開催 品川、2月22日

アマナビ主催、ドローン空中写真測量基礎講座開催 品川、2月22日

ドローンを使用した3次元空中測量のノウハウを座学を通じて学ぶ。


エアロセンスがAEROBO® Marker(エアロボマーカー)の量産出荷を開始

エアロセンスがAEROBO® Marker(エアロボマーカー)の量産出荷を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、対空標識「AEROBO® Marker」(エア ロボマーカー)の量産出荷を開始した。


エアロセンスがドローン関連製品・ソリューションの新ロゴデザインを発表し、産業用自律飛行型ドローンの新ブランドとして販売展開

エアロセンスがドローン関連製品・ソリューションの新ロゴデザインを発表し、産業用自律飛行型ドローンの新ブランドとして販売展開

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、産業 用自律飛行型ドローン「AEROBO®」(エアロボ)、GPS 機能搭載の対空標識「AEROBO® Marker」 (エアロボマーカー)、産業用ドローン向けのクラウドサービス「AEROBO® Cloud」(エアロボクラ ウド)の新しいロゴデザインを発表した。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 産業用ドローン向けクラウドサービス「AEROBO Cloud」(エアロボクラウド)に、AI(人工知能)を用いて自動的に傷や劣化などを検出し、ドローン空撮画像を用いた点検作業のサポートを行う機能の提供を開始した。


最新の投稿


JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業が登壇、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。参加者募集中。


CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(所在地:東京都港区、会長:萩原紀男、以下CSAJ)は、国内初となるCSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日を決定した。ドローンタイムズでは、メディア協賛として同コンテストのスポンサー企業を取材し、日本のドローン産業への展望や期待を聞いていく。


いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

2016年に日本ロマンチスト協会と日本財団の「恋する灯台プロジェクト」により新潟県糸魚川市能生の弁天岩灯台が聖地認定された。


福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

 福島県郡山市の職業学校、国際情報工科自動車大学校(WIZ)は2月15日、第2回「ドローン活用人材育成協議会」を開き、ドローン業界で活躍する産、官、学の専門家が集まった。この日は1月下旬から2月上旬にかけて行われた調査についての報告がされた。


慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(代表・古谷知之総合政策学部教授)は、2月1日付の体制変更を発表した。事務局長だった南政樹・政策メディア特任助教が副代表に、高橋伸太郎・政策メディア研究科特任講師が事務局長に就任。近く到来を見込む〝ドローン前提社会〟でのよりよい社会の実現を目指し体制を強化する。