【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

ジャパンドローン2018でDJI 株式会社(東京都港区)は、DJIの機体をプラットフォームにした様々なソリューションを展示し、機体の対応能力の高さを示した。


 今回のジャパンドローン2018でDJI 株式会社(東京都港区)は、DJIの機体をプラットフォームにした様々なソリューションを展示した。ジャパンドローン初日には、建設機械のコマツ(東京都港区)が、MATRICE 100ベースの「EXPLORE 1」をドローン測量用に1,000台導入するとういう発表もあり、多くの人が詰めかけた。
 この他にも、農薬散布ドローンAGRASのような専門分野に特化、開発されたな産業用ドローンから、災害対応、救命救難、測量といった様々な状況にも対応できるソリューションが展示され、機体の対応能力の高さを示した。ここではブースで展示されたDJIの“空飛ぶプラットフォーム”を紹介したい。

コマツのスマートコンストラクションに、建設現場に効率と削減をもたらす「日々ドローン」

 スマートコンストラクションを推進する建設機械のコマツ(東京都港区)は、DJI製のMATRICE 100ベースのドローン「EXPLORE !」を建設現場に1,000台導入すると発表、Skycatch社の高精度パッケージ「Edge1 RTK」ベースステーションを組み合わせる。EXPLORE 1はDJIが自らカスタムを手がけたドローンということになる。

 <スマートコンストラクション推進本部の升川 聡主査に、ジャパンドローン2018のDJIブースで話を聞いた>
 スマートコンストラクションを進めると、ICT建機の進捗と建設現場の土量データの収集時間と計算のスピードに齟齬が生じ、しばしば現場に遅延が起きたという。要するに、現場でのデータ処理の遅れがICT建機の動きとタイミングが合わなくなり時間の無駄が生じたのだ。
 ドローンを導入し従来のクラウドによる処理だと、ドローンが撮影した大量の画像データとクラウドへの長距離伝送で処理が遅延し、3D化に時間がかかりすぎた。そこでクラウドに上げる前に現場の「Edge1 RTK」ベースステーションを介することで、一括・高速に処理し、時間の短縮を実現することができた。このSkycatch社のEdgeコンピューティングのシステムによって、コマツのいう「日々ドローン」を可能にし、現場での建機の動きとデータ処理による齟齬は無くなった。

EXPLORE 1(奥)とEdge 1ベースステーション。

焼津市のドローン防災航空隊 火災現場の状況確認にドローン出動中

 静岡県焼津市は、2016年4月にドローンによる防災航空隊「ブルー・シーガルズ(BLUE SEAGULLS)」を発足させた。これまでに、火災現場、救難救命、水害といった現場や訓練に活用されるようになっただけでなく、国交省のHPに講習団体として掲載され、現在はドローン操縦など人材の育成にも力をいれている。

 <焼津市危機管理部危機管理課危機対策担当の山下晃係長に話しを聞いた>

 消防がドローンを導入するきっかけは、2015年7月の土砂災害時に、状況の把握と災害規模を知りたかったことからドローンの必要性を痛感し、中野弘道市長が即決したという。当初はPHANTOM 3だったが、その年の秋には早くもINSPIREも導入した。現在、辞令が出ている防災航空隊員は15人、このうち8人がDJI CAMP経験者で、インストラクターはいまのところ山下係長1人だが、地域の消防団員や市職員にもドローンの操縦指導をはじめた。
 現場では防災ヘリは300m程上空を飛んでいて、全体的な状況把握はできるが、ドローンはそれよりも低空を飛ぶことができ、より近くで詳細に現場を把握できる。例えば火事現場では、ドローンならヘリのローターから発生する強烈なダウンウォッシュで火をあおることも少ない。
 「今後赤外線カメラを搭載すれば、肉眼では分かりづらい種火の発見や海難者の捜索に活用できる」とドローンの防災対応の範囲が広がっていると話した。

浮き輪を取り付けたINSPIRE 2を前に、ドローン防災航空隊について話す焼津市の山下晃危機管理部危機管理課危機対策担当係長。浮き輪はINPIRE 2の足を上げるとリリースされ、要救難者に向けて投下される仕組みとなっている。

防災、害獣調査などドローンを活用したソリューションを提供するスカイシーカー

 ドローンを活用した各種ソリューションを自治体などに提供するスカイシーカー(東京都千代田区)は、DJIの汎用産業機「WIND 8」ベースの大型ドローンQS8を使った緊急物資運搬ドローンを展示した。機体に大型コンテナを装備し、災害時など緊急に届けたい物資を現場上空から投下できるようになっている。
 スカイシーカーでは、実務レベルでドローン活用を考えている主に法人向けに、専用アプリケーションやカメラの使用法から、夜間飛行、物資輸送、物件投下、夜間捜索、自動航行などに特化した特別プログラム「Sky Camp」を行っている。第2回目となるSky Campは4月12日〜13日、群馬県館林市近郊で開催される予定。参加希望者は以下まで。

問い合わせ:03-6260-8960
申し込みフォーム:http://skyseeker.jp/archives/eventworkshops/sky-camp/

大型コンテナが取り付けられたQS 8。コンテナの底が開き物資を投下することができる。

アマナビのドローンライティングで自在な照明効果

 株式会社アマナビ(東京都品川区)は、STRATUS LEDS社の13,000ルーメンのAERIAL ARRAYを6灯を組み合わせ搭載したMATRICE 600を展示した。LEDのユニットは分割が可能で、自由に組み合わせることができる。6灯ユニットの下部には、SONY RXOも装備、空撮時のモニターとして使用できる。
 暗闇を自在に照らすことのできるドローンライティングは、映像表現の幅を広げてくれる。

MATRICE 600のRONIN-MXに取り付けられた6灯のLED。これで76,000ルーメンという明るさだ。

ドローン開発やカスタムをおこなっているJDRONEがウインチ搭載ドローンを展示

  JDRONE(株式会社日本サーキット/神奈川県川崎市)は、災害時に、AEDなどを搭載して、遭難者のもとに必要な機材を届けることができるウインチ搭載ドローンを展示した。
 JDRONEでは、オーダーメイド・ドローンの制作を手がけていて、災害対応、測量、建築、土木、監視、環境センシング、そしてエンタメまで様々な用途に設計、制作に応じている。
 また、JDRONEは都内で飛行設備(屋内)を完備したDJI ARENAを運営し、ドローンスクール「DJI CAMP」やセミナーなどもそこで開催している。飛行練習に個人でも、法人でも使うことができる。

※DJI ARENA by JDRONE TOKYO
 東京都葛飾区細田3−30−13
 問い合わせと予約 http://arena.jdrone.tokyo

アミューズワンセルフ、3D地形データを素早くスキャンするドローン搭載専用レーザースキャナーシステム「TDOT」

 株式会社アミューズワンセルフ(阪市中央区/AMUSE ONESELF)は、3D地形データを素早くスキャンできるドローン搭載専用の 小型軽量・高精度レーザースキャナーシステム「TDOT」を展示した。このドローン専用システムは、フライトからデータ出力まで統合された環境で一貫して行うことができることから、3Dデータの取得にかかっていた膨大な時間と手間を大幅に削減することができるとしている。
 TDOTは90度の範囲を秒間60,000パルス、30ラインものレーザーを発射するレーザースキャナーと高精度な発射位置を記録する姿勢慣性装置(IMU)を掛け合わせたシステム。レーザースキャナーから発射されたレーザーが物体にあたりその地点(ポイント)の座標を記録するため取得データそのものが3次元データとなることから、写真測量のように2次元の写真から3次元に変換するといった解析処理が不要になる。木々の表面、幹、地面などをとらえた無数の点群がデータが取れるため、地盤より高い部分の点群を間引くなどのフィルター処理を行うことで樹木を取り除いたデータを作成でる。
 本体の重量は1.8kgと軽量のため飛行時間も稼げる。MATRICE 600への着脱もワンタッチで簡単な構造で作業ストレスがない。位置姿勢センサーINS(Inertial Navigation System)で高精度な位置情報を得る事ができる。

MATRICE 600にきっちり収まった「TDOT」(左)とスキャナー部分。

この記事のライター

関連する投稿


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日、開校した。


DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

この数週間に、Twitterなどで流出しているレンズ交換システムを備えたシルバーボディのPhantomのようなドローンについて、DJIは海外のドローン系メディアに対して、公式にPhantom 5ではないと否定した。


Phantom 5の発売に向けた準備か? Phantom 4などの販売が海外で終了

Phantom 5の発売に向けた準備か? Phantom 4などの販売が海外で終了

2018年8月30日、米国。海外のドローン関連のメディアやDJIユーザーのフォーラムなどで、8月30日にDJIのディーラー向けに配布された製品の販売終了に関する発表が、数多くの憶測を生んでいる。その中には、Phantom 5の発売に向けた製品ラインナップの整理ではないか、というものがある。


最新の投稿


「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

「あおもりドローン利活用推進会議」27日に発足会見 大前創希氏も登壇へ!

 青森県のドローン関連事業者、研究者らが中心となってドローン関連の産業振興を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」が発足することになった。9月27日に青森公立大学(青森市)で報道関係者向けの記者会見を開く。当日はドローンの第一人者である大前創希氏も登壇する。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。